for my Life

nanahoshy.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 3 )

日生「かきおこ」輪行ツアー (後編)

駅に行くとメンバーの方が荷ほどきをしてる最中だった。
b0270036_17311033.jpg

AVELの谷村さんをはじめ、私を入れて9名。

何故か年齢層が高めな会となったようだ。

このことが後々重要になってくるのだが・・。


みなさんの準備が整ったのでGO!
b0270036_1732475.jpg

やはり一人もいいけど、隊列組んで行くのも(楽で)いいですな。

( ̄∀ ̄*)

と思ってたら、突如谷村さんがダッシュ!

30km/hを超えるスピードで巡行し出した!!

走りだしたばかりなので、足が暖まっておらず、必死に追いかけるも、その背中は小さくなるばかり・・・

ようやく追いついた時に「速すぎ!」と突っ込まれたのに対して「早よあったまりたかったんですわ」
と返してたけど、ホントの理由は後々分かることとなる。
(・∀・)
b0270036_17323214.jpg
2つほど小さな坂を超えると岡山県に入った。

これを下ってちょっと行った所に、目当てのお店があった。
しかし開店前だというのに、すでに10数人の行列ガガガガ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
聞けば超の付くほどの人気店とかで、臨時駐車場の看板が数ヶ所に立てられてる。
谷村さんがダッシュした理由がここで分かった。
かきおこ恐るべし!

このお店はあきらめて、日生駅の方に移動して店を探すことにした。
b0270036_17325534.jpg
ここは日生の駅前。

島に「ひなせ」の文字が。

赤穂でも「赤」って文字が山にあったけど、こういうの流行ってるの!?

近くの人に数軒の候補を聞いてきて向かってみると、ここにも行列が・・・
すごいね!かきおこってこんなに人気なのか!!ちょっと侮っていた。

何軒か回って、狭い異空間のような所にあるお店に行列が出来てなかったので、そこに入ることにした。
お店には屋号もなかった。ホントに大丈夫・・・?(´・ω・`)
b0270036_17333631.jpg

大丈夫だったーー!!
(・∀・)

b0270036_17352443.jpg

大ぶりの牡蠣がてんこ盛り~♪
これで900円はお値打ちですな~(*´∀`*)

b0270036_17353913.jpg
お店を出ると来た時にはなかった大行列が!

やっぱり有名なところなんだな。

お店のおばちゃんに聞いたところ、屋号は「きまぐれ」とのこと。

美味しかった!
ごちそうさまでした~
(≧▽≦)

この後は帰路になるが、ちょっと寄り道ってことで「五味の市」へ。
b0270036_1736198.jpg
ここは私も行きたかった所で、お土産に海の幸でも買って帰ろうと思った。

が、ここで売られている90%は殻付きの牡蠣だったので、お土産は断念(´Д⊂)

b0270036_17361453.jpg
そもそもナナホシ家の人間は私以外、

牡蠣をそんなに好んで食べない。
(´・ω・`)


ここから相生まで行って帰りましょうということで、海沿いの道を行くことに。
道を知ってる兄貴が「ここからは細かい登りがチョコチョコあるだけですよ」ということで40km弱を腹ごなしとばかりに進む。
b0270036_17365947.jpg
今回のライドは年配者の方が多かったので、巡行スピードも緩やかだった。
おかげでわたしも軽めのギアでクルクル回す感じで楽に付いて行くことができた。
そのせいか、いつものロングライドなら少々の筋肉痛が出るんだけど、今回は全く出なかった。

で、気付いたのだが、このLOOK号は大きいトルクをかけてガンガン踏むより、小さい力でクルクル回して進んでいくのが得意なんだな~って。
知識では分かっていても、実際にやってみて感じられたのは今回が初めてだ。

赤穂を抜けて海沿いに入って行くと、けっこうキツめの「チョコチョコ」した坂が・・・
そう、チョコチョコ詐欺だ!(≧▽≦)ノ
b0270036_17372011.jpg

な、長い・・・!

