for my Life

nanahoshy.exblog.jp

カテゴリ:自転車(ライド)( 41 )

いざ鎌倉!(後半)

パンク修理を無事に終え、ルートを爆走するわたし。

山下公園を抜けてそのまま海沿いのルートを進む。
根岸・磯子と交通量は多かったけど、道幅は広く、体の10cm向こうをトラックが爆走する、
琵琶湖湖岸道路を走ってきたわたしにとってはヌルい道だった。
(´c_,`*)

それでも磯子を過ぎた辺りから車線が少なくなり、片側一車線になると、少し走りづらい区間となった。
神奈川には「金沢区」というところがあり、関西人のわたしにとっての金沢はやはり石川を連想してしまうのだが、
行ってみるとかなり開けてて住みやすそうなところだと思った。
(このあたりはパンクのロスを挽回しようと真面目に走ったので写真がないのだが・・・(´・ω・`))

そして15号線の「六浦」という交差点を右折し、いよいよ鎌倉へ近づいていくのであった。
b0270036_20591713.jpg

鎌倉路での最初にして最大の上りは、朝比奈icを過ぎてすぐの信号を左折したところから始まる。
平均勾配5.1%で2km弱なので、たいしたことないのだが、鈍った体には十分な鞭となった。
( ´ Д ` )
b0270036_210165.jpg

b0270036_2101259.jpg

この上りの途中で・・・
b0270036_2105482.jpg

キャマクラ突入~♪

(後日、会社の女の子に「キャマクラ行ってきてね~」っていうと、
その子は怪訝な顔をして、「なんで私がナナホシさんがキャバクラに行った話しを聞かないといけないのですか?」と言われてしまった。。
気をつけましょうネ。テヘ(≧▽≦)>)


上り区間を終えて少し走ると、鎌倉の玄関口、「鶴岡八幡宮」が見えてくる」

AM10:00 鶴岡八幡宮着
b0270036_214472.jpg

ここまで45kmで経過時間3時間。まずまずですかな。(´c_,`*)

鶴岡八幡宮の前は駐輪禁止となっていたので、ここで時間を掛けるのはなしにして
次に向かうことにした。
次はいよいよ湘南から江ノ島、サザンの国だ!

とカメラを背中ポッケに入れようとした私はあることに気づいた。

んと・・・

そんな・・・はずは・・・・

ゴソゴソ・・

ナイ・・・・・・




家の鍵が・・・・なーーーーーーい!!!
(;゜;д;゜;)



おかしい。確かに出発の時には背中ポケットに入れていたはず。
それも落としたらいけないので、奥のほうにグイっと押し込んだのを覚えている。
しかし、あるはずのところにあるべきモノは無かった。

あわてた私はフロントバッグからあらゆるポケットをひっくり返して大捜索タイムスタート!
向かいのホーム、路地裏のまど、こんなとこにいるはずもないのに~♪
いやマジでどこにもない!( ´ Д ` )

見つからないということは、どこかに落としたということになる・・・(´・ω・`)

冷静になって考えて、候補は3箇所。
 ・鎌倉の標識があったところ
 ・パンク修理をした山下公園
 ・富士山を撮影した多摩川大橋

いずれも鍵と同じポケットに入れてたスマホを取り出した場所。
スマホに引っかかって落ちた、そうナナホシ捜査員は判断した。

幸いにもまだ昼前。
ゆっくり帰っても明るいうちに捜索が可能だ。
ということで、鎌倉の玄関口で引き返すことになった関東初回ライド。
波乱の前兆!?
(-ι_-)


まずは鎌倉の標識のあったところ。
鍵は落ちてなかった。

次は・・山下公園。
余裕で2時間はかかる。
まぁ、その途中で落とすという可能性は低いと思ったので、
ぶっ飛ばして帰った。

ラッキーなことに、この日は暖かくて風も殆どなかった為、
鈍っている脚の疲れ以外は快適に自転車を進めることができた。

道中、管理会社に連絡して鍵を無くしたことを告げるか迷ったが、
うちは大家さんがお隣に住んでるので、最悪、大家さんに言おうと思っていた。
でも鍵を無くした場合、シリンダー交換が必要だろうな、また要らんお金ががががががorz

というまに山下公園。
この日は週末とあって、すごい人でごった返していた。
私がパンク修理したベンチも、楽しそうにランチを取るファミリーに陣取られており、
その足元をじろじろ見るピッチリタイツを着たナナホシ捜査員は怪しい人に他ならなかった。

でも捜索の結果、ここも無し。
3箇所の中ではココが一番有力だっただけに、落胆度合いは半端なかった。
b0270036_2175782.jpg

カモメや。。

君たちも探しておくれ。。
( ´ Д ` )


残りの頼みは多摩川大橋。
朝、富士山を撮影したあの場所だ。

この日は本当に天気がよかった。
朝は肌寒かったが、昼を越えると汗ばむ陽気。
やっぱり今日は湘南の海を走りたかったな~( ´ Д ` )

どうせ見つからないんだったらゆっくりライドを続ければ良かった。。
などと思ってるうちに、多摩川大橋に到着。

件の場所に行ってみると・・・・


























やっぱり無い!(´Д⊂)

紛失確定!!
ああ・・最悪。。

鍵なんて今まで無くしたことなんてなかったのに・・・

自己嫌悪に苛まれながら帰路に着いた。
多摩川大橋からうちまではすぐ。

大家さんに正直にいう決意をして家の前に近づくと、
なんか二人組の男女が私の部屋の扉の前でなにやらゴソゴソしているではないか!!!

「ど、ドロボー!?Σ( ̄ロ ̄lll)」

そう思った私、即座に戦闘モードに切り替えて、その二人組に向かって近づいていった!

男の肩をつかもうとしたした瞬間、その人が振り返った。

知ってる顔だった。

その人は言った。



「ああ、ちょうどいいところに帰ってきてくれたよ。

 実は鍵が差しっ放しになっててどうしたものか困ってたんだよネ」




そう、男の人は大家さんだった。

マジスカ!!!

