for my Life

nanahoshy.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鳥取旅行

仕事の関係でバタバタと忙しく、珍しく更新が滞ってます(汗

え?いつも滞ってるだろ?

仕事で、というのが珍しいんだな。( ̄∀ ̄*)

そんな最中、鳥取へ行ってきました。
b0270036_7413029.jpg

自転車は一切関係なく、ただ単に家族旅行ですがね。(´゚c_,゚`)

大阪から鳥取って地図で見るとかなり離れているんだけど、
車で行く場合、高速で3時間弱で行けてしまう。
しかも中国自動車道 佐用JCTから北上する鳥取自動車道はタダという素敵なおまけつき。
そんなアクセスの良さを知って、実はナナホシ家としては初の鳥取入りとなったのである。

鳥取といえば「鳥取砂丘」が有名。
そこに行く前に、まずは腹ごしらえ。
b0270036_7414558.jpg

鳥取砂丘の近くにある丼専門店。

上は「猛者エビ」といって、鳥取名産の海老。
あまり市場に出回らない貴重なものだとか。
ボタンエビより淡白ではあるが、食感は似ててプリッとしてて甘みもある。
美味~~~(*´д`*)ハァハァ

下はチビ注文のミックスフライ丼?みたいなもの。
すごいボリュームだが、ちゃんと猛者エビも入っている。
フライにした猛者エビは柔らかいがプリッとした食感が消えていたので、
生食の方が好みかな。
( ̄∀ ̄*)


さて、砂丘!
b0270036_742037.jpg


真ん中の写真を見てもらえば分かる様に、
まぁそのスケールに驚かされる。

向こうの方に見えている丘まで歩くわけなんだが・・・

写真では分かりにくいが、向こうの丘まではすり鉢上になっていて、行きも帰りも結構な傾斜を歩かなければならないのだ。

ちなみに鳥取砂丘の広さは甲子園140個分だとか・・
( ̄∀ ̄*)

普通の海岸の砂と違ってサラサラしてた感じがしたが、砂漠と違って少し掘れば湿った砂が出てくる。
つまり水があるのだ。
その為、動植物が生息していて、それが砂漠との大きな違いらしい。
ちなみにサソリはいません(爆)


b0270036_7422765.jpg

iphoneのパノラマ機能で撮ってみた。

なかなかよいね!(´∀`)

b0270036_7431621.jpg


「梨ソフト」


鳥取のお土産屋さんに行けば、たいていコレが売られてた。(笑)


味は・・・梨の風味って元々薄いからね~(´゚c_,゚`)


さて、なんだかんだしてたらいい時間になったので、旅館へ。
b0270036_7435380.jpg


b0270036_744190.jpg

鳥取駅近くの旅館に泊まったんだけど、評判どおりとてもいい所でしたわ。
料理も美味しかったし、とてもくつろげた。(*´∀`*)


二日目、いつも朝が早いだけに、朝からダラダラ過ごすのが苦手なナナホシファミリー(笑)

さっさとチェックアウトして向かった先は、賀露港で揚がったばかりの魚介類が並べられてる「かろいち」、
その横に併設されている農産物の直売所「わったいな」に行ってみた。
b0270036_7444696.jpg

「かろいち」は、卸売り市場だが小売もできる市場。
でっかいアカイカやハマチが破格の値段で並べられていた。
残念ながら持って帰るわけにはいかないので、ひやかしになってしまったが・・・
「わったいな」は、鳥取名産の野菜やお土産が広い敷地に所狭しと並べられていて、
ウチにしてみれば宝の山であった。(*´∀`*)

梨もいろんな種類が売られていて、数種類をお土産にチョイス。
他にも山のような野菜を買い込んで、主となるお土産の購入は完了!
まー、今回の旅行は砂丘ではなく、ここがメインだったようなもんだが。
( ̄∀ ̄*)

その後は来た時に通った鳥取自動車道ではなく、下道を道の駅に寄りながら帰ったんだが、
売られているものはどこも同じ様なものだったな。
道は下道でも十分走りやすかったが。

b0270036_7445925.jpg

チビはこれが気に入った様子だった。
b0270036_7451127.jpg

持って帰れませんが。
( ̄∀ ̄*)

トトロに出てきたドングリでカンベンして!(笑)
b0270036_7452053.jpg


++++++++++++

~おしらせ~

まだ発表はできませんが、現在大きなミッションで多忙を極めております。
これからしばらく、更に時間がなくなりそうなので、
更新頻度が格段に落ちます。
一旦休止も考えましたが、そこはテキトーなブログなので、暇を見て更新していきたいと思ってます。
<(__)>
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-27 07:46 | 日々の生活 | Comments(4)

appleな日

2014年9月は、全国規模のある「お祭り」があった。

普段は参加しない私だが、今年は参加してみた。

b0270036_1121656.jpg


祭りとはappleのiphoneが発売日のこと。

よくテレビとかで何日も前から寝泊りをし、当日はappleストアのスタッフとハイタッチできるというアレだ。

ネタの為に寝泊りするほど暇ではないので、予約してちょっと並んで買った程度だったが、

十分にその熱狂ぶりを堪能することができた。

その経緯が以下のとおり。

 (9/12) iphoneの受付が開始される。ヨドバシカメラが玉数が多いと聞いたので、
      開始時刻の16:00に向け、15:00位から予約列に並ぶ。
      (結局予約が完了したのが16:37)
 
