for my Life

nanahoshy.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【BRM426 泉佐野300】 (後半)

さて後編だが、PC2を出たら次のPC3は折り返し地点、つまり50km先、最後の10kmは7%の登りというこのルート最大の難関だ。

寒い時期の走行とは違い、抜けていく風も暖かく、走ってるだけで体力が奪われていく感じはない。
が、油断すると脱水症状に見舞われるので、こま目な水分補給が重要だ。

このブルベではスポーツドリンクは買っていない。ボトルに入れているのはただの水。
スポーツドリンクを飲み過ぎると口の中が甘くなるだけでなく、胃が荒れてしまうらしい。
現にブルベ後半ではハンガーノックになりかけなのに、食べ物を欲しくないという状態になったのがそのせいみたいだ。
これを解消すべく、塩分は名のとおり「」で摂ることにした。食べやすいように塩タブレットにしたけど。
この作戦は当たりだった。今回は最後まで食欲を持続することができた。(´∀`)

まぁ水だけと言っても、疲れてくるわけで・・
途中にある道の駅「宇陀路室生」でひと休み。
b0270036_22422023.jpg

顔を洗ってさっぱりして、売店へGO!
b0270036_2242437.jpg

目当てはコレ。

暑い時はこれに限る!
(≧▽≦)ノ


その後、名張市内に入り(ちょっと交通量が多かったが)、いよいよ長い登りに差し掛かる。
PC3は青山高原にあるが、その登山路に入るまで10kmほど登らないといけない。
忍阪ほどではなかったが、ここもそこそこキツかった。

そして、この辺りから折り返してきたランドヌール達とすれ違うことになる。
なぜだかすれ違う彼らの顔はにこやかだった印象がある。。
なぜ!?(´・ω・`)

ようやく青山高原への分岐に到達したが、ここが限界だった。
ゼブラゾーンがあったので、その脇にバイクを置いて休憩。
脚はパンパンだし、腰も痛い!
今年は腰にクルことが多い気がする。多分準備不足なんだろうけど・・。゚(゚ノД`゚)゚

後から考えるとやはりココが一番の難関だったな。
つづら折れの登りが続き、ちょっと下るところはあるものの、休む暇もなく次の登りが始まる。
それが9kmほど・・。
こういうところを登る時は、腰、脚、腕、背中、要するに全身を使って登らないとダメなわけで、
頭では分かっていても、腰が粘れないと他の箇所に負担がかかり、結果ツラい乗り方になってしまうというわけだ。
うん、課題は見えたよ。だからもういいよ!(´Д⊂)
b0270036_22431097.jpg

すれ違うランドヌールから、「もうすぐですよ!」「着いたらコーラ飲み放題だよ!」とか声を掛けられた。
スポーツ選手やマラソンランナーがよく言うけど、こういう時に掛けられる声援ってキくね~(・∀・)
b0270036_22433478.jpg

PC3久居榊原風力発電駐車場 到着。
予定より1時間早く到着したが、そんなことはどうでもよかった。
とりあえずPCに着いてやったことは2つ。
コーラの一気と入念なストレッチだ。

今回のコースは良く出来ていて、往路は2回大きなポイントの登りがあるんだけど、復路は最後に1回ポイントがあるだけで、
復路での登りがあまりないという親切(?)設定となっている。

たっぷりと休息したあと、PC3を後にする。
青山高原を下る頃には16時代になっていたが、肌寒く感じた。これが20kmほど続くのでウインドブレーカーを着用。
b0270036_22443593.jpg

途中ソフトを食べた、道の駅「宇陀路室生」でうどんを食べる予定だったが、到着した18:00時点で食堂はもう閉まってた!
ありゃ・・こまったな。ここで食べないとこの後のディナーまでもたないぞ。。
仕方ないので、更に10km程先にあるPC4までがんばることにした。

で、とっぷりと暮れた18:30頃にPC4到着。
ここで軽食を摂って、先の目的地で本格的なディナーを、と思ったが、そこは当時の胃袋がそれを許さなかった。
b0270036_2244565.jpg

写ってないけど、おにぎり2個食べた。

写っているウィダーはこの時は食べてません(笑)