すべてを悟った私は、朝の記憶がよみがえってきた。

朝家を出るとき、確かに鍵をポケットの奥底に入れたんだけど、
ボトルを忘れたことに気づき、一回家に戻ったのだ。
その時、すぐ戻るからと、鍵を抜くのを横着して差しっ放しにしたんだった・・・

スベテノナゾハトケタ!!(:.;゜;Д;゜;.:)

平謝りしたけど、大家さんは笑ってゆるしてくださった。
鎌倉で気づいたなどと話すと、「電話してくれれば良かったのに」と。。
確かに・・・orz

うちに帰ってきたのは13時ちょうど。
ほぼ6時間鍵が差しっ放しになってたわけだが、無事だったのは
ラッキーなのか、この場所の治安が良すぎるのか・・。

b0270036_211398.jpg

作っておいたカレーは塩味が効いていたよ。。(´Д⊂)

走行距離:92.17km
バイクタイム:4h46m
経過タイム:6h03m

[PR]
by nanahoshy | 2014-12-23 05:55 | 自転車(ライド) | Comments(10)

いざ鎌倉!(前半)

こんちは。

やはり久々の自炊なので、色々とたいへん。
でも楽しんでやれているので、いい感じに疲れています。
(´∀`)

えてして、こういった生活の中でネタが豊富なときに限って、ブログを書く時間や
モチベーションが下がってしまうのは、もはや仕様といってもいいんじゃないかな!?
(´・ω・`)
今日は少し時間ができたので、こちらにきて初めてのロングライドに行った話をかこうと思う。


今わたしが住んでるところは、東京都内。
都内は都内でも限りなく神奈川に近い、大田区というところだ。
大阪に居るときには、ここがどういうところで、隣の町が何なのかさえ分かっていなかった。
(今もあんまり変わらないけど・・(´・ω・`))

でも大阪の時にはいけなかった所に行くことが出来るのは確実なわけで、
程よく距離があって、行ってみたい所ということで「鎌倉」を今回の目的地に決めた。

b0270036_9185017.jpg

コースはこんな感じで、横浜のランドマークタワーや山下公園を通って、大きな道路沿いに進み、
鎌倉から湘南の海岸線を走り、藤沢まで抜ける。高低はほとんどなく、最後に少し上りがある程度。
往復で120km程度なので、近く過ぎず遠すぎず、まさに丁度いい感じだ。
(´∀`)

AM7:00 出発
b0270036_9202972.jpg

この日は雲一点もないうえに、少し肌寒いかなっていうまさにサイクリング日和。

第二京浜道路を西に進むとすぐに多摩川にあたる。

ん?
b0270036_9223612.jpg

b0270036_9232031.jpg


ふじさーーん! (≧▽≦)

写真では小さいけど、実際にはすごく大きく見えたよ!
おのぼりさん全開だけど、富士山見てかな~りテンションがあがった♪
(´∀`)

しかし思ったのは、関東方面の道路はすごくきれいで走りやすいわ。
おまけに変にアップダウンがないので、知らず知らずのうちにスピードが出てしまう。
スピードが出るということはそれだけ足を回してるってことなので、すごく疲れてしまう!
一人でこれなんだから、集団走行となるとたいへんなんだろうな。
(´・ω・`)

b0270036_9241283.jpg

15km位で横浜に入る。
ちなみに↑がランドマークタワー。

b0270036_9256100.jpg
なんか帆船が見えたのでとりあえずパチリ。

帆船ごときで気持ちが高ぶる初老のわたし。
(´゚c_,゚`)


AM8:00 山下公園着
b0270036_9252340.jpg

山下公園到着。
向こうに見えるはベイブリッジ。
ん~~~いいね~♪

と、ここでアクシデント発生!

何気なく触れたタイヤのエアが減っていることに気づいた。
出発前に入れてきたので、ここでそんなに減っているのは異常だ。

パンクか・・・( ´ Д ` )

Oh・・・

東京初回のライドで当たりを引くとは・・・・
b0270036_931896.jpg

だが調べてみると、チューブに付いてるバルブねじが緩んでいることに気づいた。
これはパンクではなくねじを締めこんでやれば解決できることを経験上しっていた。
(´c_,`*)
b0270036_9285567.jpg


エアを抜いてしまったので、ボンベでCO2を注入!

ものの10分ほどで修理完了

ハプニングも楽しい味付けダヨネ(・∀・)


b0270036_9314072.jpg

HIKARIの向こうには何が!?

まだトラブルは序章に過ぎなかった。
衝撃の結末は次回にて!
[PR]
by nanahoshy | 2014-12-21 09:34 | 自転車(ライド) | Comments(4)

いつもの道で分かったこと

やーやー、またもや空いてしまったな。
最近始めたスマホのゲームに嵌ってしまって・・・
( ̄∀ ̄*)

先週末のお話。
ちゃんと乗りに行きましたよ。天気もよかったし。

DNFしたブルベのことを思い返すと、どうも体がおかしかった。
イチローは自分の体調管理の一環で、マシンを使ってトレーニングをすることで、
自分の体の調子を図っているという。
私もいつもの練習コースを走って調子をみてみることにした。

薄曇が張った空だったけど、空気は気持ちよかった。
b0270036_6165362.jpg

まずは大和川CRを石川方面に進む。
流石に三連休とあって、道行くローディの数が半端なかった
b0270036_617571.jpg


赤橋をわたり・・
b0270036_6173096.jpg


起伏に富んだグリーンロードで金剛山を目指す。

ッフッフッフ・・
やはり体が重い・・。
( ´ Д ` )

平坦道はまだしも、坂道が上れない。

ここの分岐から上りが始めるんだけど・・
b0270036_618967.jpg

いつもなら少し息が切れるだけなんだが、
足こそ付かなかったけど、汗はダラダラ、息はゼーゼー、
かなーりしんどかった。

むぅ・・・これは・・・


うすうす気付いていたものの、それを認めることを拒んでいたが・・・




私、太ったね!(≧▽≦)>

自転車に乗れてないのに、いつもの分量を食べたことで要らない肉が付いてしまっていた。
ゲームをやりながらおかしをボリボリと・・・
ひと夏の過ち・・・(´;ω;`)ブワッ

よし、悪いところが分かったので・・
b0270036_6192298.jpg

ガーっと下って・・
b0270036_6194282.jpg

ぷはぁー!
この為に生きてるね!
(*´д`*)ハァハァ


え?
何か!?( ̄∀ ̄*)


そう、金剛トンネルまでは行かず、途中で引き返したのだった。
用事があったからしかたないのだよ、ワトソンくん。
(´゚c_,゚`)

またCRにもどり・・
b0270036_6201340.jpg

茂ってるね。


b0270036_6202249.jpg

ジャングルかっ!