 (9/18) 9/19の発売日当日に受け取りが可能な場合、この日までに店からメールが届くはずなのだが、
      メールが届かない。
      ヨドバシカメラのhpに、当日受け渡すことのできる予約時刻の範囲がupされており、
      私の場合は16:15までに予約を完了した人が当日受け取れることが判明。

 (9/19) 発売日当日。appleストアでハイタッチ祭りが行われている中、私はもくもくと仕事をしていた。
      その夜、9/20に受け渡し可能な予約時刻の範囲がヨドバシのhpにupされる。
      ~16:30までが9/20に受け渡し可能な範囲であったので、私もココに入っていた。
      但し、店からはメールが来なかった。

 (9/20) お店は8:00からオープンに向けて、7:30位にお店に到着。
      すでに10~20人位の行列が出来ていた。
      お店に入って契約手続きを行い、お店側で端末の設定をしてもらって、 
      結局店を出たのは10:30くらい。



とまぁ、こんな感じだ。
誰が興味あるねんちゅーことだが・・・( ̄∀ ̄*)

発売当日に受け渡しが可能となる予約受付時刻は、キャリアやiphoneのタイプ、色、容量に
よって様々だが、たまたま私の選んだものが一番人気があったのか、店舗が用意していた台数が
少なかったみたい。
15分で当日分が予約完了っておかしいでしょ!( ´ Д ` )

以下、備忘録として記しておくことにする。

  ・ヨドバシで予約注文いれる場合、店舗で注文するのと、ヨドバシのwebサイトから注文するのは、
   結局同じこと。つまり、ヨドバシのwebサイトから自分で予約した方が早いってこと。

  ・今回auでは新型iphoneの発売と同時に、旧型のiphoneの買取キャンペーンを実施していたが、
   auのhpからオンライン予約した場合、それを機種代金に充当してもらえなかったらしい。
   (別途ポイントで付与される)
   私の様に店舗で買うか、auショップに直接行って買うかしないと、端末代金から引いてもらえないとのこと。
   (実際ヨドバシでは、auが提示していた買い取り金額(満額)で買い取ってくれて、それを新機種の
    代金に充当してくれた)

  ・ヨドバシから入荷案内のメールが来るはずだったが、私の場合は来なかった。  
   いや、正確には来たには来たんだけど、9/20に受け取り契約している時にメールが来た。
   遅いわ・・・(´゚c_,゚`)


b0270036_12121931.jpg

apple信者ではないが、やっぱりiphoneっていいなって思う。

機能的にはかゆいところに手が届くというか、シンプルだけど使いやすいのは流石だと思う。

ただ、ここのところ技術が極まってきたのか、新型といってもマイナーチェンジって感じが否めない。
b0270036_12155870.jpg

前世代に比べ、一回り大きくなったんだけど、手にとってみるとそうでもない感じ。

今回はもう2回りデカいiphone+ってのも発売されてて、持ちにくいだろうし誰が買うねんって
思ってたけど、お店では結構売れていた。
実際に手にとって比べてみると、やはり片手では無理だけど、アリだなと思った。

apple侮り難し・・・。


+++++++++++++++++++++

iphoneを購入した帰り、avelからzondaの見積もり返答があったんだけど、
想像していたとおり前輪だけの販売はなくて、修理する場合は新品が買える位の費用がかかるとのこと・・・。

聞きたくナーーーい (≧皿≦;)
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-21 12:26 | 日々の生活 | Comments(0)

いつもの道で分かったこと

やーやー、またもや空いてしまったな。
最近始めたスマホのゲームに嵌ってしまって・・・
( ̄∀ ̄*)

先週末のお話。
ちゃんと乗りに行きましたよ。天気もよかったし。

DNFしたブルベのことを思い返すと、どうも体がおかしかった。
イチローは自分の体調管理の一環で、マシンを使ってトレーニングをすることで、
自分の体の調子を図っているという。
私もいつもの練習コースを走って調子をみてみることにした。

薄曇が張った空だったけど、空気は気持ちよかった。
b0270036_6165362.jpg

まずは大和川CRを石川方面に進む。
流石に三連休とあって、道行くローディの数が半端なかった
b0270036_617571.jpg


赤橋をわたり・・
b0270036_6173096.jpg


起伏に富んだグリーンロードで金剛山を目指す。

ッフッフッフ・・
やはり体が重い・・。
( ´ Д ` )

平坦道はまだしも、坂道が上れない。

ここの分岐から上りが始めるんだけど・・
b0270036_618967.jpg

いつもなら少し息が切れるだけなんだが、
足こそ付かなかったけど、汗はダラダラ、息はゼーゼー、
かなーりしんどかった。

むぅ・・・これは・・・


うすうす気付いていたものの、それを認めることを拒んでいたが・・・




私、太ったね!(≧▽≦)>

自転車に乗れてないのに、いつもの分量を食べたことで要らない肉が付いてしまっていた。
ゲームをやりながらおかしをボリボリと・・・
ひと夏の過ち・・・(´;ω;`)ブワッ

よし、悪いところが分かったので・・
b0270036_6192298.jpg

ガーっと下って・・
b0270036_6194282.jpg

ぷはぁー!
この為に生きてるね!
(*´д`*)ハァハァ


え?
何か!?( ̄∀ ̄*)


そう、金剛トンネルまでは行かず、途中で引き返したのだった。
用事があったからしかたないのだよ、ワトソンくん。
(´゚c_,゚`)

またCRにもどり・・
b0270036_6201340.jpg

茂ってるね。


b0270036_6202249.jpg

ジャングルかっ!


