for my Life

nanahoshy.exblog.jp

タグ:自転車 ( 92 ) タグの人気記事

ツールボトルへのアイテムの入れ方

b0270036_2236484.jpg
新しいロゴ?

ちゃうちゃう。(≧▽≦)ノノ

今日はモリゾーさんから頂戴したブログネタを書こうと思う。

件名のとおりだが、「ツールボトルへのアイテムの収納方法」だ。
私もそうだが、中に何を入れているのかを紹介する人は多いけど、入れ方を紹介している人は見たことが無い!
さすがはモリゾー先生!目の付け所が違う!!(≧▽≦)

ではさっそく始めよう。
b0270036_2237356.jpg
まず入れるものは前回の記事で紹介したが、実際に入れる時には↑の様にジップロックの袋に小分けして入れている。
これは防水の為でもあるが、収納の際入れやすいのと、取り出しの際にも取り出しやすかったりもする。

※キムタオルの入ってる袋には、パンクした時に使う紙やすりとパッチも入っている。

主要なアイテムのリストはこちら。
アイテム メーカー 品番 
ポンプ airbone ZT-702S SupernovaPump 
タイヤレバー SCHWALBE TIRELEVERS 
CO2インフレータ
&ボンベ 
TNI CO2ボンベセット
(バルブタイプ) 
携帯ツール BARBIERI 7-Function Tool 
カッター OLFA マグネタッチ 
TOOLボトル OGK KABUTO ツールボックス450 

コンパクトに収納するにはアイテムのサイズが鍵になってるが、私が使ってるものが最小ってわけではないのでご留意を。
あと、ツールボトルはガタガタ音を消すために内側にウレタンが貼ってあったが、ウレタンが邪魔なので外した。
ギッチリと入れるとガタガタ音も鳴らないしね。(・∀・)


次に入れる手順なんだが、大事なのはアイテムを入れる場所と、強いて言うなら順番かな。
ここでTOP画が登場する。(≧▽≦)
b0270036_224298.jpg

収納する上で大事なアイテムを入れる場所はこんな感じ。

では入れていこう。


①チューブとタイヤブート、キムタオル、パッチ、サランラップ、輪ゴム、パンク修理キットの入った袋を入れる。
b0270036_22433797.jpg


②ポンプ、ボンベ&インフレーター、タイヤレバーを入れる。
   インフレーターはボンベに装着するが、間違ってもネジを回し過ぎないように!

b0270036_22462817.jpg


③カッターを真ん中に押し込むように入れる。
b0270036_22492722.jpg

カッターはボトルの底に押し込むように入れるので、

後で取り出しやすい様に、袋に入れている。


④携帯ツールを真ん中、カッターの上に入れる。
b0270036_22501174.jpg


⑤タイラップを入れる。
b0270036_22505517.jpg

これは縦に入れてもいいんだけど、ボトルの側面に沿わせるように入れるとすんなり入るし、

取り出しやすいのでオススメ。


⑥ゴム手袋、チェーンオイル、そして鍵をギュッと押し込んで完成。
b0270036_22512898.jpg


まだスペースに余裕はあるので、工夫次第ではまだまだ入りそう!(・∀・)

お試しあれ~
[PR]
by nanahoshy | 2014-07-09 04:00 | 自転車(パーツ・ツール)

kabutoのツールボックスに入れているもの

b0270036_5592912.jpg

表題のとおりなんですが、このツールボックスに入れているもの達を紹介しよう。

b0270036_601750.jpg

 ・鍵
 ・替えチューブ
 ・ゴム手袋
 ・ミニポンプ
 ・携帯ツール
 ・チェーンオイル
 ・ミニカッター
 ・タイヤレバー
 ・サランラップ&輪ゴム
 ・タイラップ×3本
 ・紙ヤスリ&パッチ
 ・タイヤブート
 ・キムタオル