3時間で70kmちょい。
少し物足りなかったかな。
b0270036_6203526.jpg


今週もサイクリング日和となりそう。
どこいこかな♪
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-20 06:21 | 自転車(ライド) | Comments(0)

ビワイチ(特盛)3

ビワイチ特盛の話の続き。
 前回までの話は、コチラコチラ

半時計周りのビワイチの場合、琵琶湖の形状から後半の方が距離があるのは必然。
しかも、今回は後半が向かい風という嬉しいプレゼント付き。
後半にいかに体力を温存しておけるかが鍵となる。

次のポイントである、水鳥ステーションを目指してペダルをくるくる回す。
ここは名前のとおり水鳥を観察できる施設になっており、観光客も多い。

15:02 201.2km 水鳥ステーション
b0270036_7321415.jpg

建物も鳥がモチーフの様ですな。
(´∀`)

ここでは、若鮎の天ぷら(揚げたて!)や数々のお惣菜が並ぶので、お昼時には大人気の道の駅なのだ。
先ほどランチを食べたばかりだというのに、売り場を一回りしたところ、とても気になるものがあったので買ってしまった。
b0270036_733511.jpg


ういろう
(´∀`)


確か名産は名古屋だったと思うけど、これはこれで美味そうだ。
(*´∀`*)
b0270036_7334615.jpg

こんにゃくみたい。
食してみると、予想どうりプルプルもちもちの食感で、甘すぎず黒糖がいい塩梅で効いている。
自転車で来ていなければ、ダース単位で買って帰りたい!
一つをお腹におさめ、残りはフロントバッグに詰め込んで出発。
b0270036_73492.jpg

次はひこにゃんのいる彦根がポイントなのだが、水鳥ステーションからは20kmほど離れている。

15時を過ぎ、昨夜ろくに寝ていないのがここら辺からジワジワ影響してきた。
向かい風の影響はさほどだが、30度を越す気温、照りつける太陽は、予想以上に体を蝕んでいった。
片側一車線でトラックや大型車がビュンビュン行き交う為、後方の車のことをずーっと気にしなくてはいけない。
このストレスが長時間続くことで、精神的にも身体的にも疲れてしまったんだと思う。
(結局泉佐野600でも同じ様な体験をする羽目になるのだが、こういうトレーニングが足りなかったんだなと思う。)

気を入れてペダルを回すも、何だか気合が入らない。
はっきりと疲れていると実感できた。ハンガーノック?いや、そういうわけではない。
む~、、まだ300も入ってないぞ?
足や腰など痛みが生じてるわけではないが、やっぱり前日寝てないのがいけないのかな。。
この時は、来週の600が大丈夫かなと、だんだん弱気になっていった。

途中何回かコンビニで小休止。
疲労は相変わらずだけど、補給出来る所が適所にあるのは助かる。
でも、この頃から店に入って商品を物色しても、何が食べたいのか分からなくなっていた。
何か摂取したいのだが、お腹が気持ち悪いのだ。
ちゃんと出せてないのがダメなんだろうな・・・。
COME ON !BENTSUUUUU!
 Щ(゚ロ゚щ)カモ-ンщ(゚ロ゚щ)カモ-ンщ(゚ロ゚щ)カモ-ンщ(゚ロ゚щ)カモ-ン

予定では日が落ちる前に琵琶湖大橋東口に到着しているはずであったが、
10kmほど手前で薄暗くなってきた為、ライトを点灯しての走行を余儀なくされた。
相変わらず狭い道で交通量も多かったので、ミラーに映るヘッドライトが気になって仕方ない。
やはりここは夜走る道じゃないな。(´・ω・`)

19:03 266.43km 琵琶湖大橋東口 着
ようやくポイントに到着した時には、とっぷりと日が暮れてしまっていた。
b0270036_7355076.jpg

相変わらずお腹は空いてなかったが、なんとかスープとおでんと、水鳥ステーションで買ったういろうをお腹に収めたら、ようやく少し落ち着いた。
b0270036_7353516.jpg

ここから家までは約100km。
たぶん途中で寝るんだろうなぁ(笑)と思いながら、ライトを灯けて出発した。

(ナイトライドのため、ずばっと省略!)
湖岸道路~瀬田~宇治川ラインを来た道を逆走するかたちで進む。
川の冷気がいい加減に足を冷やしてくれて、何事もなく宇治まで抜けることができた。
宇治に時点で22:00。

次はもう自宅まで3時間ほどなので、ノンストップで帰ろうと思っていた。
が、やはり睡魔に耐えられなくて、途中人目のつかないガレージや川原で仮眠した。
この涼しい時期でよかったよ。
( ̄∀ ̄*)

写真はないが、途中で燦然と輝くラーメン屋さんの看板があり、誘蛾灯に引き寄せられる虫のごとく引き寄せられてしまった。
ラーメン&ライス完食。
う~ん・・・やはり夜中に食べるラーメンは200%増しでうんまい!
(*´д`*)ハァハァ

3:00帰着
b0270036_7351184.jpg

結局24時間かかってしまった。
しんどかったなぁ。。
この時は寝不足が原因だと思っていたが、やはり走りこめてないのがいけなかったんだな。
翌日にはきっちり筋肉痛に襲われたのにそれに気付けなかった。

でも自走で琵琶湖一周してもどってくるという当初の目的は達成できたわけなので、よしとしよう!

また走ってみたいな。ビワイチ。
(*´∀`*)
b0270036_736931.jpg

走行距離:363.3km
走行時間:14:44:50
経過時間:24:00:57

[PR]
by nanahoshy | 2014-09-13 07:37 | 自転車(ライド) | Comments(0)

ビワイチ(特盛)2

ポッケに入れていたはずのスマホがない!
あちこち探してみたが、やはり見つからない・・・(´Д⊂)

これに気付いたのは、真野のコンビニの400m手前。
たしか雄琴温泉付近で見たのは確実に覚えてるし、さっきの交差点でも見たような・・

とにかく急いで着た道を引き返し、落し物さがしの時間が始まった。
朝早いし人の通りも少ないからすぐに見つかるかもしれないという期待は、
3km戻っても発見できない現実に淡く消えていった。
途中、ガソリンスタンドで借りた電話で自分の電話にかけたところ、留守電になっていた。
( ´ Д ` )

留守電になるってことは、誰かが電源を切るか、破壊されてしまったことが考えられる。
いずれにしてもいい結末は迎えられそうにない・・・
更に数キロ進むも発見には至らず、丁度交番があったので、紛失届けを出すことにした。
b0270036_2155641.jpg