結局、この時ガッツリ食べてしまったので、それに満足してしまい当初の目的地には行かなかった。

満足した、というのはちょっと違うか。実は桜井という所で食を摂ろうと思ってが、実際に桜井を通ったのが19:30頃で、夜間走行があまりにも気持よくて、美味しいものを食べたい気持ちより、早く帰りたいって気持ちが先に立ってしまったのだ。
( ̄∀ ̄*)

PC4からはライト点灯!
今回もEL540とSF-353X、それと忘れちゃいけないDPX-233Hがいい仕事をしてくれました。
IPFのテールライトもバッチリだった!
それに、今回から電池をエネループ(白)にすることでバッテリー持ちが格段にUP!
結果からいうと、電池交換はEL540だけで、他のは最後までもってくれた。(・∀・)

PC4を出る時、スタッフの人に寒くなるよと言われたので、念のために持ってきた長袖ジャージを着用。
これが正解!快適だったわ(*´∀`*)

でもやっぱりナイトライドっていいな~(*´∀`*)
気温が下がって体が冷やされることによって、筋肉疲労が取れたように感じるからか、脚がよく回った。
車のヘッドライトには閉口するものの、だれも走ってない漆黒の闇夜をライトだけで進んでいくのって
なんか深海を進んでいくみたいですごく楽しい。
この区間が自分では一番たのしかったな。

最後の有人PC、PC5に着いたのは20:30頃。
まだここからゴールまでは75kmほどあるわけで、まだまだ気が抜けない。

とは思ってるが、体の疲労は確実に蓄積されており、いつもみたいにお腹が空いて脚が回らないという
ことはなかったものの、背中、手、足の裏に出てくる痛み。これが走行の妨げになっていた。
途中でコマメにコンビニに寄って休憩したことでかなり時間的にはロスしてしまった。
けども、今回の目標は「時間いっぱい使ってブルベを楽しむ!」だったので、ちっとも焦りはしなかった。

22時頃かな?紀の川を走行中に立ち寄ったコンビニで、自分のお腹がすごく冷えていることに気付いたので、ウインドブレイカーを着用した。お腹が冷えることは、自転車乗りにとって良くないことなのだ。
(´・ω・`)

23:30頃、ようやく通過チェックのローソン和歌山大垣内店に到着!
b0270036_22492747.jpg

この先に最後のプチ難関「雄ノ山峠」があるので、チキンラーメン(ミニ)で腹ごなしをして先に進んだ。

と、ここで思わぬプチトラブルが発生。
道を進んでいくがどうもルートじゃない気がする。。
しかも、GARMINのナビがルート表示されてないし、コースを外れた時のアラートも鳴っていない。
どうやら通過チェックPでバッテリーをいじった時にSTOPボタンを押してしまっていたらしい。
こういう時にはedge500は役にたたないので、スマホのmapで現在地を特定、元のルートに戻った。
このミスコースで20分はロスしてしまったかな。トホホ・・・

雄ノ山峠は往路にも通ったが、実は反対側から登り返す方、つまり復路の方がキツかったりする。
それを最後の〆にもってくるとは・・
ホントに楽なブルベはないもんだ。( ̄∀ ̄*)

雄ノ山峠も何とか登りきり、無事にりんくうに戻ってこれた。
b0270036_22495468.jpg

最後のフィニッシュ地点では、スタッフが飲み物とカップラーメンを振る舞って頂いた。
このラーメンを食べた時に「終わった~」って実感しましたわ。(*´∀`*)

何だかんだ言って、最終的には30分予想を上回ってのゴールとなった。
ミスコースしてしまったが、これもブルベ。一括りで楽しむことが出来たと思う。

一緒に走って頂いた方々、AJのスタッフ、売店のおっちゃん、本当にありがとう!