さすがに列も途切れ途切れになってしまったが、
そこは自分のペースで行かないとね。

のんびり行きましょ。


b0270036_17375058.jpg
途中こんな見晴らしのいいところもある。
すっかり晴れて、暖かいとまではいかないまでも、気持ちのいい空気だ。
(*´∀`*)

この後、「もう無いです」の後に今日イチの登りがあり、またしても詐欺に嵌ってしまったが、何とか相生に到着。
b0270036_1738522.jpg

輪行準備に入ってビックリしたのが、皆さんのスピード。
わたしのと違い、前輪だけ外すタイプだったんだけど、全員半分くらいの時間でバッグに収納してらっしゃる!
(´・ω・`)
気付いたことがある。私みたいにフレームを保護してる人が一人も居ない!
気になって聞いてみると、「傷?付きますよ!もういっぱい傷だらけなので気にしません。ハハハ~」

・・・

アニキ、カッケー!(≧▽≦)

でも、わたしが遅かったせいで、来ていた電車に乗れない羽目に><
ごめんなさい・・

ホントに楽しいライドでした。
ありがとうございました。
(*´∀`*)

+++


相生の街に入って頃に交わした、前を行く方との会話。
 アニキ:「相生もカッキあるよね~」
 わたし:「そうですね、車とか多いですよね」
 アニキ:「・・・。活気じゃなくて牡蠣ね」
 わたし:「(´・ω・`)」
日生~赤穂~相生って来たけど、確かに牡蠣関連のお店が多かった。
生牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣のベーコン巻・・・
この辺りの冬の主役は牡蠣なんだな!(≧▽≦)
b0270036_17382529.jpg

[PR]
by nanahoshy | 2014-02-14 05:22 | Comments(0)

【BRM105】通過チェック1(和束)~PC1(伊賀大山田)

和束のコンビニを出発すると、約10kmかけて400mの登りが続く。
高低mapで見るととても嫌な角度に見えるんだけど、実際に走ってみるとなだらかな勾配が多く、思ったより走りやすかった。
もちろん勾配のきつい箇所もあったけど、そこは折込済だったので、ヒーコラ言いながらペダルを回した。

コマ図フォルダ損失の影響だけど、ラミネート加工したコマ図を反射ベストの前ポケットに入れることで、
グローブをしながらでも出し入れすることができた。
ただ、片手走行になるので危険の為、この後多くの分岐ではGARMINのMAPに頼ることになってしまった。
GARMINは最後まで調子よく導いてくれたけど、これが無かったらと思うとゾっとするわ( ̄∀ ̄*)

何人もの人にパスされたり、パスしたりしながら、いよいよ御斎峠に近づいてきた。
すると道の脇にこちらを見て手を振ってる人がいる。AJのスタッフだった。
名前を聞かれたのだが、これがいわゆる「シークレット」だったのかな?(・∀・)
クソ寒い中ごくろうさまです!

程なく御斎峠に到着
b0270036_21413687.jpg

この先は高速ダウンヒルと聞いてきたが、前に車がいたのでそんなにスピードを出すこともできず、
車間も十分にとったのですごく安全に下ることができた。
年末に十三峠を下った時、ブレーキングがまずくて下りは苦手だなって思ったのだが、今回のブルベでは
下りのブレーキングのやり方が少し分かった気がする。
何がどうかとまだ語れるほどではないけど、何事も経験ですな(´∀`)

下りきってからはしばらく伊賀街道を走ることになる。ニンニン!
↓前方に見えるのは伊賀上野城。
b0270036_21414951.jpg
伊賀って忍者の郷だったところだけど忍者は見かけなかった。
森や谷の中に集落があるわけではなく、見通しのいい平地に街があるのね。
ブルベのルートでは繁華街っぽいところを通ったけど、ここはゆっくり見たかったな~
b0270036_2142060.jpg

街を抜けてしばらく走るとPC1のコンビニに到着。
今回のブルベからブルベカードに時間記入するのを自分でやらなくちゃいけないので、レシートの時間をブルベカードに記入、
このPCは有人なので時間を書いたカードをAJのスタッフに見せてハンコをもらった。
b0270036_21421720.jpg

小腹が空いたので、クラムチャウダーとソーセージのパンで栄養補給&暖を摂る。
b0270036_2142987.jpg
寒い時に飲むスープとかラーメンって何でこんなに美味しいんだろう!
これだけでもブルベに参加した甲斐があったってもんだ(*´∀`*)

手早く食事を済ませ、入念に足と腰のストレッチを行ったあと、次の目的地である「ぷらざ三方よし」に向けて出発した。
[PR]
by nanahoshy | 2014-01-09 05:01 | Comments(0)