3時間で70kmちょい。
少し物足りなかったかな。
b0270036_6203526.jpg


今週もサイクリング日和となりそう。
どこいこかな♪
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-20 06:21 | 自転車(ライド) | Comments(0)

三連休はサイクリング日和

三連休は予定なし。

本来なら600km走った後なので、休憩の意味でどこにもいくつもりはなかったのだが、
DNFで体力は有り余ってるわ、家に居てるのがもったいないくらいの秋晴れなので
やはりサイクリングに行くことにした!
(*´∀`*)

いつもなら目的地を決めてズバっとルトラボでルートを作ってedge500にインストールするのだが、
今回は行き先は決めず、気の向くままに進んでみようと思う。

というわけで、出発はいつもより遅めのam8:00。
フロントはzondaがまだダメなので、カムシンに変えていざ出陣!
と思ったら、リアタイヤがパンクしてまんがな。。
(´・ω・`)

ま、いいか。
ゆっくりやりましょ。ヽ(´∀`)ノ

時間があるので、チューブ交換ではなくて、パッチを当てることにした。
家なので何でも揃ってるしね~。

さっそくチューブを外して、空気を入れて・・。
b0270036_1536963.jpg

水桶の中にジャボン!
さてさて・・どこだ?穴が空いてるのは??


・・・



・・




どこやねん!!ヾ(*`Д´*)ノ

探しても探してもエア漏れが確認できない。
当然、バルブの箇所もつけこんでいるが、どこからも空気がもれていない様に見える。

空気圧が弱いからか?
とチューブがパンパンになる位まで空気を入れてみる。
b0270036_15375091.jpg

入れすぎ!?(´・ω・`)
でもこんなに入るんだな。。

空気をいっぱいにしてみてもエア漏れが確認できず。。
石鹸水で検査してもやはりエア漏れの箇所は特定できない。
(-ι_-)

しかたないので、新しいチューブに換装してパンク修理は完了。
下は新しいチューブとパンパンに膨れ上がったチューブ。
b0270036_1543175.jpg

チューブもゴムだったんだということを忘れていた。
( ̄∀ ̄*)

パンク修理している時に自転車をひっくり返してたんだけど、
バイク下に付けているツールボトルの接合部がひどく汚れている。
丁度いいのできれいにしてあげた。

やれやれ・・とバイクを起こした時に、表面保護シートがめくれかかっている箇所や、
劣化している箇所を見つけたので、それも貼り直してあげる。


パンク修理から始まって、表面保護テープの修繕。
気が付けば何故か10:00前・・・


もうええわ。。(´_ゝ`)=3


ということでゴロゴロdayになったのでありました。

おしまい。
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-14 15:44 | 自転車(未分類) | Comments(0)

ビワイチ(特盛)3

ビワイチ特盛の話の続き。
 前回までの話は、コチラコチラ

半時計周りのビワイチの場合、琵琶湖の形状から後半の方が距離があるのは必然。
しかも、今回は後半が向かい風という嬉しいプレゼント付き。
後半にいかに体力を温存しておけるかが鍵となる。

次のポイントである、水鳥ステーションを目指してペダルをくるくる回す。
ここは名前のとおり水鳥を観察できる施設になっており、観光客も多い。

15:02 201.2km 水鳥ステーション
b0270036_7321415.jpg

建物も鳥がモチーフの様ですな。
(´∀`)

ここでは、若鮎の天ぷら(揚げたて!)や数々のお惣菜が並ぶので、お昼時には大人気の道の駅なのだ。
先ほどランチを食べたばかりだというのに、売り場を一回りしたところ、とても気になるものがあったので買ってしまった。
b0270036_733511.jpg


ういろう
(´∀`)


確か名産は名古屋だったと思うけど、これはこれで美味そうだ。
(*´∀`*)
b0270036_7334615.jpg

こんにゃくみたい。
食してみると、予想どうりプルプルもちもちの食感で、甘すぎず黒糖がいい塩梅で効いている。
自転車で来ていなければ、ダース単位で買って帰りたい!
一つをお腹におさめ、残りはフロントバッグに詰め込んで出発。
b0270036_73492.jpg

次はひこにゃんのいる彦根がポイントなのだが、水鳥ステーションからは20kmほど離れている。

15時を過ぎ、昨夜ろくに寝ていないのがここら辺からジワジワ影響してきた。
向かい風の影響はさほどだが、30度を越す気温、照りつける太陽は、予想以上に体を蝕んでいった。
片側一車線でトラックや大型車がビュンビュン行き交う為、後方の車のことをずーっと気にしなくてはいけない。
このストレスが長時間続くことで、精神的にも身体的にも疲れてしまったんだと思う。
(結局泉佐野600でも同じ様な体験をする羽目になるのだが、こういうトレーニングが足りなかったんだなと思う。)