ただ、600kmってのはこれで半分なんだよね。。って思いながら家路につきました。( ̄∀ ̄*)ノノ
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-30 22:41 | 自転車(ブルベ) | Comments(0)

【BRM426 泉佐野300】 (前半)

b0270036_1837058.jpg

BRM426 泉佐野300が終わった~。
今年のブルベも3回めってことで、色々試したブルベだったが、
今回も無事に帰ってこれたことが一番うれしい。(´∀`)

上のは完走した人だけが購入することができるAJが作ってるピンバッジ。
認定メダルとは別物なのだが、距離や開催年によっても違う様なので一応買ってみた。

ではさくっとブルベの様子を流していこう。
と、その前に、今回のブルベではいくつかの目標や試したいことがあったので、それを
意識して走ってみた。
 「補給をしっかり摂る。コンビニ食だけじゃなく、美味しいものを食べるぞ!」
 「時間をたっぷり使って、楽しいブルベにするぞ!」
 「スタミナ調整の為に、なるべく低ケイデンス&心拍抑えめで走るぞ!」
 「お腹を冷やさないように、早めの防寒に努めるぞ!」
 「新しいアイテムが楽しみだぞ!(リアライト、フロントバッグ、エネループ)」


さてさて・・・
b0270036_18373715.jpg

ルート(往路)はこんな感じ。
途中に1回と折り返しで1回の山岳ポイントあり。
b0270036_18375252.jpg

今回はスタート・ゴールが泉佐野(りんくう)で、スタートは7時だった。
今まで都合4回のブルベに参加してきたが、ブリーフィング時点で明るいのは初めてだ。
やっぱり太陽の光って偉大ですな。( ̄∀ ̄*)

ブリーフィングも問題なく終了し、整備点検の後、いよいよ出走!
b0270036_1839391.jpg

走り始めの時って高揚感があって楽しいな!

スタート時はダンゴ状態なんだけど、程なくバラけるわけなんだが、
バラける前のこの時が私は結構好きだったりする。(・∀・)


最初の山岳ポイント(?)の雄ノ山峠もあっさり過ぎ、23km地点にある通過チェックポイントの
ローソン和歌山大垣内店に到着。ここではウィダーinゼリーとあんぱんを購入してすぐに出発。
あまりにも順調すぎて、写真撮るもの忘れるほどに。。(爆)

ルートは泉佐野を南に出てから、すでに紀の川を渡って東に方角を変えていた。
紀の川沿いは風が逆風だったが、この時は2,3人の集団走行だったので楽に進むことができた。
見ず知らずの人と気軽に集団走行できるもの、ブルベならでは!(・∀・)

PC1のサークルK五條病院前店に無事到着。予定より20分早い。(≧▽≦)
ここは有人チェックなので、カードにチェックを受けた後、何も購入せずに発った。

b0270036_1840536.jpg

さて、PC1を出て快走していく私だが、ちょっと寄り道を。

一緒に走行してた皆さんが「ミスコースですよ!」って顔してたけど・・
(´゚c_,゚`))

b0270036_18404120.jpg

吉野口駅。
ここは近鉄線とJRが乗り入れている駅だ。
昼食はここ食べようと思っていた。
予想到着時間は11時半だったが、1時間も早く着いてしまったのは想定外だったが(≧▽≦)

ここでご飯屋さんがあるので、そこで地元の料理でも食べようと思ったんだけど・・
まだ早いせいか閉まってる!Σ( ̄ロ ̄lll)
う~ん・・開店時間まではまだ結構あるぞ。
見渡してみるとお店っぽいところは一軒しかない。
b0270036_18411131.jpg


ここでお弁当でも買うか・・・orz

b0270036_18415549.jpg

このお店、中に入るとびっくり。色んなものが所狭しと並んでる。

野菜、ハムなんかの加工品、お菓子やお刺身なんかも!