ところが事態は一変する。

紛失届けを出すのに名前と電話番号を伝えたところ、
なんと既に別の交番に届けられているというではないか!!!
場所は大津北警察署、拾って頂いたのは「琵琶湖大橋交差点」。。

あそこか!!
(´゚c_,゚`)ノノ


交番のおまわりさんにお礼をいって、また来た道を全速力で戻った。
大津北警察署では返却手続きをし、無事に手元に返してもらうことが出来た。

アスファルトに落下したにも関わらず、ケースに少し傷がついた程度で、本体は全くの無傷という奇跡!
だが、拾ってくれた方は名前を伝えていかなかったのでお礼ができなかった。
こんな辺境のブログなどご覧にはなってないと思うが、一応この場を借りて・・・

スマホを拾って警察に届けて頂いたこと、本当に感謝しています。
お礼を伝えることが出来ないのが残念ですが、貴方の親切のおかげで私は幸せな一日を送ることができました。
本当にありがとうございました。
ぺこ<(__)>


落し物がすぐに戻ってきたのは良かったが、1時間ほどロスしてしまった。

ここまでで1つの記事にしたいところだけど、まだビワイチは始まったばかり。。
残りはマキでいきます!(笑)

【08:55 111.7km サークルK大津真野店】
とりあえず当初のポイント、真野のコンビニで休憩。
b0270036_2182255.jpg


時間はロスしてもしっかりと補給は摂る!

( ̄∀ ̄*)

次はどーんと飛んで、山岳エリアのある奥琵琶湖の手前、マキノが休憩ポイント。
b0270036_2185075.jpg

遅れを取り戻そうと35km/hで進行。
向かい風じゃなかっただけいいけど、それでも心拍は145~150台、しんどいわ!
( ´ Д ` )

【11:10 155.0km ファミリーマート高木浜一丁目】
b0270036_2199100.jpg

炭酸とおにぎり、フルーツゼリーを補給。
後からみるととんでもない食い合わせだな( ̄∀ ̄*)

コンビニを後にして府道54号線方向、東に進路を変える。
いよいよ琵琶湖北側、奥琵琶湖の山岳エリアに突入だ!

山岳エリアといっても標高差266m 平均勾配3%というもの。
実質の上りに行くまでは、湖畔の道をゆるりと進むことになるので、まったく構える必要はない。
b0270036_2194231.jpg

b0270036_2110637.jpg

b0270036_21102586.jpg


この看板の先からつづら折の登りが始まる。
b0270036_21104118.jpg

いやぁ、平坦な道は誤魔化せても、上りはサボリが誤魔化せないな~。
すぐさまインナーローに切り替えて、うんせ、うんせと上る。
途中で展望台のある広いところに出たが、まだここはtopではない。
b0270036_21105276.jpg

更にうんせ、うんせとペダルを回してようやくtopに到着。
b0270036_211146.jpg

いや~キツい!でも気持ちいい~(*´∀`*)ノ
自転車の乗っていて喜びを感じることのできる一面だ。

後は下り。
b0270036_21111644.jpg

下ってそのまま木之本まで行き、例の名物パンを食する予定であったが、
時間が押しているのと、この時点でお腹が空いていたので、予定を変更して
木之本までは行かず、手前の道の駅「あじかまの里」でランチをすることにした。

ザッと下って道の駅へ~(≧▽≦)ノ

【13:23 186.9km 道の駅 あじかまの里】
ここは何回か来たことがあって、お目当てはもちろんアレだ。
b0270036_21113089.jpg

鯖寿司+きつねうどん
この鯖寿司は1000円なんだけど、旬の時期になるともう1ランク上の商品もある。
b0270036_21114361.jpg

通常の鯖寿司だって、十分に美味しい(*´∀`*)
うどんは冷たいものを頼みたかったが、冷たいものばかりだとお腹に良くないので、温かいものを注文した。

お腹がふくれた後にはデザートもしっかりと取って、いざ出発!
b0270036_21115458.jpg

さぁ、いよいよビワイチ後半戦だ。
(´c_,`*)
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-02 21:11 | 自転車(ライド) | Comments(2)

ビワイチ(特盛)1

時間いっぱい待ったなし!
600を来週に控えた週末、なんとか天気がよさそうなので
かねてから計画していたビワイチに行くことにした。

ビワイチはビワイチでも、自走で琵琶湖まで行って帰ってくるという、
私にとってはビワイチ(特盛)で望む!
自走しても400km弱だし、ほぼ平坦なのでラクショーなんだけど、
リハビリには丁度いいでしょってことで、コースはこんな感じ。
b0270036_23261631.jpg

【3:00 スタート】

まずは最初のPCである宇治をめざす。
琵琶湖までにはいくつものルートがあるが、淀川CRは真っ暗で危ないので回避し、
淀川沿いの府道13号線で北上、久御山から宇治方面に進む。(´c_,`*)

宇治に着いたのは5:30頃。
軽く補給してすぐに出発。
宇治からは、宇治川~瀬田川を上れば滋賀県に入り、琵琶湖の最南端に行ける。
宇治川ラインは以前のブルベで走ったことがあるけど、真っ暗で景色が分からなかった。
でもとても気持ちのいい道だったのは覚えている。(*´∀`*)
b0270036_23265083.jpg


matzさんっぽく撮ってみた。

( ̄∀ ̄*)

気温が低かったせいか、川の両側の山には霧がかかっていて、すごく幻想的だった。
山が大きく見える割に遠くまで見えないのは不思議だったなぁ。(*´∀`*)
家族にも見せてあげたいなーって思ったけど、すぐに無理だと思い直す。
だって、こういうのはいつも毎日見れるわけじゃないもんね。
大自然からのプレゼントを受けて感動に浸りながら自転車を進めた。
b0270036_23273517.jpg

1時間ほど走ると滋賀県に入った。
瀬田唐橋を通過し、いよいよビワイチが始まった!(´∀`)

ビワイチは時計回り、半時計回りがあるが、奥琵琶湖のパークウェイは途中から一方通行となるので、
前回同様、時計回りで行くことにした。

朝も早く、そんな中を走るのはとても気持ちのいいもんだ。(*´∀`*)
ほどなく安産祈願でも有名な石山寺に到着。
ジュニアの時には来れなかった所なので、記念にパチリ。
b0270036_23282840.jpg