気を入れてペダルを回すも、何だか気合が入らない。
はっきりと疲れていると実感できた。ハンガーノック?いや、そういうわけではない。
む~、、まだ300も入ってないぞ?
足や腰など痛みが生じてるわけではないが、やっぱり前日寝てないのがいけないのかな。。
この時は、来週の600が大丈夫かなと、だんだん弱気になっていった。

途中何回かコンビニで小休止。
疲労は相変わらずだけど、補給出来る所が適所にあるのは助かる。
でも、この頃から店に入って商品を物色しても、何が食べたいのか分からなくなっていた。
何か摂取したいのだが、お腹が気持ち悪いのだ。
ちゃんと出せてないのがダメなんだろうな・・・。
COME ON !BENTSUUUUU!
 Щ(゚ロ゚щ)カモ-ンщ(゚ロ゚щ)カモ-ンщ(゚ロ゚щ)カモ-ンщ(゚ロ゚щ)カモ-ン

予定では日が落ちる前に琵琶湖大橋東口に到着しているはずであったが、
10kmほど手前で薄暗くなってきた為、ライトを点灯しての走行を余儀なくされた。
相変わらず狭い道で交通量も多かったので、ミラーに映るヘッドライトが気になって仕方ない。
やはりここは夜走る道じゃないな。(´・ω・`)

19:03 266.43km 琵琶湖大橋東口 着
ようやくポイントに到着した時には、とっぷりと日が暮れてしまっていた。
b0270036_7355076.jpg

相変わらずお腹は空いてなかったが、なんとかスープとおでんと、水鳥ステーションで買ったういろうをお腹に収めたら、ようやく少し落ち着いた。
b0270036_7353516.jpg

ここから家までは約100km。
たぶん途中で寝るんだろうなぁ(笑)と思いながら、ライトを灯けて出発した。

(ナイトライドのため、ずばっと省略!)
湖岸道路~瀬田~宇治川ラインを来た道を逆走するかたちで進む。
川の冷気がいい加減に足を冷やしてくれて、何事もなく宇治まで抜けることができた。
宇治に時点で22:00。

次はもう自宅まで3時間ほどなので、ノンストップで帰ろうと思っていた。
が、やはり睡魔に耐えられなくて、途中人目のつかないガレージや川原で仮眠した。
この涼しい時期でよかったよ。
( ̄∀ ̄*)

写真はないが、途中で燦然と輝くラーメン屋さんの看板があり、誘蛾灯に引き寄せられる虫のごとく引き寄せられてしまった。
ラーメン&ライス完食。
う~ん・・・やはり夜中に食べるラーメンは200%増しでうんまい!
(*´д`*)ハァハァ

3:00帰着
b0270036_7351184.jpg

結局24時間かかってしまった。
しんどかったなぁ。。
この時は寝不足が原因だと思っていたが、やはり走りこめてないのがいけなかったんだな。
翌日にはきっちり筋肉痛に襲われたのにそれに気付けなかった。

でも自走で琵琶湖一周してもどってくるという当初の目的は達成できたわけなので、よしとしよう!

また走ってみたいな。ビワイチ。
(*´∀`*)
b0270036_736931.jpg

走行距離:363.3km
走行時間:14:44:50
経過時間:24:00:57

[PR]
by nanahoshy | 2014-09-13 07:37 | 自転車(ライド) | Comments(0)

BRM906 泉佐野600 【~PC2】

18:07 PC2着
ここにはPC1よりも多くのランドヌールが居た。
皆かなり体力を消耗してる様だった。

DFNをどうするか考えるのは後にして、とりあえずお腹に何か入れることにした。
b0270036_72286.jpg

焼きオムライス ハンバーグのせ

予定では先のお店で「とびうお丼」のつもりであったが、スタッフ情報でこの時期にとびうお丼はやってないという衝撃事実を知らされる。
どのみち時間も無かったので行くつもりはなかったのだが・・・。
(´゚c_,゚`)

雨雲レーダーを見てみると、仮眠場所である長島あたりが真っ赤で、何でも雹が降ってるらしい。
ただ、我々が向かう頃には止んでるのではないかと話してたら、突然降ってきた。
通り雨の様だが、こんな感じで突発的に降ってきそうな雲行きだ。