昔はこういう店があったけど、最新のコンビニもびっくりの品揃えである。

お店の若女将に聞いたところ、残念ながらお弁当は置いてないとのこと。
柿の葉寿司なら近くにあるよとのことなので、それにしようと店を出ようとした時、あるモノに目が止まった。

大きなトレーに並べられた天ぷらやフライもの、それにパッケージされた惣菜類。

私:「あの・・・これは売り物じゃないんですか?(´・ω・`)」

店主:「売り物ですよ。今揚げたてやで!(・∀・)」

いやいや、これが欲しかったんですよ!
喜んで買うものを見繕っていたら、

店主:「白ご飯あっためようか?」

あるんやん!( ̄∀ ̄*)ノノ
白ご飯+お惣菜=お弁当!
ということで、ブルベ1食目がこちら。
b0270036_19291976.jpg

揚げ物4点、ポテサラ、こんにゃくの煮物、白ご飯 ¥570円
お店の人は何でも1品100円って言ってたけど、勘定が合わない。(´c_,`*)

b0270036_19293153.jpg

右回りで、コロッケ、かぼちゃ、海老、茄子
このコロッケ、(いや、ほとんどミンチカツだったけど)
バカ美味!!
海老もプリップリで、これ100円でいいの!?

ポテサラもこんにゃくも、全部高レベルだよぉおおおおお!!!
しかも安い・・・。( ̄∀ ̄*)
このクオリティがあんなお店(本当に失礼!)で売られているとは衝撃だ。
私の近所には数多く店があるが、総合的に勝てる店な存在しない。
田舎ってスゴイな。。(´Д⊂)
b0270036_19502831.jpg

自分がブルベに参加していることを忘れる程のインパクトだったが、必ず再訪することを誓って後にした。
ごっそさんでした!(≧▽≦)

思わぬごちそうに満足した後は、春の飛鳥路を進む。
b0270036_19504799.jpg

GWだからか、レンタサイクルで走ってる人も多かった。

石舞台、亀石、それに高松塚古墳、小学校の遠足で来たのが最初だったが、変わらず今でも観光名所だ。
(´∀`)


忍阪

さて、これを何て読むでしょう?

答えは「おっさか」
キューシートにフリガナが振ってあったので印象深いんだが、これの交差点を過ぎると2回めの山岳ポイントに差し掛かる。
b0270036_19511164.jpg

でたー!長くて見通しのいい阪ーー!
約7%の阪をえっちらおっちら・・・えっちらおっちら・・・

って、オイ!終わんないよ!!


この阪、めちゃ長くて辛かった(´Д⊂)
事前にルトラボでは見てたものの、ちょっと甘く考えてた。

「忍阪」・・・よく考えると「(きついのを)忍(んで登る)阪」じゃまいか!

これを何とか登りきり、PC2のローソン榛原篠楽店に到着。
b0270036_1956564.jpg
私にとって、白桃ゼリーは最早必須のアイテムです。
(´∀`)


まだPC2ですが、前編はこの辺で・・・<(__)>
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-28 20:06 | 自転車(ブルベ) | Comments(0)

(フロントバッグ)Altura Dryline Bar バック (装着編)

さて、神アイテムの臭いがするフロントバッグ、装着編。

そもそもこれを買おうと思ったのは、前回の大阪200の時に雨具を持って行ったら、
ORTLIEBのサドルバッグLだけでは荷物がパンパンになってしまった。
今後、300、400、600と距離数が増えていくと持っていくものも増えると思ったので、
新たなバッグの購入に踏み切った、というのが理由なわけだけど、考えてみると皆が皆
フロントバッグを持っているわけではない。だとすると、皆さんは一体どんなアイテムを
持って行っているのだろう?単純に私の荷物が多いだけなのでは・・?と思い始めてきた。
( ´ Д ` )

まぁ、それはさておき、折角買ったのだから次のブルベに持って行くべく、LOOK号に装着してみた。
ところが、予想外に難しいことが判明!( ̄∀ ̄*)
以下がその理由。
 1.アタッチメントがリクセンの専用パーツになるため、今までの自作コマ図フォルダは使えない。
 2.ライトを付ける位置を新たに考えないといけない。
 3.GARMIN EDGE500のマウンターを取り付けるスペースが無い。

1は、予想していたから問題ない。
だけど、あのマップケースはいただけない・・( ´ Д ` )
すぐに破れてくるのが目に見えてる。
(ちなみに接着型のマジックテープを買ってきて補強しようとしたけど、バッグ側に接着できなかった)
で、今まで使ってたコマ図フォルダのケースを流用することにした。

2.ライトも現行コマ図フォルダを使えないことから想定はしてたけど、ミスターコントローラーを駆使する
ことで問題を解決することができた。
かなり取り付けがシビアになってしまったが。。