【BRM105】スタート~通過チェック(和束)

さぁ、色んな意味で楽しみな2014年度のブルベ一発目。
集合地点に到着したのは6:30で辺りは真っ暗だったが、我々が出走する7:30のブリーフィングの頃には明るくなっていた。
b0270036_6105565.jpg

寒いには寒いが我慢できないほどじゃないし、何より晴れてることが一番ヨイ!
(*´∀`*)
コースはこんな感じ。
b0270036_6104328.jpg
最初にガツンと登って、後は平坦なコースだ。
登りの頃までに足の暖気ができればいいなーと思っていた。
1年前の400では一発でシーズンを棒に振ったので、二の足は踏まない。
しっかりと準備運動して、さぁ出発!

最初の16kmほどは平坦な道でだったが、なぜだか私が集団の一番前を走ることに。
えと・・・ゆっくり暖気したいんですが!( ̄∀ ̄*)
後ろが気になったけど、ケイデンス70~80の26~28km/h程でゆっくり走ってやった!

すると15km地点のポイントを曲がったところ、GARMINから「あんたコース間違ってるよ!」と警告が・・(´・ω・`)
コマ図を確認しようと徐行したところ、後ろからスーっと一人のローディが私の前に来て、ついて来いとばかりに
ちょいちょいと手招きを!

ア、アニキ!導いて頂けるので!?(´;ω;`)ブワッ
付いて行くと見事にコースに復帰することができた!その人にお礼を言ったら「全然OKですよ~(´∀`)」って。
わたしもこんな人になりたいとおもふ。。

さて、大正池に向かっては最初の山岳ポイントになる。
十三峠ほど勾配はないが、登ってる区間が長いので、うまくペダリングしないと辛い感じの坂だった。
足は温まってたと思うので、クルクルと足を回すも、やはり広背筋や腰の筋肉が鍛えられていないので、
程なく腰が痛くなってしまった。
それでも何人か登りでパスできたのは、LOOKの性能によるものだと思う。(・∀・)

ヒーコラヒーとペダルを回して、ようやく最初のTOP(404m)に。
top付近の景色
b0270036_611818.jpg

そんなに・・・いい景色とは言えない(笑)
さぁ、ここから一気に下ってしまえば最初のチェックポイントだ!


だが、この下りで今回最初で最大のアクシデントが発生するのであった。


ガタガタガタ、ガタタタッ

キレイに舗装では無いため、振動でコマ図を入れたフォルダが揺れる。


ガタタタタッ、ガタタ!

ガタタッ!ガッ!
 パキッ


『パキッ』 (´・ω・`)?

ヤバい!と思った瞬間、コマ図を入れたフォルダが後方に吹っ飛んでいった。
後ろに誰もいなかったのが幸いだが、後続が来るといけないので、急いで破損した部品を拾って
脇にいって何が起こったのか確認してみると、ポリプロピレン製のフォルダとマウントをジョイント
している雲台(プラスチック製)がパックリ割れてしまっていた。
う~ん・・・100均で買ったものなので文句は言えないがショックだ。当然これは直せない。
できるだけ部品を回収して麓のチェックポイント(コンビニ)へ急いだ。
フォルダが吹っ飛んだ地点から見た景色。皮肉にもキレイだ(笑)
b0270036_6111972.jpg

下りでブレーキのことが気がかりでペダルを回さない(足を動かさない)と、下りが終わった後にペダルを回す時に
膝がギシギシと軋むようだった。そういえば、下りでもペダルは回した方がいいと誰かが言っていたような・・。

和束コンビニに到着したのは9時前。タイムとしては悪くないが、フォルダを回収する時にたくさん抜かされてしまった。
再度フォルダの修理を試みるも、どう考えてもダメっぽい。フォルダをサドルバックに入れることも出来なかったので、
泣く泣くデポ。(´Д⊂)
中に入ってたブルベカードをジップロックに入れてジャージの背中ポケットへ入れ、コマ図は反射ベストの
前面ポケットへ突っ込んで行くことにした。

ここは通過チェックポイントだったので、レシートを取得するだけでok。
カフェオレを購入して体を温め、ストレッチを入念にして、次のチェックポイントに向かう。
50kmほど先のPC1、伊賀上野だ。
[PR]
by nanahoshy | 2014-01-08 06:20 | Comments(2)