for my Life

nanahoshy.exblog.jp

続・フロントライトの森(USB給電タイプ)

ななほし:「おじいさん、ここはどこですか?(´・ω・`)」

白髪の老人:「ここはフロントライトの森ですぢゃ」

ななほし:「え!抜けたと思ったのに・・・」

白髪の老人:「ふぉっふぉっふぉ、心に迷いがあるうちは抜けることはできないのですぢゃ」

ななほし:「一生抜けれない気がします・・(´・ω・`)」

白髪の老人:「他にもサドル沼、ホイール砂漠、バーテープ茂みなんてものもありますぢゃ」

ななほし:「・・・(´・ω・`)」



というわけで舞い戻ってきたフロントライトの森。
前回はバッテリータイプのものに絞っていたが、普段は市街地しか走らないのでバッテリーに縛られる必要がないことに気づいた。
なので今回はUSB給電タイプに絞って考えてみよう。

最近はUSB給電タイプを主力に持ってきているメーカーが多いみたいで、実際に使い勝手もいいんだろう。
ブルベやロングライドだと、サイコンやスマホの充電に外部バッテリーを持っていくので、ライトも給電しながら走ればいいのか、と思っていた。
ところが、各メーカーはこの様にライトを使いながら給電するという使い方は推奨されていない。
むしろ危険だからやっちゃダメな方に書かれている。
それもそうだけど、サイコンや携帯を充電し、ライトも給電するとなると、いくつ外部バッテリーを持って行ったらいいんだ!?
やっぱりソーラーか!?(マテ

わたしがUSBに魅力を感じているのは、1回のライドの途中で給電を必要しない、街乗り時の想定だ。
リアライトの紹介をした時、今使っているヤツが使い勝手がいいことを思い出して、フロントもこれを採用できないかと。

前提としては、スタイリッシュで光量とお値段がそこそこなヤツ。
そんな都合のいいものを探してみた。

b0270036_1475651.jpg
LEZYNE MACRO DRIVE FRONT (350ルーメン、点灯:2h(8h) 点滅:10h、93g、充電時間3-4h)
軽い!カコイイ!(*´д`*)ハァハァ
時間も光量も問題ない。
b0270036_148877.jpg
BLACKBURN Scorch 1.0 (180ルーメン、120g、点灯:1.1h(2.5h) 点滅:5h、充電時間2.5h)
これもカコイイ!
BLACKBURNはリアライトに使ってるけど、乗り手のことをよく考えて作ってるので気に入っている。
b0270036_1481812.jpg
CATEYE HL-EL460RC VOLT300 (300ルーメン、120g、点灯:3h(18h) 点滅:60h、充電時間:6h)
猫目さんの一品。
スペックは問題なし。点滅60hって驚異的!
だけど、相変わらずデザインが少し気に入らない(´・ω・`)
全部真っ黒だったら問題ないんだけどな。

USB給電はバッテリー式に比べると細身でスタイリッシュなものが多かった。
デザインだけならBLACKBURN、光量・スタミナならLEZYNEだけど、BLACKBURNはスペック不足、LEZYNEさんはやっぱりお高い・・・
ということで、無難なCATEYEさんのHL-EL460RCを推す。
マジックで真っ黒に塗ろうかな( ̄∀ ̄*)

前の記事で追記したけど、ブルベでは点滅ではなくて点灯が基本になるので、スタミナは大事なる。
そういう点でもまだまだUSB給電タイプのライトは、ロングライド向きではない。
あくまで街乗りを前提にした想定でないと実用性は低いと、わたしは思う。
[PR]
by nanahoshy | 2013-10-25 07:04 | 自転車(パーツ・ツール)