3.これが一番の想定外だった。
リクセンのアタッチメントが幅を取ってるため、SRAMのマウンターも付けれなくはないが、ハンドルを持った
時に干渉してしまう。
これを解消すべく、リクセンのオプションで、このフロントアタッチメントに装着するマウンターがあることが分
かったので急いでゲット!
これで一件落着かと思われたが、そうは問屋がおろさなかった。

長くなったけど、とりあえずなんとかしてみた結果がコチラ。
b0270036_2315651.jpg

操作視野から。
b0270036_232777.jpg

コマ図やサイコンの視認性はかなり良い。(´∀`)

サイコンが変なトコについてるヨ!ってツッコミは後で処理します!

b0270036_233262.jpg

フォルダとバッグの取り付けは、乱暴かと思ったがボルトナットを使った。

一応ボルトにはネジロックを塗った。

さて、リクセンの専用アタッチメントが付けれなかった訳だが、これを見て頂こう。
b0270036_2334820.jpg

ステムの左にライトマウンターを取り付けることができた。(というかココしかなかった!)

フロントアタッチメントに付ける専用のマウンターオプションは、「マルチクリップ」というやつなのだが、
本来であればステムとフロントアタッチメントの間に差し込んで固定するのだが、私の場合はライト
マウンターが邪魔になり、どうあがいても取り付けることが出来ないことが分かった。(´Д⊂)

途方に暮れた私はGARMINに両面テープをつけて色んな所に貼り付けてみるものの(当然)引っ付かなかった。
でも、コマ図フォルダに貼った時、頭の中にベルが鳴った。(´゚c_,゚`)
使ってなかったGARMIN専用のマウンターをフォルダにボルトナットで固定し、そこに装着することに成功!
b0270036_2344830.jpg

これは我ながらいいアイデアだったと思う。

災い転じて何とやら・・である。( ̄∀ ̄*)

ついでに今回のブルベで導入したアイテムがもう一つ。
b0270036_2352588.jpg

バックミラーだ。

【BUSCH&MULLER】サイクルミラー
一度使うと離れなれなくなるというが、一応安全第一で臨みたいので購入した次第。
b0270036_2361259.jpg

これで見返り美人を自然に確認することができる。(´Д`(○== 

最後にライト。
b0270036_2364863.jpg

バッグの関係でバッグ下に持ってくる他なかった。

手の長いマウントを探したけど無かったので、うちにあったマウンター2個を駆使して取り付けることに成功。

でもワイヤー類を巧みにかわし、やっとのことでセットアップが完了した。

(2灯目はフロントハブに装着)

b0270036_237658.jpg


ちょこっと試走した感じでは問題なし。

ふぅ~、とりあえず機材の準備が整った。
コマ図の作成や持参するアイテムの整理が手付かずなので、今週はこれで終わるな。。
(´・ω・`)
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-22 04:00 | 自転車(パーツ・ツール) | Comments(2)

(フロントバッグ)Altura Dryline Bar バック (初見編)

英国より注文していた品が届いた。
b0270036_21445477.jpg

【Altura】 Dryline Bar バック

大きさは思ってたよりやや小ぶり。
b0270036_21452934.jpg

上部にはマップケースが付いてたけど、こちらはペラッペラだ。
ビニールシートって感じ。(´∀`)
これとバッグ本体はマジックテープで固定するんだが、マジックテープ
の接着面が少なく、走行中にバタつくのが容易に想像できる。

b0270036_2146533.jpg

マップを入れてみるとこんな感じ。さすがに雰囲気はでるね!

