for my Life

nanahoshy.exblog.jp

【BRM105】機材の振りかえり(サイコン)

京都200のブルベでは想定外のことがいくつかあった。
それはコレ。
b0270036_1753312.jpg
GARMINだ。

コマ図を実質使えなくなってしまった今回、GARMINがあったからこそゴールできたといっても過言ではない。
装備アイテムのMVP候補に近い彼であるが、残念なことに致命的な不具合があった。
まぁ、GARMINというかマウントの方なのだが。

ハンドル回りの構成関係から、SRAMのサイコンマウントを逆さに付けていた。
上下逆に付けると、走行時に視線を落とさないといけないというデメリットがあるけど、
それにそんなに見にくくもなかったし、装着位置に関しては及第点。

問題が発覚したのは通過チェック2「三方よし」だった。
サイコンのバッテリー残量を確認したところ、60%位だった。『ここから次のPCまで給電しながら走って100%にしとくか・・』
と思って、GARMINの裏に付いてる防水蓋をめくって、USBのピンを差し込もうとしたところ、ピンが差さらない!Σ( ̄ロ ̄lll)
調べてみると、SRAMのマウントは、正しい方向(上向き)ではちゃんとUSBピンが差さるんだけど、マウントの構造上、
逆方向だと差さらなくなってる様だ。
b0270036_1754989.jpg

↑正方向に付けた場合。















↓逆方向に付けた場合

逆の場合、マウントの出っぱりが邪魔で
USBをまっすぐ差すことが出来ない。

b0270036_176190.jpg


↑正方向に付けた場合。














↓逆方向に付けた場合

分かりにくいけど、逆の場合は出っぱり(写真では上部分)
がジャマなのだ。

ってことで、SRAMのマウントは逆方向に付けた場合、走行中に給電できないことが判明。
仕方ないので、PCで休憩している間にGARMINを正方向に付けて給電して、ブルベでは事無きを得たが・・。

でも走行中に給電中出来ないのは致命的なので、何とかならないものかとマウントをよく見てみると、
このマウントは軽く・安いのが売りなので、素材がハイブリッド・コンポジット・ナイロンってことで、
ナイフなんかで加工ができそう!
で、さっそくやってみると、難なくできてしまった( ̄∀ ̄*)
b0270036_1763941.jpg

でも少し硬いので、実際に削りだす時は注意してね~
b0270036_1772296.jpg
USBの装着部分はこんな感じ。

b0270036_178429.jpg




USBを差してみたところ。








う~ん、ばっちり!
(*´∀`*)b



これがアルミ製だったらダメだったんだけど、ラッキーヾ(>▽<)ゞ♪

次は肝心のアレだな。
(・∀・)ノ
[PR]
by nanahoshy | 2014-01-18 17:12 | 自転車(パーツ・ツール)