近くにいたスタッフにDNFしようか迷ってると話してみた。

ナナ:「実はここでリタイアしようと思ってるんですが・・(´・ω・`)」

スタ:「え!?ホントですか?」

ナナ:「体調も良くないし、機材も万全じゃないので。でも電車では(今日中に)帰れないですよね?」

スタ:「あー、まだ間に合いますよ。20:26発の列車があったはずです。(´∀`)」

ナナ:「マジですか!?Σ( ̄ロ ̄lll) でも輪行袋持ってないし、JRはビニール袋輪行ダメでしたよね?」

スタ:「ダイソーが駅の横にあったはずなので、そこで色々揃えられると思いますよ!(´∀`)」

ナナ:「ここから駅まで遠かったして・・?(´゚c_,゚`)」

スタ:「5分もかかんないですね(´∀`)」

ナナ:「・・・・( ̄∀ ̄*)」

なんだかDFNを助長させられてる様な会話だが(笑)、決めるのは自分なのだ。
目を閉じて考えることしばらく・・・

18:50 私は自転車を降りることを決めた。

スタッフにDNFを告げ、急いで駅近くのダイソーに向かった。
雨は止んでおり、ちょっと走るとすぐに駅もダイソーも発見することができた。

※以下、輪行バッグを持っていない私が、在りあわせのもので強行的に臨時輪行バックを作るという
 話なのですが、鉄道機関によっては、ビニール袋などで作った輪行バックを許可してもらえない所や、
 普通の輪行バッグでも最近は車体の一部が外に出ていてはいけなかったりします。
 あと、公共機関を使うことになるので、公共機関側に許可して頂くということ、他のお客さんもいると
 いうことを忘れてはいけません。それらを総合すると、やはりゴミ袋を使用すると景観が良くないと思う人
 もいたり、強度に問題があるので、こういった簡易の手作り輪行は決して推奨するべきではないと
 私個人的には思います。
 今回のは緊急・臨時措置という認識で捉えてください。
 よろしくお願いします。
 <(__)>


100均ってホントに便利だなー。
ブルーシート、クッション材、ガムテープ、紐などなど、要りそうなものは全て揃っている。
エンド金具を除けば、ほぼ必要なものは揃ってしまった。
しかもレジでは1000円でおつりがくるという・・・(汗

駅のエントランスで輪行の準備をしていると、途中で一緒に走っていた年配の男性と、同じくPC2で見かけた女性がやってきた。
この方達もDNF組だったが、次の日は熊野大社とか観光に行くとかで、私とは行き先が逆方向らしい。
お二人ともちゃんと輪行袋を持っていて、手馴れた手つきで自転車を収納していた。
やっぱり輪行袋っているよな・・・。

私の即席輪行パックも完了し、やっぱりダイソーは偉大だなと思った。
b0270036_731380.jpg

時間が来たので3人で一緒にホームに移動してお話をしていて分かったのが、男性のローディは何とAudax神奈川の代表の方だとか!
女性の方はお友達と話しておられたが、話の楽しい方だった。
(*´∀`*)

と、向かいのホームから駅員さんが何やら叫んでいる。

「津久野方面に行かれる方~! ホームが逆ですよ!!!」

津久野方面? 私だ!
しまった!ついつい一緒に来てしまったが、行き先が逆だった・・。( ̄∀ ̄*)
急いで移動するにも両手に重いものを持ってるのでヒョコヒョコとした移動することができない。
見かねた代表さんが荷物を運ぶのを手伝ってくださった!
ありがとうございます!!
(´Д⊂)

お二人とも話せた時間は短かったけど、おかげでDNFでブルーだった気持ちを少しやわらげることができた。
いずれどこかのブルベでお会いできればいいな。その時は何か美味しいものでもおごらせてください(笑)
ホントにありがとうございました!
b0270036_734818.jpg

電車に乗った私は家と関係者にメールした後、すぐさま夢の国に旅立った。
目的地まで4時間という長旅だったが、殆ど覚えていない。

電車はりんくうまでは行かず、途中の駅までしか行かなかったので、そこから自走してスタート地点まで戻った。
駐車場はひっそりとしており、車の数だけ頑張ってる人がいる証拠。
心の中でエールを送り、自転車を仕舞って帰途についた。

こうして私のBRM906、引いては2014年度のブルベが幕を閉じた。
b0270036_74945.jpg

++++++++++++++++++++++++++

DNFとなった経緯やどういった心情だったのか、事細かに綴ったつもり。
願わくば、これを後から読み直した時に、今後の何かに繋がればいいなと思う次第である。
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-12 04:00 | 自転車(ブルベ) | Comments(6)

BRM906 泉佐野600 【PC1~】

ようやくたどり着いたPC1、スタートから118.8kmの位置だ。
とりあえずスタッフからブルベカードにチェックを受ける。

DFNのことは頭にあったけど、空腹を満たしてから考えようと店内に入った。
コンビニに入ると、ランドヌール達がカブトムシの様にドリンクコーナーに群がっている。
ドリンクコーナーの冷気をあんなにありがたいと思ったことはない。
( ̄∀ ̄*)

さてと、昼飯昼飯。
予定では近くのお寿司屋さんで「太刀魚丼」を食べるつもりだったが、時間的にそんな余裕はなかったのでコンビニ飯で済ますことにした。
b0270036_21514240.jpg

半熟卵のカルボナーラ、ゼリー、そしてコーラ
何かエネルギーになるものをとこのチョイス。
 ↑まだチャレンジする気がうかがえる。

丁度日陰の場所がぽつんと空いてたので腰を下ろすとこんな応援団が。
b0270036_21515410.jpg

おやカメムシ君。
普段ならシッシッってやるところだが、今は同じくらい臭いので放置しておいた。
(´゚c_,゚`)

暑いなか熱いものをを食べると、エネルギーを注入している気になる。
お腹を満たして頭も冷めてくると、もうちょっとがんばってみるかという気になった。
(´∀`)

と、コンビニに入ろうとしたチビッコが私が座っている後方に視線を移したとたん、すごい勢いで逃げていった。
なんだ!?と振り返ると・・・

b0270036_21523323.jpg

大量!!!(≧皿≦;)

これ全部カメムシかいっ!
この日陰の好位置が空いていた訳がやっと分かった。。

まだPC1だか足のハリが出てきていたので、いつものストレッチをしてからPCを後にした。

【PC1~PC2】

PC1からは主にR42を南下する訳なんだけど、これまた苦行であった。
( ´ Д ` )