その後、競艇場や県庁がある浜大津~雄琴温泉を抜けて、大津真野を目指した。
真野は琵琶湖大橋の交差点から少し行ったところにある。

【8:00「琵琶湖大橋」着】
「琵琶湖大橋」という名前の交差点は、琵琶湖大橋の西側にあるのだが、
以前TREK号で回った時は、ココが起点だった。

目的地のコンビニまではあと数100メートル先。
あまりにも順調すぎてあくびが出るくらい。

しかし神様はちゃんとプレゼントをくれるらしい。

8:05 私はある事に気付いた。







背中ポッケに入れていたはずのスマホが無くなっていた!!!
(:.;゜;Д;゜;.:)



(続く)
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-01 23:33 | 自転車(ライド) | Comments(6)

美濃路ライド

もう1週間前になるのね。
更新がカメですいません・・・( ´ Д ` )
b0270036_23255390.jpg

ここは岐阜県は美濃市。R156沿いにある道の駅「にわか茶屋」である。
宿泊代をケチって数年ぶりに車中泊をしてみたが、足が伸ばせないのってやっぱり窮屈だわ。( ´ Д ` )

今日はShoro'sの方々と美濃路ライドに同行させて頂くためにこの地にやってきた。
いや~名古屋からここまでって結構遠いのね(´゚c_,゚`)
一応睡眠は取れたけど、遠足前夜よろしく興奮と寝苦しさで眠りは超浅かった。
待ち合わせ時間の1時間前になってうつらうつらしていると、全開の窓から
「フゴゴッ!フンッゴゴ!!(しんどぉぉおおおおお!)」
という鳴き声掛け声に目が覚めた。

熊!?
辺りを見渡してみると・・・
b0270036_2325426.jpg


なんだ、ゴンタ君か。(*´∀`*)=3

こりゃ失礼・・。
INNAさんは今日は走らないけど見送りに来てくれたみたい。
金沢400以来なんだけど、なんかほんわかする人なんだよね~。
今度の紀伊半島一周ブルベには参加するとのこと(驚)
しかも私と同じくSRが掛かってるので本気で走る!とのこと(驚大)
待ってますよ!がんばりましょうね(・∀・)
そんなことを話しているとShoro'sジャージを着た人たちがワラワラと集まってきた。

Shoro'sの方々と会うのはもちろん初めてなんだけど、基本的にはKTMさんのブログのコメントで見かける人ばかり。
この日は、ケンさん・KTMさん・なかさん・リキさん・shigaさん・こーさん・チャップリンさんとご友人・NAO-TCRさん・こうぞうさん・masaさん・gottuさんとご友人・トモロッチさん・matzさん・デリオさん・ひろ@bikeさん、そして私の18名の参加となった。
よく覚えてるな?
フハハ!そんな訳はなかろう!
ひろ@bikeさんのブログから引用しました!!(*´∀`*)
顔は覚えているけど、あの短い時間じゃ名前が紐付かないわ(´・ω・`)
b0270036_23291630.jpg

ケンさん主導でブリーフィング。今日は雨予報なので、行けるとこまで行きましょうということになった。
こんなコース
(これは実際に走ったコース。予定では郡上市まで行くルートだったみたい)
b0270036_23294641.jpg



じわっと上って折り返しって感じ。


KTMさんいわく
「六甲山(神戸側)の様だよ」
と教えてくれたが、六甲山は先週痛い目にあわされているので内心ビビッていた。
(´゚c_,゚`)

途中休憩ポイントで休みつつ進むということで、隊を4つに分けて行くこととなった。
適当に分かれて付いていったが、私はShigarakiyakiさんのチームに入った。
shigaさんのバイクは雨ということでビアンキのシクロ仕様だったが、なんだか珍しいハブだなと思ってたら・・
b0270036_2331398.jpg


なんと、あの「GOKISO」だった!

ピンクなんてあるんだ!?って聞いてみたところ、「頼んで作ってもらっちゃった♪」って・・・
なんかすごい世界だ。さすが自転車王国!!!。゚+.(・∀・)゚+.゚

コースは板鳥川沿いに進んでいく。
後から見ると上り勾配なんだけど、足に負担がかかるような傾斜じゃなかった。
前を行くmasaさん。体系は私と同じく「ガッシリ系」 だが、違うのは鍛え上げられたふくらはぎ!
b0270036_233132100.jpg

これをオカズに次の休憩地点までライドを楽しんだ。(;゚;∀;゚;)ハァハァ

b0270036_2332150.jpg

ここは板鳥温泉の休憩ポイント。

ここで雨雲の様子をみて、やはり予定のコースだと峠の下りで雨になる可能性が高いので、コース変更ということになった。

右の画は、「go雨!探知機」というアプリを使って雨雲の様子を見てるところ。
何かの儀式ではありません。(`・ω・´)

なかさんの提案で、川浦(かおれ)渓谷まで行こうということになったので、今までの走りやすい道を外れてダートな感じの道をちょこっと走る。
b0270036_23323357.jpg

と、この先の土だまりでリキさんが落車!!
ほぼゼロスピードだったのと、下がジャリだったのでケガは無かった様だ。(´c_,`*)
b0270036_23324720.jpg

私も駆け寄っていったが、他のShoro'sメンバーの手がたくさんリキさんに差し伸べられていた
紳士なチーム、Shoro's! (*´∀`*)

ここのすぐ先が最初のポイント
b0270036_23382451.jpg

揃いの服を着てキャッキャ言い合ってる男衆、ホントに子供の様だ。(*´∀`*)
b0270036_23383885.jpg

いいなー。こういうのはいつものオヒトリ様ライドでは味わえない楽しさなんだな。
b0270036_23385637.jpg


たっぷり空気と景色を堪能した後、出発!
でもしばらく進むとまたストップ。
ここが絶景ポイントらしい。
b0270036_23395831.jpg

う~ん・・・

やっぱり写真じゃ素晴らしさを伝えきれないね。
(*´∀`*)

ここで、本格的に雨が降ってきた。

どうやらここからは折り返しで、今来た道を帰っていく様だ。
下り基調、雨、ということは落車のリスクが上がるので、慎重に走行せねば・・・。
(´・ω・`)



雨・・・キツくなってきたな。
(´c_,`*)






これ、ゲリラなんじゃ・・・
( ´ Д ` )





ああ、パンツまでぐっしょぐしょだなぁ。。
(´_ゝ`)





帰ったら自転車洗わないとなぁ・・・
(´_ゝ`)




・・・






ガチャン!




