for my Life

nanahoshy.exblog.jp

タグ:トレーニング ( 3 ) タグの人気記事

違和感の正体

スポーツ選手が故障した時に、よく「違和感」って言葉を耳にするんだけど、あれって何?って思ってた。
痛いのか痛くないのか、動けるのか動けないのか、なんやねん!?(´・ω・`)
でも、私は今まさに「違和感」に苛まされている。
膝痛が治まってから1ヶ月経ち、その間は殆ど自転車に乗っていない。
お気づきの方も多いと思うが、私が去年叶えた願い事は、瞬く間にリセットされている。(´・ω・`)

カラダコントロールを今年もやらなければいけないのだが、去年とは少し勝手が違う。
リハビリがてら、10~20kmほど流して走ってみるのだが、膝に違和感がある。
膝にトルクをかけるとピリリと痛くなる。ケイデンス70位でゆっくり走ると、痛くはないけどなんか引っかかる感じがする。
ジョギングはまだやってないけど、100mダッシュをしたら膝がカクカクいってた。あまり走ることはしない方がいいみたい。
普通に生活する上では問題ないけど、激しい運動はできない。なぜなら、膝に違和感があるから・・・。
なるほど、違和感の使い方が分かった今日この頃なのでした。(´・ω・`)

そうは言っても本当にウェイトがやばいので、今日からチャリ通を再開してみた。
足に負担の掛からない様に、ゆっくり回してるので、これで様子をみてみよう。


b0270036_2030429.jpg
今うわさの「○ちゃん製麺(冷麺)」
お昼に作ってみた。
スーパーとかで売ってる冷麺より全然美味しい。(*´∀`*)
b0270036_20301589.jpg

少しタレが濃いので、生野菜や温泉玉子で味の強弱をつけた方がいいと思う。
[PR]
by nanahoshy | 2013-05-13 20:31 | 自転車(未分類)

リハビリに十三峠へ

ビワイチで痛めた膝は、次の日(日曜日)のうちに痛みが引いた。
日曜日は雨だったので、一日安静にはちょうどよかったのかもしれない。

翌日の月曜日はお休みをとってたんだけど、予定がどれもキャンセルになってしまい、
スケジュールがすっぽりと空いてしまう。

ビワイチで不完全燃焼だったので、リハビリ(?)を兼ねて、トレーニングに行くことにしよう。
とはいっても、日も高かったし翌日の仕事のことを考えて、十三峠に行くことにした。

この日、木枯らし一号が吹いた日だったらしい。
出発した時は太陽が出ててとても暖かかったけど、途中で雲行きが怪しくなり、太陽が雲に隠れると途端に温度が下がるのが分かった。
太陽って偉大だね~(´∀`)

足の方は本当に何ともなくて、足も良く回ったし膝も大丈夫そうだった。
そのうちにヒルクライムのスタート地点、大竹七丁目に到着。
ストレッチを軽くして、スタート!

そういえばスプロケを11-28Tに変えてから初めてのトライになる。
それに、いつもはインナー(26T)を使ってたけど、ロードの場合そんなギアはないということで、26Tは封印して48-36Tで登ることにした。

何とかシッティングで登ろうと思ったけど、やっぱり耐えれず、ダンシングに移行してつづら2回分くらい登ったところで、背中が痛くなってきた。
ああ、これは昨日のダメージが残ってるんだなって分かった。でもここで止めるわけにはいかないので、ヒーヒーいいながらも登りきる。
不思議と膝は大丈夫だった。(`・ω・´)
b0270036_2051773.jpg

ギア縛りは正直しんどかった。まだまだ修行が足らない。
他の猛者の様に、ここを2回、3回と登りなおす根性は持ち合わせていないので、次の目的地へ移動!

下るときに風で汗が冷やされて、ちべたいのちべたくないのって・・( ̄ロ ̄lll)
みんなどうしてるんだろう?まだまだ自転車の世界は分からないことだらけだ。

ここから玉造まで移動。
全然体が温まらない!どうしよう・・
しかもお目当ての店が閉店してて、テンションもダウン。
近くにある代わりのお店をさがしていくことにした。
b0270036_2102652.jpg

 ・レーズンパン、クリームパン

お店の名前は「Salut(サリュー)
後で分かったんだけど、奥さんが行ってみたいお店だったらしい。
こじんまりしているけど、落ち着いた雰囲気のお店で、イートインスペースもある。
体が冷えていた私にはありがたく、ここで頂くことにした。
パンは初心者なので、コメントするのは気が引けるが、レーズンがいわゆる干しぶどうではなかった様に思う。
二つとも美味しくお腹を満たしてくれました。
ごちそうさま~(´∀`)
[PR]
by nanahoshy | 2012-11-01 06:15 | 自転車(ライド)