まずは暑さ
PC1を出たのは14時過ぎだったので、この日一番高い気温だったはず。
噴出す汗が尋常ではなかったもん。
熱中症対策に塩アメを舐めたり、腕や足に直接水を掛けたりしたが、体力ゲージがみるみると減っていくのが分かった。

ひたすら続くアップダウン
ルートを見た時から覚悟はしていたものの、PC1までにあった様なアップダウンがしばしば登場する。
というか、殆どがアップダウンじゃなかったんじゃないだろうか・・・
普段ならクリアできる傾斜も、雨具や長距離用の装備でいつもより5kg重く、自重もダイエットを怠ったことにより3kg増。
足を節約するゆとりなど微塵もなく、全力で超えて行かなければならなかった。

交通量の多さ。
来年の和歌山国体に向けて、今南紀一帯は建設ラッシュだった。
3台に1台はダンプという位、ダンプの通行量が凄まじい・・・
R42は片側1車線が多いので、ゴーゴーと迫るダンプ、中には10cmのクリアランスで通り過ぎる輩もいて、それは恐怖以外の何者でもなかった。
b0270036_2155248.jpg

この三つ巴の怪物、まさにキングギドラが今回の敵なのであった。
そんな敵に対応すべく、何度も何度も補給に立ち寄った。
b0270036_21553350.jpg

やはりこいつは美味い!
(*´д`*)ハァハァ

しかし、補給の度に少しは回復するも、すぐに消耗してしまう。
焼け石に水とはまにこのこと。。。( ´ Д ` )

5時を過ぎると日も陰り、それに合わせて工事車両も段々と減っていった。
昼間に比べると格段に走りやすくなっていたが、串本に入る頃になると、PC1の時と同様、肉体的にも精神的にも疲弊していた。
b0270036_21555445.jpg

PC2に着いてもまだ半分も行ってないし、おそらく明日は雨になるので、それに対する体力が残っていない、しかも機材にも不安がある・・・
こういう時ってマイナス思考になりがちだな。

弱気になっていた私だが、仮にDFNするにして、もう電車はないだろうし、泊まり+電車って所持金が足りるのか?
それに輪行袋をもってきていないし、やっぱり頑張るしかないか・・。
などと冷静に分析してる私もいたのであった。
b0270036_2157290.jpg


長くなったのでここで一旦区切りまする。。
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-10 05:00 | 自転車(ブルベ) | Comments(1)

BRM906 泉佐野600 【スタート~PC1】

今回の泉佐野600というブルベは、すごくいっぱいの「初」があったと思う。
結果としてはDNFという、出走前はこれっぽっちも考えていなかったことになってしまった。
後からまた変わるかもしれないが、記事を執筆している翌日では後悔はしていない。
意外とサバサバしてたりする。(´゚c_,゚`)
私にとってブルベとは楽しい「遊び」であり、それも自転車と自分の体、自然、他のローディなどなど、ゲームで例えるならパラメーターとなるものがすごくいっぱいあって、それらとうまくつきあいながら進めていく冒険の様なものだと思っている。
うまく書けないけど、残念だったけど、また挑戦する!っていう思いがあるから、平気なのだと思う。

長くなるといけないので、さっそく本編を回想しながら思ったことを綴っていこうと思う。
(`・ω・´)ノ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【スタート~PC1】
b0270036_23283669.jpg

AM6:30 スタート地点の天気は何かを予兆させるようなどんより雲。
予報では午後から崩れるらしい。
とりあえず、サドルバックにカッパを入れ、昨晩急遽ウエパーに買いに行ったレインシューズカバーはフロントバッグに忍ばせてある。

泉佐野を起点とするブルベには以前参加したことがあるが、600kmの為か何故か皆さん歴戦の兵ばかりに見えてくる。(´・ω・`)
中にはアイチを拠点に活動なさっている某めばるくんさんの姿もあった。

ブリーフィングが始まり、道中は開発工事で工事車両がバンバン通るということだった。
むむ・・先週のビワイチみたいな感じになるのね・・・(´・ω・`)

車検が終わり、早速出発だ!
b0270036_233049.jpg

AM7:00 スタート
最初はいつものとおりパレードラン。
5,6名のメンバーでしばらく進む。
b0270036_23342548.jpg

オダ近では御用達の雄ノ山を抜け和歌山へ入る。
紀ノ川を越えて少しアップダウンを抜けると海南に入り、海沿いの道へ。
b0270036_23345080.jpg


海が見えるとテンションあがるわ~(´∀`)

そのうち見飽きることになるんだろうけど(笑)

「ポイントその1:初めての事故」
みかんで有名な有田、醤油で有名な湯浅に入ったところでトラブル発生。

走行中にキューシートにチラッと目を落として前を向くと前の方が減速!Σ( ̄ロ ̄lll)
集団走行で車間が開いていなかったのでブレーキが間に合わず、とっさにハンドルを左に切った。
ハンドルを切った方向には高さ20cmのコンクリートの段があり、そこに思いっきり乗り上げてしまった。
体重が乗ったまま乗り上げたので、自転車は思いっきりバウンドしたが、幸い落車には至らなかった。
すぐにタイヤチェックをしたがその時は大丈夫そうだったので、すぐにリスタートした。
(当然この時点で集団から外れる)