「いやっほおぉおおおおおーーー!!
ヾ(*`Д´*)ノ」


それは突然訪れた。
ナナホシは雨の音にかき消されない様に叫んでいた。
雨って降り始める前~始めは嫌だけど、完全に雨っ!ってなっちゃうと逆にテンションが上がってしまう。
そう、わたしは元々雨のライドが嫌いではない、いや、むしろ私は雨が大好きだった!
フォ━━━ヽ(´∀`)ノ━━━━!!!!

それまでは上りで体内温度が上昇していたが、雨が降ることで冷やされ、足もギュンギュン回ってくれる。
ガチャガチャとシフトをクリックし、アウターローへ。
たしかに雨の下りはスリップしやすい。だけど、前輪さえコントロールを失わなければ自転車を制御することは可能なわけで、しっかりと前傾でフロントタイヤを路面にグリップさせることだけを集中した。

自分でも驚くほどの豹変ぶり。
まるで満月を見た狼男が変身するかのごとく。

冷静になって考えるととても危険なことをしていたと思うんだけど、当時はテンションというかアドレナリンというか、
何がどうなってたのか分からないけど、まるで何かに取り憑かれた様に自分が変わってしまったという実感がある。
(´・ω・`)

そんな頭のネジが飛んだ走りをしているのは私一人だったので、ほどなく先頭を行くmatzさんを捕捉!
スリップストリームに入るとストレートで一気に前に出た!
やた!このまま逃げれればいいお土産になるぞ!!

と思ったのも束の間、
道を知らなかった私が分岐で迷って止まっていたところをmatzさんに抜き返されてしまった。
ァ'`,、'`,、'`,、'`,、(´∇`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

再びmatzさんについて行こうと思うも200mほど離されてしまい、追いつくのは困難だと思ったので
少しギアを落として走りはじめた。

雨の音は大きくなる一方で、視界も悪かったが、逆に頭の中はキンと冷え冷えになっていた。
戻ったら何食べようとか、昨日食べたメンマは今どの辺にあるんだろうとか・・・
食べ物のことばっかりだな(笑)

と、ふいに私をパスしていくローディが!
Shigaさんだった!(*´∀`*)
これはチャンス! ナナホシはShigaさんに付いて行こう作戦に切り替えた。

ところがShigaさんはかなり速くて、上りで離され、下りで追いつくという感じで、付いていくのが精一杯だった。
`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ

と、かなり下ったところで道の傍らにたたずむShoro'sジャージを確認。
前を行くmatzさんだった (`・ω・´)

まぁ。。こんなところで待ってるという訳でもなく・・・
予想どおりパンクだった。(´・ω・`)

matzさん、なんでも2週続けてのパンクだそうで・・・
ありがとうございます。極上のネタ提供。(≧▽≦)
b0270036_23463235.jpg


ここで後続の一団を待ってリスタート。
残りはのんびりと帰る。
ゴール前スプリントはさすがに雨だから・・
と油断していると、前を行くなかさんがダッシュ!これに反応したのはKTMさん!
勝ったのはなかさん!!!オォオオォヽ(´C_,`o)ノオォォオオ!!!
ブログで繰り広げられている光景そのままだった(笑)

b0270036_23464980.jpg

みんなずぶ濡れ、そしていい笑顔。
落車、パンクがあったものの、皆無事に帰って来ることができた。
しばし談笑の後、リキさんが〆て解散となった。
b0270036_2347215.jpg

この五平餅の味は忘れない。

一緒に走って頂いた皆さん、セルフィッシュな走りをしてしまったので
「走り」で話ができなかったことを反省しております・・。
また機会がありましたら、じっくり走らせて頂きますのでよろしくお願いします。
(・∀・)
[PR]
by nanahoshy | 2014-07-22 04:00 | 自転車(ライド) | Comments(12)

チタイチ2014 (その2)

KTMさん、モリゾーさんとお別れをしてから数キロ、おっちらえっちら走る。
知多は名古屋から近く、やはりサイクリングのメッカとなっているだけあって、たくさんのローディを見かけた。
さすが自転車王国の名前は伊達じゃない。
( ̄∀ ̄*)

そうこうするうちに海が見えてきたヨ!
b0270036_22401110.jpg



b0270036_22404489.jpg
師崎到着!
これは「シザキ」ではなく「モロザキ」というらしい。

この波止場にも何人かの自転車乗りが屯していたが、その中にLOOKを発見!
しかも2014モデルの695、うちの675号の兄貴分である。
持ち主の方に話しかけたところ、やはりLOOKは珍しいということで記念写真をとることになった。
( ̄∀ ̄*)
b0270036_2242854.jpg


ジャージも見事なモンドリアン!

b0270036_22414630.jpg

やっぱりかっこいいな~695は
(*´д`*)ハァハァ

お腹が空いたので、近くの食堂でランチランチ♪
b0270036_2243109.jpg

たこめし 350円
大あさり 550円

タコの風味がいっぱいに・・・というわけではなかったが、350円で山盛りのご飯は上等!
b0270036_22432557.jpg
あさりはちゃんと出来たてを出してくださったので、アツアツで美味しかった。
(≧▽≦)


お腹を満たしので、残りの半分を楽しむべく出発!

b0270036_22435578.jpg

しばらくはこんな沿岸の風景がつづく。

さざえやあわびが沢山いるのか、「禁漁」の札が多く掲げられていたのが印象的だった。


それにしても暑いわ( ´ Д ` )
たまらずコンビニにピットIN
b0270036_22443593.jpg

シュークリームは何故チョイスしたんだろう。。

飲み物が写ってないが、ちゃんとこの後コーラ(ミニ)を購入している。
(≧▽≦)

暑くてもしっかりとストレッチをしてから出発。

知多半島の西側は、淡路島の西側の風景と似ている。
なんとなくだが・・・
b0270036_22445977.jpg

台風の影響か、いつもは追い風らしいのだが、向かい風基調だったので、スタミナゲージがぐんぐん下がっていった。

b0270036_22495829.jpg

つぎの目的地が近づいてきた。


ここは目的地ではなかったが、面白そうなものが目についたのでひと休み。
b0270036_22502758.jpg


まねき猫が通りにたくさんいるぞ!