バッグの上部は250 x 160mm。
私の作ったコマ図はA5サイズなので、それを参考にしてくだされ。
(A4サイズの用紙は入りません)

b0270036_21483296.jpg

空きスペースがあるのでもしや・・・と思って入れてみるといい感じ♪(´∀`)
でもどうやって固定させるかが問題だな。

内側はどうなってるかというと・・・

b0270036_21484832.jpg

こんな感じ。
内側に貼ってある生地は防水っぽいけど、撥水効果は期待できないと思われる。
布の内側にポリプロピレンっぽい板の様なものが挟まっていて、バッグの整形、及び
防水対策にもなっているのかな?

b0270036_2149847.jpg

高さが結構あって、ペットボトル(500ml)を立てて入れることができる。
ちなみに(アタッチメントの)耐荷重は7kg。

b0270036_21492480.jpg

付属品
リクセン&カウルのフロントアタッチメント、しかも、ハンドルクランプが25.4mm用と31.8mmの2つのアタッチメントが付いてる。
これだけで2000円位はしたと思うので、かなりお得だと思う。

b0270036_21493779.jpg

注文はしていないが、こんなものが入ってた。
ジュニア用・・・なのか!?Σ( ̄ロ ̄lll)

今週はブルベに向けた準備とかで大忙し!
バイクへの装着編は次号にて!
( ̄∀ ̄*)ノノ
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-19 21:50 | 自転車(パーツ・ツール) | Comments(0)

ふたたび三田へ

b0270036_09195.jpg

春urara・・・
仕事中は週末の天気のことばかり気にしてたんだけど、晴れてよかった!(´∀`)

今日は猪名川~川西~宝塚~三田で職場の同僚の家に行くという、一昨年の夏にも行ったルートだ。
三田へ行くには六甲を超えなければいけないわけだが、自転車の門開いて間もない私はこの山越えを甘く見ており、
かなり辛かった思い出がある。
さて、どれくらい変わったのか。(´_ゝ`)

b0270036_09284.jpg

まずは神崎川沿いに北上。

出発時は少し肌寒かったものの、さすがに極寒期じゃないので
全然へっちゃらだ。

タイツをサーモタイツから春夏用のタイツに変えて大正解だった。
(´∀`)

b0270036_094427.jpg

ソメイヨシノは先週がピークだったな。



でも今年はお花見をしてなかったので、背中に忍ばせたおにぎりで
はや~い小休止。

b0270036_0114856.jpg

神埼川から猪名川へ。

ここもきもちいー!(´∀`)


今日は風もなく、本当に走りやすい日だった。
やっぱり自転車は冬以外。。。かな?(・∀・)

さて、猪名川を北上し、川西に当たるといよいよR176に突入だ。
しばらく東に進み、宝塚へ。
b0270036_01312100.jpg

じゃ~ん!
前回もここで写真を撮ったが、今回は時間が遅かったせいかたくさんのお客さんが来ていた。
出待ちか、入待ちか分からないけど、同じような感じの人がカメラをもってキレイに整列していたのが印象的だった。
そういえば人に聞いた話だが、夜に背筋を伸ばして歩いていると、音楽学校の生徒が先輩と間違えて挨拶してくるとか・・。
b0270036_014162.jpg
今年は100周年らしい。1世紀続いているエンターテインメント会社、組織って世界にいくつあるんだろう。
今日見た感じでは200年でも1000年でも続きそうだ。
これは一生に一回は見ておかないとダメだな。
( ̄∀ ̄*)


大きく脱線したが、この先はいよいよ山岳エリアとなる。
果てしなく続く登りで前回は這々の体でピークに辿り着いたが、傾斜自体はそんなにキツいというものではなかった。
b0270036_0163083.jpg

むしろ難儀したのは、狭い道のうえ交通量が多く、その大半が大型トラックということ。
そして渋滞するので、登りで止まってしまい、リズムが作れないことがしんどかった。

b0270036_014587.jpg

それでも楽に感じてしまったのは、やはり機材の違いだろうか?
自重はそんなに変わってないので。。。
( ̄∀ ̄*)


峠を超えると10kmほどで目的地に到着。
う~ん。。楽勝だ。(´∀`)
同僚の家で用事を済ませた後、三田に住んでるファミリーなら一度は訪れるという老舗のお店に連れて行ってもらった。
b0270036_927165.jpg

