for my Life

nanahoshy.exblog.jp

初めてロードバイクに乗った感想は

私がラーメン好きなのは周知の事実であることから、職場で「ナナホシさん、美味しいラーメン屋さん教えてください」とよく言われる。
「美味しいラーメン」って簡単だけど難しい。その人にとって美味しい一杯というのは、それこそ千差万別だから。
その中でもその人の基準になるのって、小さい頃によく食べたラーメン、最初に食べたラーメンってのが大きいと思う。

長くなったけど、今日はロードバイクの初ライド。いわゆるシェイクダウンだ。
最初の一杯、よく噛んで吟味したいと思います。
(*´∀`*)ノ


ちょうど日曜日だったので、AVELの練習会に参加。
舞洲周回コースなら、登りこそないが、色々試すのにうってつけなのだ。
※最初インプレを書こうと思ったけど、比較するのがクロスバイクなので、真っ当なインプレにならないと思うのでその辺りご了承を。
b0270036_20192983.jpg

真新しい自転車って、漕ぎ出しも軽いし、スプロケやチェーンに異物がないので、とても静かなクルージングを楽しむことができる。
ニューバイクならではのご馳走を堪能しながら、各部のチェックをしてみよう。

【漕ぎ出し】
これは先日試乗した時にも思ったのと同じだけど、「軽い」と思った。
先日のノーマルの675との違いはよく分からないなぁ・・。
日が開いてるのと、そんな数時間乗った位では分からない、ということにしておく。
( ̄∀ ̄*)

シフトチェンジ
走りだしてシフトレバーを1クリック。「シャコン!」と心地いい響きがして、チェーンが上のギアに移っていく。
よい!実によいよ!!(*´∀`*)
ディレイラーはDURA ACEを積んでもらったんだが、これが噂に名高いスムーズなシフトチェンジなのか。
今のクロスバイクはシフトの下りが調子悪いので、際立ってよく思える。
これが基準だと、この上ってどんなだろう・・
( ̄∀ ̄*)

ブレーキ
よく止まるよ?
すごく止まるよ?
まだシューも新しいし、ホイールのブレーキダストも付いてないので当たり前。
私は左(リア)7、右(フロント)3くらいの力加減でブレーキをかけてるけど、機材が新しいことを差し引いても、クロスバイクに比べてブレーキが効き始めるのが早い気がする。
制動距離も短くなるのかな?
(´・ω・`)

ペダリング
一番軽いギアにして足をクルクル回してみる。
なるほどケイデンスが高くなるとお尻がポンポン跳ねちゃう。
ペダリングがうまくできてない証拠なんだな。
ペダルを回そうと意識すると返ってダメみたい。
クロスバイクではこんなことはなかったんだけど、やっぱり自転車に乗ってるフォームが影響してるのか。
( ̄∀ ̄*)

乗ってると、太もも裏が疲れてくる感じする。
これはロードバイクとクロスバイクで使ってる筋肉違うためなのか、
ブランク明けからくる筋肉痛なのか分からないので、しばし検証。
(2013.12.6 追記)


ハンドリング
ハンドル幅は400mm。クロスに比べてかなり狭い。
狭いってことはハンドルが切り難いってことなんだけど、ロードバイクではこれが標準。
乗り初めは窮屈だったけど、慣れてくるとなんでもなくなってきた。
ハンドルポジションも色々選べるので、手が疲れるってこともない。

カーブではハンドルの操作と、タイヤのグリップの限界が分かってないので、おっかなびっくりって感じになってしまった。それでも、思ったよりはちゃんと曲がってくれる印象だった。

ただ、下ハンでの走行は・・・
あれだ、お腹を何とかしないとダメだね、これは。
( ̄∀ ̄*)ノノ

TIMEのビンディングペダル
クロスバイクはSPDシューズだったのでそれに慣れてしまってるのもあったけど、ペダルの上下、装着する面が分かりにくいな。
噂どおり回転が渋いので、装着する時はいちいち確認しないといけない。これも慣れると見なくてもよくなるのかな?

グネグネと動くと聞いていたビンディングだが、SPDとあまり変わらないかな。SPDも結構動いてくれるので。
ただ、踏み面は大きいので力が伝わりやすい感じがする。

それから、このペダル、なんと普通の靴でも乗れちゃう。
ビンディングの面が結構フラットなので、ビンディングが付いてない靴でも乗ろうと思えば乗れる。
なんとうれしい誤算。( ̄∀ ̄*)

【675と675Lightの違い】
675と675Lightの違いは、Lightのフレームに使われているカーボンが異なっていて、要はLightの方が薄くて強いカーボンになっているってことだ。
その恩恵は車重に現れていて、Lightの方が190g軽くなっている。それに剛性が高くなっているらしいが・・・
これもよく分かんない!( ̄∀ ̄*)ノノ


と、思ったことをツラツラと書いたが、やっぱり長くなってしまった。(´・ω・`)

でも、サイコーに感激したのは、バイクの操作性でも楽に上げることのできるスピードでもない。

それは、バイクのポジションがほぼ完璧だったこと!
ちょっとだけシート高を微調整したものの、STIが無理なくイイ位置に来てたし、巡行も特に大きな負荷はかからなかった。
クロスバイクの時はあれこれ変えまくってようやく今のポジションに落ち着いたので、少なくとも半年はポジション探しの旅をしないといけないと思っていた。
自転車を購入する時に、一応バイクのポジション出しをしてもらったが、熟練したメカニックの腕って本当にすごい!
(*´∀`*)

手に入れた素材は間違いなく秀逸!
素材を活かすも殺すも、料理人次第ってことですな。

乗って乗って、乗り倒すゾ!
ヾ(*`Д´*)ノ
b0270036_2020739.jpg

[PR]
by nanahoshy | 2013-12-02 07:00 | 自転車(LOOK)