for my Life

nanahoshy.exblog.jp

ホイール【GOKISO 試乗】

ゲームの世界では自分のキャラにカッコイイ装備や強い装備をつけたいもので、
それにはお金や時間・経験を積まないといけなかったりする。

この「ルール」は殆どの他の趣味にも当てはまり、自転車だって例外ではない。

最初はよく分かんなくても、時間の経過と共に、もっとカッコよくしたい、いいパーツを付けたいって思うのは
物欲にまみれた私などにしてみれば自然なことなんだろうと思う。|∀・)+

RPGで「剣」に当たるのが「フレーム」だとすれば、「鎧」に相当するのが「ホイール」じゃないかと思う。

今のホイールはカンパニューロの「カムシン」っていう名前のもので、カンパのグレードとしては一番したのグレードで、
鎧のくせに「鉄下駄」なんて呼ばれている。(≧∇≦)
ちなみにお値段は前後セットで2万円弱。
b0270036_172144.jpg


一番安い鎧でも走行する上で支障があるというわけではないけど、防具屋にならんでる他の鎧がどういうものなのか、気になりだしてきた。
ウィンドーショッピングはプライスレスである。
( ̄∀ ̄*)


というわけで、ある自転車屋さん主催の試乗会に行ってきた。
b0270036_17212214.jpg

自転車といっても、私が注目したのは「GOKISOホイールを試乗できますヨ」という案内に書かれていた「GOKISO」であった。

GOKISOというのは近藤機械製作所というジェット機のエンジン用軸受などの超精密金属切削加工のプロフェッショナル達が
作った自転車部品ブランドで、ここが作った「ハブ」は既存メーカーのそれとは次元が違っているという。
そのスゴさは「回転の持続性」にあり、ひと漕ぎ1キロ行くとか行かないとか・・・( ̄∀ ̄*)

要するに私にとってはドラクエでいう「ロトの鎧」っていうレベルのものなのである。
( ̄∀ ̄*)

会場に行って受付をして、GOKISOに乗りたいってことを告げると、「ハイハイ~♪」って試乗車を持ってきてくれた。
(実は、カーボン用のブレーキシューを持って来ていたら、自分の自転車にGOKISOのホイールを付けて試乗できたみたいなんだけど、そうとはつゆ知らず・・・
(´・ω・`))

まぁ新型の105も搭載した試乗車だったのでよしとしましょう!
b0270036_17241530.jpg

GOKISO クライマーハブ アルミボディ

オットコ前な面構えですわ~
(*´д`*)ハァハァ


これだけで飯何杯でもいける。。


会場は堺浜だったので、周回5キロのコースで試乗。
b0270036_17243313.jpg

では一端にインプレッションなど・・

【こぎ出し】
さすがに0.5gの荷重で回す出すという宣伝は嘘じゃない。
GOKISOハブのデメリットにその重量を挙げることが多いけど、こぎ出しに関しては重量を感じることは全くなかった。
笑うくらいスッと出てくれる。
ほんとに「なんじゃこりゃ!」って言っちゃった。
(*´∀`*)

【巡航性】
回る」ってこういうことを言うのね。
よく他の製品のインプレで「ギア1,2枚軽くなった感じ」とか書いてあるけど、それもどういうことなのか
体感することができた。向かい風の中、1枚1枚ギアを上げていったが、遂にアウタートップで巡航!
これはカムシンでは出来ないことだ。脚力の無い人でも人でも1枚、2枚重いギヤで巡航できる=速く
走ることができるってわけですな。
そして逆風でペダリングをやめてもホイールによる制動というのは全く感じることが出来なかった。
逆に追い風の場面ではどんどん加速していくのが面白い!(´∀`)
回るってことはそれだけペダルを回す回数を少なくできるってことだから、ロングライドを主に行っている
私などにはピッタリなんだな~(*´∀`*)

【振動吸収性】
GOKISOハブの特徴のひとつとしてショックアブソーバー機構がもたらす振動吸収性があるのだが、
これは後でLOOK(カムシン)で走り比べしてみたが、よく分からなかった( ̄∀ ̄*)
フレームやポジションが違うからかなと思ったり・・・

【登坂性】
残念ながら周回コースはまったく坂がなかったので試してみることができなかった。


まったく素人色全開のインプレで、巡航性以外いいとこがなさそうに見えるけど、
巡航性がGOKISOの真骨頂なのではないかと思う。

何にせよ、私にとっては神器以外の何ものでもないなと思った。
やっぱり自分の自転車に付けて試走しないと分かんないね・・(´・ω・`)


え?


で、お前はそれをいつ買うのか?


ノンノン、むっしゅ。

これだけ性能がスゴイものなのに、GOKISOを付けた自転車なんてそうそう見かけるものではない。
そう、GOKISOには最大の弱点がある。
それは「価格」

ちなみに、私が試乗したクライマーホイールセット、これのお値段が・・・




¥386,000

ァ'`,、'`,、'`,、'`,、(´∇`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、



さすがにロトの鎧は、駆け出しの冒険者には手の届かない代物であった。。

まだまだホイール探しの旅は続く!
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-14 17:32 | 自転車(パーツ・ツール)