大正庵

うどんやそば、丼物、お寿司、なんでもござれ!
三田らしくぼたん鍋なんかの文字もあったな。
車が停めれて、こういうお店ってありそうでないんだよな~。
最近はチェーン店ばっかりで面白い店がないんだけど、
こういう店をみるとホッとするよ。(´∀`)


b0270036_9273660.jpg
天ざる ¥1,000

通常のサイクリングではコンビニでの軽食が多いんだけど、
やっぱりこうやってちゃんと食べたほうがいいと最近思う。
懐が痛いんだけどね~(´゚c_,゚`))



お腹を満たしたあと帰路に着いた。

帰りに気づいたが、三田の方は桜がそんなに散ってなくて十分見頃だった。
b0270036_9303088.jpg


春のライドって最高やね!(´∀`)
b0270036_9304291.jpg
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-13 00:26 | 自転車(ライド) | Comments(0)

フロントバッグ山脈

体を動かさないと何故か活発になる物欲センサー。
とは言いながら、そんなに高いものは一般サラリーマンの私には買えないわけで。

今年のブルベは200kmの認定を済ませてるので、あとは300、400、600が残ってる。
それに向けて必要性を感じているのが「フロントバッグ」だ。

現在はROSWHEELのサドルバッグに携帯やモバイルブースター、ORTLIEBのサドルバッグLに
着替えやレインコートを入れているのだが、結構パンパンでもうちょいゆとりが欲しい。

バッグはバッグでもバックパックを背負うのは最後の砦としたい。
他のランドヌールを見ててもフロントバッグを装備している人がいいので、私もいいな~って思ってた。

で、調べてみると以下の5点が候補に挙がった。

エントリー№1:mont-bell 「ツーリング フロントバッグ 9」
b0270036_1283473.jpg

価格:4900円
重量:460g(本体のみ)
寸法:H22×W26×D16.5cm
容量:9L
備考:アタッチメント別売り
    マップケース付属
所感:価格は適正。だが、アタッチメントを考慮すると+3000円かかる。付属のレインカバーで防水するのだが、降雨の時にバッグの出し入れが煩わしいと思われる。


エントリー№2:mont-bell 「フロントバッグ」
b0270036_129884.jpg

価格:3000円
重量:211g
寸法:φ15×25cm
容量:4.5L
備考:ステムにベルクロで装着する。
所感:ブルベでよく見かけるのがこれ。替えチューブや補給食、財布などちょっとしたものを入れるには丁度いいと思われる。防水性の記載がないので、降雨時には中が水浸しになる。ひとつ持っててもいいかもしれないが、やはり容量はもう一回り大きいのがほしい。


エントリー№3:オーストリッチ 「F-273K フロントバッグ」
b0270036_1292210.jpg

価格:7500円
重量:760g
寸法:H22×W27×D17cm
容量:9.6L
備考:アタッチメント、マップケース付属所感:容量が大きめで使いやすそう。但し防水性は無いので、降雨時はNGとなる。


エントリー№4:ORTLIEB 「アルティメイト6 L」
b0270036_129328.jpg

価格:13000円位
重量:710g
寸法:H21×W23.5×D17cm
容量:8.5L
備考:アタッチメント付属、マップケース別売り(2900円)
所感:防水性完璧!但しマップケースもそうだけど、モノのお値段が高い!wiigleでも取り扱いが無くなってるし、価格が安ければ・・・。ちなみに、よく見かけるアルティメイト5は廃盤でその後継が6らしい。


エントリー№5:Altura 「Dryline Bar バック」
b0270036_1294658.jpg

価格:5546円
重量:650g
寸法:H21.5×W27×D17cm
容量:7L
備考:アタッチメント、マップケース付き。軽防水仕様。
所感:リクセンのアタッチメントが付いてて、防水もまぁok。マップケース込でこの値段!スバライスイ(*´д`*)


という感じで、ORTLIEBは前までそんな高くなかったと思うだけど、ご時勢ってやつですかね。。(´・ω・`)
アルティメイト5は1万切で売ってたけど、もうどこにも無いようだし。。
しょうがないからアルティメイト6をポチりかけた時に、CBNのレビューサイトを覗いたら、
たまたまAlturaのDryline Barバックを見つけた。(・∀・)

防水が若干甘い気がするけど、コスパ的にも優秀なので、これでいいか、いや、これしかない!
ということでサクッと決定。
ただ、wiggleでこれをカートに入れてポチろうと思ったら、送料無料の対象金額に至らないって罠が判明。
3000円ほどお買い物をして帳尻合わせをする羽目になってしまった。(´・ω・`) 
なんだかなぁ・・。

自転車に乗り始めた頃は「フロントバックなんて恰好悪いわ!」って思ってたのに、
やっぱりジジィへの階段を確実に登ってるなと実感する今日このごろ。(´∀`)
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-07 04:00 | 自転車(パーツ・ツール) | Comments(0)

ホッと一息(自転車は?)