十三峠

b0270036_16523232.jpg

「十三峠」(じゅうさんとうげ)
大阪府八尾市と奈良県生駒郡の間にある峠で、大阪のヒルクライマーのメッカと言われている所らしい。

ふむ。自分がヒルクライマーかどうかは置いといて、自転車に乗る者なら一度は行っておきたい所だ。

距離にして4km弱。獲得標高は340m。平均斜度は9.3%。
ふむふむ。標高はともかく、平均斜度9.3%ってのがどれくらいなのか分からない。
でも、ルートラボによれば自転車だと15分らしい。

・・・

余裕やん!( ̄∀ ̄*)ノノ

ということで出発!
b0270036_16532669.jpg
快晴だったけど、ふと横を見ると虹が!
しかもダブル・レインボー!!
(写真では分からないです^^;)

なにかいい予感がして、ペダルを踏む足も軽く
登り口を目指しました。


b0270036_174638.jpg
旧170号線を北上し、しばらく行くと右折する所があるんだけど、
これが最初分かんなかった(´・ω・`)

ここかな~って思ってると、ロードに跨ったそれっぽい人が曲がっていったので、
私もそれに続いた。(´∀`)ノ

b0270036_1751733.jpg
無事に登り口に到着。( ̄∀ ̄*)

まだ6時台ではあるが、すでに何人か準備をしたり、
出発したりしてた。

やはり聖地だけあって人気は高いのか!?

頂上を見ようにも山しか見えないヨ!

ちょっと不安になったが、たかが15分でしょ?余裕なんでしょ?

と、まだこの時は楽観的な自分がいた。




b0270036_1794682.jpg
ご存知のとおり、私は地球の引力を強力に受ける

(=too fat)体つきだ。

だから決して「登り」は得意ではない。

←の画は帰りに撮ったものだが、こんな感じで

つづら折の道が延々続く。

はっきり言って、「地獄」そのもの。。




b0270036_17155779.jpg
途中、こんななだらかな道もあり、追い抜いていった

初老の男性はダンシング(立ちこぎ)しながら

スイスイ登って行った。

この場所がどれくらいの距離を走り、走り出しから何分

経過したなどは分からないが、すでにmy trek号は、

フロントもリアも一番軽いギアにしており、とてもじゃない

がダンシングなど出来ない状態にあったのであった

(´_ゝ`)


頂上までは足は着かないと決めていたが、どうしようもなくなって、とうとう足を付いてしまった。

自転車に乗っていた時もそうだけど、ヘルメットから落ちる汗の量が尋常ではなく、

履いてるパンツもびっしょびしょ状態なのであった。

足を置いてしまうと、筋肉がピクピクしてきたので、ちょっと休憩・・

こういう休憩をあと2回取ってしまったのだが、休憩2回目の時に思った。

「これ、どこまで登るんだ!?(´・ω・`)」

その疑問は2回目の休憩の時に解消された。もう降りようかと思ってたとき、後ろから登ってきた人に

「あと2kmくらいだよ!がんばって!!」と言われたからだ。

あと2km・・・これ、頑張れる距離なのか!?でも、朝のランニングよりは短い距離だよな・・

ヒルクライマーなのだから絶対やり遂げるんだ!

いつ自分がヒルクライマーになったのか分かんないけど、そう思ってペダルを踏んだ。
b0270036_18172519.jpg

着いたーーーーー!(*´∀`*)

すばらすい!!登ってくる途中でも見えたのだが、大阪平野が一望できるよ!!

b0270036_18251980.jpg
結局のところ、22分かかってる。同じくらい休憩してるけど。。( ̄∀ ̄*)

濃い22分だったと思う。

同じく休憩していた人にどれくらいで登るのか聞いてみると、10分ちょっとらしい。。

しかも、その人はトレーニングとして連続して2,3回登るのだとか・・(:.;゜;Д;゜;.:)

ヒルクライマー、恐るべし!

自分もいつかそうなれるのだろうか?

いや、絶対になってやるんだ!! と心のどこかで思いながら山を下った。

そのまま東に走り、次の目的地に。。

続きはこちら
[PR]
by nanahoshy | 2012-08-05 18:37 | 自転車(ライド)