★ここでの教訓
「チラ見運転」ダメダメ!
集団走行中は常に前走者の一挙手一投足に気を配る必要があるんだけど、それが出来てなかったですね。
何かを確認する時は「止まった時」、これが大原則。


AM9:50 パンク修理スタート
リスタートするも、ものの数百メートルでパンクしていることに気付く。
パンクの修理自体は初めてではなかったが、ブルベ中にパンクになったのは初。
ツールボックスをひっくり返して、必要なものを出していく。
と、ここで今まで使ったことのなかったものが出てくる。

「ポイントその2:初めてのCO2インフレーター」
そう、今まで私は携帯ポンプでエアを入れていたのだが、ロードの購入を機に、CO2インフレータとボンベも購入していた。
ポンピングの時間を短縮できるという狙いがあったのだが、実は今まで一回も使ったことがなかった。
購入した当時は使い方を勉強して分かっていたが、すっかり頭のメモリーから消去されており、
頼みのスマホで使いかたを検索するも、商品名が正確に分からなかった為、検索に至らなかった。
このインフレーターの使い方は後日やるとして、とにかくこれが失敗なのであった。

結局ボンベでのエア注入に失敗し、万一の時にと忍ばせておいた携帯ポンプでエアを入れた。
ふぃ~時間食ったわ。
時間を見ると10時20分、なんと30分も経過していた・・・( ´ Д ` )
通常前輪なら10分程で交換できるので、このロスは痛すぎる。

★ここでの教訓
慣れないことはするもんじゃない。
使い方が分からないものは持っていかない。


しゃーない、まだ貯金はあるもんね。
と勇んでペダルをこぎ出すと、後ろからゴリゴリという感覚が・・・

なんと、リアタイヤもパンクしてしてるぅうううううううう!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

「なんて日だ!(:.;゜;Д;゜;.:)」

頭の中ではバイきんぐ 小峠氏のつっこみがリフレインしていた・・・
仕舞ったばかりのツールをもう一度出し、今度は手早く処置が完了した。
もちろん携帯ポンプを使って・・・(´゚c_,゚`)

それにしても、多すぎると思いながら、持ってきたチューブは3本。
ここで一気に2本も使ってしまった。
まだ序盤・・・残り一本でいけるのか?
一気に不安が高まる。。( ´ Д ` )

スタートは結構早く出たものの、このパンク修理の間に殆どの方に抜かれてしまった。
時間をみると10時45分・・
この時間ロスは痛すぎる。

でもまぁ残り時間と距離から逆算してもあきらめる程ではない。
ランドヌール達が通って行った道を一人進みだした。

ここからPC1までは56kmほど。
高低図を見ると細かいアップダウンが続くとは分かっていたが・・・
b0270036_23455096.jpg

細かい、ね・・・( ´ Д ` )

天まで貫かれているような上りだが、下ったと思うとまた同じ様な上りが出現した。

「ポイントその3:初めての真夏ライド」
それにしても暑い。天気予報の「曇り」は大ハズレだ!!
穴という穴から汗が噴出している感じ。(:.;゚;Д;゚;.:)

私はデスクワークなので、今年の夏の真昼間の外気がどれくらいのものなのか知らない。
しかも、7、8月の週末は殆どが雨だったので、照りつける太陽の下でのライドというのが今年初めてとなっていた。

冬のライドは寒さが体力を奪っていくが、夏は熱で体の中が沸騰するようだ。
ここでは2ボトル体制が功を奏したが、それでもボトルの中はみるみると減っていった。

★ここでの教訓
練習不足とはまた違った、環境順応が出来ていないことがダメですな。
寒いならその寒さに、暑いならその暑さを知っとくべき。


途中のコンビニで補給をするのだが、購入したコレはたまらなく美味かった!
(*´д`*)ハァハァ
b0270036_23482336.jpg


再び走り出した私は、妙なことに気が付く。
前ブレーキをかけると、コツコツと何かが当たってる感触がある。
この感じは、スポークのテンションが緩むことでフレームにフレが出たときに起こる事象だ。
きっとさっきの事故でフレが出てしまったか?
これで最後までいけるのか?
頭の片隅にイエローランプが点灯した。

しかしこのいつまでも続くアップダウン、容赦無い暑さ、それに向かい風の三拍子は、
2ヶ月間サボっていた私にとってはとても耐えられるものではなかった。
これはあかん。。眩暈もするし。

ここで私は始めて「DNF」ということを考え始める。

SRの掛かったこのブルベでリタイアすることなど、これっぽっちも考えておらず、自分は絶対にしないと思い込んでいた。
しかし、いくつもの要因が重なり、肉体的、精神的にも弱くなっていた私は、それもアリだと思い出していた。

それでもPC1までは行かないという思いがあったので、そこまではがんばった。

PM1:20 PC1着
着いた!
ようやく着いたよ。
b0270036_23491299.jpg


さて、どうするか。

気になる続きは次回にて・・
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-07 23:54 | 自転車(ブルベ) | Comments(6)