【朝】
05:30-00:00 起床
05:40-06:00 モカの散歩
06:00-06:10 モカのトイレ掃除&エサ
06:30-07:00  朝ごはん
07:00-07:30  奥さんのママチャリのパンク修理
07:30-08:00  ジュニアと遊ぶ
08:00-08:10  お風呂掃除
08:10-09:10  (通勤用)クロスバイク整備
09:10-10:00  ブログ漁り
10:00-11:50  買い物(LOOK号出動!)

【昼】
11:50-14:00  友人親子とランチ(ミートソーススパゲティ)
14:00-15:00  ジュニアと遊ぶ
15:00-16:30  早めの晩御飯(ミートスパゲティほか)
16:30-           おやつ
 ←今ココ

ふ~~~。。
今日はよく働いたぞ!(`・ω・ ´)
ママチャリのパンク修理、意外と出来た。要領はいつもと同じだもんね。

明日は今夜から降る雨で路面が濡れるので自転車では出かけたくないな~
とりあえず一息入れます。。

b0270036_16574807.jpg
仙太郎のカルカン?名前忘れた。。(←いつもの様に)
紅白まんじゅうの皮みたいなものと教えてくれたけど、なるほどモチモチしてて美味い。
ピンクのは桜の塩漬けやね。この時期なにと和菓子にはこれがもれなく付いてる(´∀`)
b0270036_16574869.jpg
同じく仙太郎の三色団子。
ほうじ茶、よもぎ、白、味の変化球が面白いですな!
(´∀`)

この他にぼた餅も食べたけど、中に青じそが入ってて、これまたいい塩梅!
和菓子ではダントツに購入率が高いお店だ。

今月末に向けてそろそろ準備しないとなー。
( ̄∀ ̄*)



[PR]
by nanahoshy | 2014-04-05 17:07 | 日々の生活 | Comments(0)

消費税8%

う~ん・・・

間が開いてしまったな。(´・ω・`)

書こうと思ってた記事はあって、写真もそこそこあったんだけど

記事を書くのに3日かけて、結局お蔵入りにすることに決めました。

ネタ的にもそんなにつまんないものではなかったんだけど、

なんか書いててノらなかったというか、面白く書けなかったというか・・。

私の文才が乏しいの一言なんですが、こういうこともあるよね!

(´∀`)


さて、4月になったので今日から新税率。

ナナホシ家でも3月中に何を買おうかと家族会議を重ねた結果、

大きな買い物はしないことにして、各々が欲しい小物を買おうと

いうことになりました。

奥さんはランイングジャージ、チビはクラブで使うシューズ、

そして私はコチラ。
b0270036_2210368.jpg


黒い箱。

中身は財布。

恥ずかしいので見せないけど・・・壁||ω・)*。ッサ:;*

前に使ってたやつはお気に入りだったんだけど、小銭を入れるところに大きな

穴が開いてしまって、修理もできないってことなので止むなく購入。

8%って小銭が活躍しそうな予感・・。

でも財布を買う時に店員の人に言われたけど、

小銭入れは別にもった方が財布は長持ちしますよ」と。

なるほどね。

私の様に日頃小銭しか使わない人間にとってはそれで十分なんだな。

小銭入れ・・・自転車乗りの私がすぐに連想したのは、防水がしっかり効いてて

扱いをぞんざいにしても大丈夫な優れたヤツ。

そいつの名前は「ジップロック」!


おあとが宜しいようで・・・

<(__)>
[PR]
by nanahoshy | 2014-04-01 22:28 | 日々の生活 | Comments(2)