for my Life

nanahoshy.exblog.jp

杖を持つということ

家に篭ってると、外に出るよりも寒いことが分かった。(((゚Д゚)))ガクガクブルフ
今日、正式にBRM224を辞退するメールをAJに送った。
これもブルベ。厳しいっすね・・。


松葉杖を返してしまったが、やはり歩行の時は足を引きずってしまう。ちょっと難儀なので、山登りの時に使っているポールを杖代わりにして出歩くようにしている。
すると分かったことがある。
足を引きずって歩いても、誰も気に留めたりはしないけど、杖をついて歩くと、道を譲ってくれたり、自転車を移動してくれたりと、たまたまかもしれないけど、周囲の皆さんが親切にしてくれる。
これってやっぱり「杖」というアイテムを持ったことで、一線を引かれてしまったという感じがしてる。いや、だからどうだってことはないんだけど、体に抱えてる疾患は同じなんだけど、杖だけでそんなに変わるものかって驚いた。
うちに帰って奥さんに話してみたところ、

奥さん:「それって、(足引きずってたのは)筋肉痛と思われたからちゃうん?」

私:「・・・(´・ω・`)」

た、確かに・・筋肉痛なら・・・。
いや、なんか論点ずれてない!?
奥さんは妊婦だけど、私妊娠してますよ~ってキーホルダーは、早々にゴミ箱に捨てている。
周りにどういう風に見てほしいってプレートみたいなので表せるといいんですがね~。
私は少し労って欲しいです。ハイ( ̄∀ ̄*)

今日も平和なナナホシ家なのでした。

++++++++++++++++++++

b0270036_16534142.jpg

やきそば
お昼ご飯なんだけど、寒かったのでホントは汁物が良かった。( ̄∀ ̄*)
お店で食べるあの何とも言えない甘さがほしいですな~。






週末の通院で、またもや膝の水(90cc)を抜かれた。
先週摂取した関節液の検査結果が返ってきたが、ばい菌に侵されていないことが分かった。
なので、やはり結晶化した尿酸が関節の滑膜にこびり付き、それを治療しようとして大量の関節液が分泌されている可能性がある、というのが診断結果である。
先生の判断として、ばい菌がないことが分かったので、少量のステロイドを注入することで炎症を効果的に抑えることができると教えてもらったが、最後に痛風の専門科(内分泌代謝内科)を擁する大きな総合病院で診てもらいたかったので、ステロイドの投与は辞退した。
副作用とか怖かったしね^-^;;

というわけで、月曜日はお休みして検査にいってきまーす。
[PR]
by nanahoshy | 2013-02-17 17:06 | 痛風