何でもここは「とこなめ招き猫通り」といって、名前のとおり陶芸が盛んな常滑市の観光名所になっているところらしい。
ひとつひとつの招き猫にテーマがあって、個性的な猫たちは見ているだけでも面白い。
b0270036_22571746.jpg


「厄除」

b0270036_22581419.jpg


「子育て」

b0270036_22583636.jpg





「ペット守護・供養」

b0270036_22585412.jpg


「健康長寿」

こういうのは日が経っても残りつづけるものだからいいね。
次にこの地を訪れた時も絶対に来るもんね。(*´∀`*)
うちの地元もしょーもないものにお金を使わずにこういうことをしてほしいなーと思いつつ、次へ進んだ。

次の目的地はすぐそこだった。
b0270036_22593152.jpg

かねてつ めんたいパーク

b0270036_22594729.jpg

ドーンと建物の上に乗っかっている赤い物体はいうまでもなくメンタイコなんだろう。
めんたいこだけでテーマパークを作ってしまう発想がすばらしい!( ̄∀ ̄*)
中に入ると、お土産コーナーや明太博物館、イートインコーナーがあった。
b0270036_230615.jpg


めんたいソフトなるものにすごく興味をそそられるも、疲れと暑さからノーマルをチョイス!
b0270036_2302245.jpg

ここで書かない方がいいかもしれないけど、売店でボトルにジュース用の氷を入れてくれるように頼んだところ、最初は丁重にお断りされてしまった。ところが、ソフトクリームを食べているとさっきの売店のお姉さんが近寄ってきて、
「氷、やっぱり差し上げます。お水も入れておいたほうがいいですか?」と!!
「水道水満タンで(´・ω・`)b」と返すと、クスりと笑いながらカウンター奥へ消えていった。
なーんていい人なんだ!!(≧▽≦)
それまでの疲れが一気に吹き飛ぶと共に、めんたいパークが大好きになってしまった。
ゲンキンな私・・・。

ボトルを持ってきて頂いたお姉さんにお礼を言って、めんたいパークを後にした。
b0270036_23472.jpg

ここでも招き猫!?

ここから先はもうスタート地点に帰るだけ~。
暑いながらも心地よい風を感じながらペダルを回す。
夏だな~なんて思ってると、ゴール地点の「佐布里 緑と花のふれあい広場」に到着。
b0270036_234292.jpg

KTMさんとモリゾーさんのランデブーから始まり、めんたいパークでの心やすらぐふれ合い。
チタイチってなんてすばらしいんだ!

まさにピカイチ!(´∀`)ノ

あ、物はなげないでくださーい。

朝は薄暗くて分からなかったけど、緑と花のふれあい広場は、芝生の広がる開放的な空間ですな。
b0270036_235267.jpg

今日一緒に走ったツール達。
b0270036_2354158.jpg


ありがとう知多半島!
また必ず来ますよ(≧▽≦)

(走行データ)
走行距離:96.91km
移動時間:3h57m
平均スピード:24.0km/h
平均ケイデンス:66rpm

[PR]
by nanahoshy | 2014-07-18 23:06 | 自転車(ライド) | Comments(4)

チタイチ2014 (その1)

ピロリロリロ・・・ピロリロリロ・・・

ナナホシ:「はい。ナナホシです。(・∀・)」

モリゾーさん:「あ、ナナホシさん!おはよう!今どこ?」

ナナホシ:「え?今は・・(待ち合わせ場所の)駐車場にいますけど・・?」

モリゾーさん:「そっか~。えとね、今ね×××ってとこなんだけど、そこまでどうやっていいか分かる?実は迷っちゃって・・・」

ナナホシ:「えと・・全くわかりません!(´・ω・`)」


この会話から遡ること数時間前。
私は夜の西名阪道を名古屋目指して爆走していた。
b0270036_2248139.jpg

予告どおり、今回は名古屋遠征ということで「チタイチ」に挑戦するため。

事前にチタイチに行くことをKTMさんにお伝えたしたところ、「おつきあいしますよ!」と快く返事があった。
しかもモリゾーさんも来てくれるというじゃないか!
Shoro'sの組長と若頭ともいうべき人たちが一緒に走ってくださる・・・
楽しみ過ぎて、深夜の車移動だったにも関わらず、全然眠くならなかった。(*´∀`*)

待ち合わせ場所の「佐布里 緑と花のふれあい広場」に3:30に到着。
少し仮眠して、待ち合わせ時間近くになったのでバイクを組み立てたり、着替えたりと準備を始めた。
b0270036_22483539.jpg


準備ができたーと思った矢先に掛かってきたのが冒頭の電話だった。

モリゾーさん、わたしココには初めて来たし、ナビ便りだったので道を聞かれても全く分かりませんヨ!!
ヾ(≧д≦)ノうひょひょ

その後KTMさんと連絡をとってもらい、ようやくスタート!
b0270036_2249148.jpg


今回のコース。

まずは背骨といわれる半島の真ん中を南下、先っぽまで行ったら、半島西側の海沿いを帰ってくるというルート。
b0270036_22493580.jpg

走り出してまず思ったのが、すごく道がきれいだってことだ。

変にアスファルトがゆがんでたり、亀裂が入ってる所がなく、道幅も広いように思った。
車も少なく、この背骨ルートはゆるめのアップダウンが続き、距離も半島の先まで40kmとちょうどいい感じなので、
トレーニングに最適なんだな。
緑も多いし信号も少ない・・・いいことずくめじゃないか!!!
(;゚;∀;゚;)ハァハァ

そしてこのお二人。
言わずもがな、KTMさんとモリゾーさん。

モリゾーさんは会うのは2回目だったが、KTMさんは初対面。
でもブログのコメのやりとりでどういう人かは想像できていたが、まさに想像どおりの人だった。
そして、KTMさんのブログで繰り広げられる漫才の様な掛け合いは、やはりリアルでも同じだった。
一人だときっと辛かった道のりも、お二方との楽しい時間のおかげであっという間に最初の目的地「えびせんの里」に到着。
b0270036_22523184.jpg

中に入るとだだっ広い建物の中に大量のお土産用のえびせんが並んでいる。
b0270036_22521236.jpg

自動で蓋が開閉される入れ物

試食用のトング

そして声をかけてくる店員の居ないフロア・・・だと?