BRM906 泉佐野600 【速報】

SRのかかった大事なブルベでしたが、残念ながらDNFという結果で終わりました。

いろいろ、いろいろいろいろいろいろ・・・反省箇所はありますが、

まとまったらUPしま~す。
(´・ω・`)ノン
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-07 16:31 | 自転車(ブルベ) | Comments(2)

ビワイチ(特盛)2

ポッケに入れていたはずのスマホがない!
あちこち探してみたが、やはり見つからない・・・(´Д⊂)

これに気付いたのは、真野のコンビニの400m手前。
たしか雄琴温泉付近で見たのは確実に覚えてるし、さっきの交差点でも見たような・・

とにかく急いで着た道を引き返し、落し物さがしの時間が始まった。
朝早いし人の通りも少ないからすぐに見つかるかもしれないという期待は、
3km戻っても発見できない現実に淡く消えていった。
途中、ガソリンスタンドで借りた電話で自分の電話にかけたところ、留守電になっていた。
( ´ Д ` )

留守電になるってことは、誰かが電源を切るか、破壊されてしまったことが考えられる。
いずれにしてもいい結末は迎えられそうにない・・・
更に数キロ進むも発見には至らず、丁度交番があったので、紛失届けを出すことにした。
b0270036_2155641.jpg

ところが事態は一変する。

紛失届けを出すのに名前と電話番号を伝えたところ、
なんと既に別の交番に届けられているというではないか!!!
場所は大津北警察署、拾って頂いたのは「琵琶湖大橋交差点」。。

あそこか!!
(´゚c_,゚`)ノノ


交番のおまわりさんにお礼をいって、また来た道を全速力で戻った。
大津北警察署では返却手続きをし、無事に手元に返してもらうことが出来た。

アスファルトに落下したにも関わらず、ケースに少し傷がついた程度で、本体は全くの無傷という奇跡!
だが、拾ってくれた方は名前を伝えていかなかったのでお礼ができなかった。
こんな辺境のブログなどご覧にはなってないと思うが、一応この場を借りて・・・

スマホを拾って警察に届けて頂いたこと、本当に感謝しています。
お礼を伝えることが出来ないのが残念ですが、貴方の親切のおかげで私は幸せな一日を送ることができました。
本当にありがとうございました。
ぺこ<(__)>


落し物がすぐに戻ってきたのは良かったが、1時間ほどロスしてしまった。

ここまでで1つの記事にしたいところだけど、まだビワイチは始まったばかり。。
残りはマキでいきます!(笑)

【08:55 111.7km サークルK大津真野店】
とりあえず当初のポイント、真野のコンビニで休憩。
b0270036_2182255.jpg


時間はロスしてもしっかりと補給は摂る!

( ̄∀ ̄*)

次はどーんと飛んで、山岳エリアのある奥琵琶湖の手前、マキノが休憩ポイント。
b0270036_2185075.jpg

遅れを取り戻そうと35km/hで進行。
向かい風じゃなかっただけいいけど、それでも心拍は145~150台、しんどいわ!
( ´ Д ` )

【11:10 155.0km ファミリーマート高木浜一丁目】
b0270036_2199100.jpg

炭酸とおにぎり、フルーツゼリーを補給。
後からみるととんでもない食い合わせだな( ̄∀ ̄*)

コンビニを後にして府道54号線方向、東に進路を変える。
いよいよ琵琶湖北側、奥琵琶湖の山岳エリアに突入だ!

山岳エリアといっても標高差266m 平均勾配3%というもの。
実質の上りに行くまでは、湖畔の道をゆるりと進むことになるので、まったく構える必要はない。
b0270036_2194231.jpg

b0270036_2110637.jpg

b0270036_21102586.jpg


この看板の先からつづら折の登りが始まる。
b0270036_21104118.jpg

いやぁ、平坦な道は誤魔化せても、上りはサボリが誤魔化せないな~。
すぐさまインナーローに切り替えて、うんせ、うんせと上る。
途中で展望台のある広いところに出たが、まだここはtopではない。
b0270036_21105276.jpg

更にうんせ、うんせとペダルを回してようやくtopに到着。
b0270036_211146.jpg

いや~キツい!でも気持ちいい~(*´∀`*)ノ
自転車の乗っていて喜びを感じることのできる一面だ。

後は下り。
b0270036_21111644.jpg

下ってそのまま木之本まで行き、例の名物パンを食する予定であったが、
時間が押しているのと、この時点でお腹が空いていたので、予定を変更して
木之本までは行かず、手前の道の駅「あじかまの里」でランチをすることにした。

ザッと下って道の駅へ~(≧▽≦)ノ

【13:23 186.9km 道の駅 あじかまの里】
ここは何回か来たことがあって、お目当てはもちろんアレだ。
b0270036_21113089.jpg

鯖寿司+きつねうどん
この鯖寿司は1000円なんだけど、旬の時期になるともう1ランク上の商品もある。
b0270036_21114361.jpg

通常の鯖寿司だって、十分に美味しい(*´∀`*)
うどんは冷たいものを頼みたかったが、冷たいものばかりだとお腹に良くないので、温かいものを注文した。

お腹がふくれた後にはデザートもしっかりと取って、いざ出発!
b0270036_21115458.jpg

さぁ、いよいよビワイチ後半戦だ。
(´c_,`*)
[PR]
by nanahoshy | 2014-09-02 21:11 | 自転車(ライド) | Comments(2)