これ、ナナホシ家が来たら1日中ここに居座るぞ!
( ̄∀ ̄*)ノノ


モリゾーさんは用事があって11時までに戻らないといけない。
でも次の目的地に行きたかったモリゾーさん。時間をみるとギリギリのようだ・・

えびせんの里から10kmほどはホンキの走りとなった。
ミスコースもあったが、無事目的地に到着。
b0270036_230172.jpg

ひまわり畑! (≧▽≦)

1週間前はこれほど咲いてなかったらしい。
モリゾーさんも私もテンションマックスで写真をとりまくった。

ここでモリゾーさんはタイムアップ。
そして帰り道をナビゲートする為にKTMさんもここでお別れ。

本当に楽しかったですよ! 短い時間でしたがありがとうございました!!!(*´∀`*)

ここからは一人旅となる。

ふー、まだ半分も来てないんだけど、続きは次回の記事にて!
[PR]
by nanahoshy | 2014-07-16 23:01 | 自転車(ライド) | Comments(0)

そうだ、六甲山へ行こう!

気付いてはいたが、気づかないふりをしていた。
6月ってほとんど自転車に乗ってない!(´艸`)
雨とか多かったせいもあるけど、まぁ、サボりです。
( ̄∀ ̄*)

そろそろエンジンかけて行かにゃいかんということで、週末は雨が降ろうが槍が降ろうが行ってやる!


そんな私がリハビリを兼ねて選んだのは「六甲山
六甲山には色んなルートがあるんだけど、今回は関西ヒルクライムTTのコースにもなっている、
逆瀬川駅をスタートにした全長11.4km 平均斜度7.2% 獲得標高827Mというコースをチョイスしてみた。
b0270036_1212444.jpg

上るだけっていうカンタンなコースだ。
楽勝~♪(*´∀`*)

b0270036_12132274.jpg

この日は午後から雨の予報。

6時出発も空はこんな感じ。
(´・ω・`)

ササッと片付けて帰って来なければ。


うちから逆瀬川までは約35kmだが、平坦なので準備運動代わりとなる。

R2から武庫川沿いの「武庫川パークロード」を進む。(結構交通量がおおい><)
b0270036_12143266.jpg


b0270036_1215132.jpg

阪急「逆瀬川」駅着。


このバスのロータリーがスタート。

b0270036_12181318.jpg

最初は逆瀬川沿いの道をすすむ。

ここはほぼ平坦。

前方に見えてるのが六甲山、

ではない!(´艸`)プププ

右に大きくカーブした辺りから上りが始まる。
b0270036_12183636.jpg

傾斜はたいしたことないんだけど、車と信号が多く、ストップ&ゴーを余儀なくされる。

( ´ Д ` )

このルート、西宮北有料道路の入り口付近までが、ものすごく交通量が多かった。

その西宮北有料道路の入り口(逆瀬川駅から6km付近)からいよいよ本格的な上りが始まる。
b0270036_12192351.jpg


正直ナメすぎてた。
1ヶ月乗ってなくてもダイジョブダイジョブ~と思ってたけど、やはり体は正直だった。

今回はフロントバッグもつけておらず、超軽量装備で臨んだにも関わらず、全く脚が回らない。
( ´ Д ` )

コース自体も単純なものではなく、初見でこれを上るのはかなりキツい。


b0270036_1348313.jpg

このコースの特徴は、ずばっと長い登りが続き、つづら自体の数も多い。

おまけに10%以上の傾斜が次から次へと表れて、足を休めるところが殆どない。

( ´ Д ` )

b0270036_13491669.jpg

体も全く鈍っており、体は重いわ、足に力が入らないわで、とうとう足を付いてしまった。

あれだ、泉佐野300で走った青山高原のラストの上りに似てる。

傾斜がキツい分、六甲山の方がしんどい感じがするが・・・。

( ´ Д ` )


しばらく休憩した後、走りだすも、つづらを3回ほど折り返したところでまた足を付いた。
あかん、今日はあかん日や!(:.;゜;Д;゜;.:)
b0270036_1351323.jpg



こんなのを見たら全く上れる気がしない(笑)

また走りだすも、ペダルに体重をかけても進まなくなってきた。
残りはあと2kmちょい・・・

うう。。。ダメだ。キリのいいところでDNFしよう (´Д⊂)

と思ってヒーヒー言いながら上ってると、急に視界が開けた。
芦屋~有馬の有料道路の乗り口があって、そこに自動販売機やベンチなどもある。
b0270036_13562130.jpg

助かった~。(´∀`)
ここで休憩したら下ろうと思ってると、一人のローディが近寄ってきて、

「すいません、六角レンチ持ってません?」と。

何でもクリートのネジがグラグラなので、締め直したいとのことだった。

こないだ付けた新しいツールボトルから携帯ツールを渡してあげた。
このローディは常連さんで、毎週このコースを上ってるらしい。

もうココでリタイアなんです~と話してると、
「キツいのはここまでですよ!ここから2kmは楽勝楽勝♪」
と教えてくださった。

ハハハ・・・気持ち的にもう下るつもりだったので、すぐにはその気にならなかったが、
ストレッチと休息、それから炭酸パワー(笑)で、「今あきらめたらもったいない!」
という気持ちになってきた!
( ̄∀ ̄*)


勇気を出してペダルをこぎ出した。
確かにここからの上りは、それまでと比べてきつくなく、クルクルと回せば進んでくれた。

キャップからポタポタと滴らせながらも、ようやく平坦区間にたどり着くことができた。
b0270036_13572773.jpg

さらに少し進むと・・・
b0270036_1357591.jpg


キタコレ!

(・∀・)(・∀・)

ゴールの一軒茶屋だ~
b0270036_1358217.jpg

実は六甲山の山頂(三角点)はここから更に徒歩で数十メートル登らないといけないのだが、
さすがにそんな余力はなかった。
( ̄∀ ̄*)

逆瀬川の駅からの所要時間は・・・1時間12分。
ま、そんなもんでしょ!( ̄∀ ̄*)ノノ
時間なんてどうでもいいわ!
とりあえずゴール出来て満足!!

途中であのローディに声をかけてもらえてなかったら来れてなかった。
やっぱり一人で事を為すより、いろんな人と関わりあった方が大きなことができるんだな。
ウンウン。

しかし、、、思ってたよりずっと厳しかったコースと、衰えていたカラダ。。。( ´ Д ` )
鍛えてからもう一度来るぞ! 

と、一人反省会をして一軒茶屋を後にした。


下りは下りで怖かったけど!
斜面が急でスピードが出るし、減速帯も多くて・・
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なんか・・・六甲山はとても疲れる山だった。

おまけ
[PR]
by nanahoshy | 2014-07-07 04:00 | 自転車(ライド) | Comments(0)