これにco2bボンベ1本とインンフレーターを入れようと思ったら入れることができた。

eliteの大きいツールボックスでもこれにチューブが増えるだけであまり内容は変わらないんだけど。

b0270036_671140.jpg

さすがにうまく入れないと入りませんが。。
(・∀・)

今日はこの辺で・・・
[PR]
by nanahoshy | 2014-07-02 06:08 | 自転車(パーツ・ツール)

LOOK675Light 2ボトル化+ダウンチューブ下部へのツールボトル装着計画 【後編】

格別に悔しい思いをしたその次の日、やはり諦めきれずにいつもより早く目が覚める。

何とか出来ないものかと、間違って購入してしまったボトルケージマウントアダプターとボトルケージを
あーでもない、こーでもないと試行錯誤した結果・・・

なんとか出来る組み合わせを発見!!
(;゚;∀;゚;)ハァハァ

b0270036_22323362.jpg

ボトルケージマウントアダプターの内側のプレートとボトルケージを左記の要領で組むことで、
DI2用の穴にボトルケージを装着できることがわかった。
DI2の穴の呼び径は4mmだったので、組付けはにM4のボルトを使用した。

表側はこんな感じ。
b0270036_22324759.jpg


貧乏性なので、せっかく買ったパーツを有効活用したくて無理やり部品を使ったが、
別にSHIMANOのボトルケージマウントアダプターを使わなくても出来ると思う。
サードパーティ製なら安価で同じ様な製品があるし、要はフレームに開いたDI2用の穴とケージをジョイント出来ればいいのである。
(・∀・)


がったーい!
b0270036_22333584.jpg


つ、ついた!!

(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ



b0270036_22335425.jpg


他の人も書いてたけど、ケージとチェーンリングのクリアランスがきわきわである。


インナーに落としたら接触しそうだけど、ツールボトルを装着して何度も試したところ、大丈夫であることが確認できた。
(´∀`)

ツールボトルを装着した画はこんな感じ。
b0270036_2235569.jpg

なかなか・・ええやん♪
(*´∀`*)

一度諦めかけてただけに、めっちゃうれしい!
自分で試行錯誤して作るのってすごく楽しいな。
忘れてたわ、この感覚。。(*´д`*)

b0270036_22361514.jpg

よっしゃ! これで夏の準備、整いましたヨ!
(・∀・)
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-30 04:00 | 自転車(パーツ・ツール)

LOOK675Light 2ボトル化+ダウンチューブ下部へのツールボトル装着計画 【前編】

b0270036_16434653.jpg

右はいつも使っているELITEのツールボトル「BAYASI」容量は700ml位。左もツールボトルだが、KABUTOのやつで容量は450mlとかなり小さい。

今回はLOOK号の2ボトル化、及び、ダウンチューブ下部へのツールボトルのインストール計画について記しておくこととする。

LOOK号のボトルケージは2つで、いつもはCAMELBACKのボトルと、ELITEのツールボトルを差している。
b0270036_16441112.jpg

少し前から、夏に向けて水をいれておくボトルを2つ付けたいな~と思っていた。
そうなると今のツールボトルをどこに仕舞うのか?ということが問題になってくる。

フロントバッグへ引っ越しは他に入れたいものがあるので却下だし、リュックを背負うのも嫌だし。
私がやりたいのはこんな感じ。
b0270036_1647332.jpg


ダウンチューブの下にもうひとつボトルケージを取り付けて、そこにツールボトルを装着するというやつだ。

ここには現行のELITEのツールボトルを装着できなくはないが、やはりここはKABUTOの小さなツールボトルに入れ替えた方が・・・。

なんてことを悶々と考えていた。


迷った結果、やっぱりこれしかない!ということで早速SHOPに行って要りそうなものを見繕ってきた!
(・∀・)

まずはツールボトルを大きい所から小さい所に引っ越さないといけないので、ツールボトルの外に出せるものは出しちゃいましょう。
ということで買って来たのがコチラ。
b0270036_1648255.jpg
【MINOURA BOH-200】
なんだか可愛らしいやつだけど、これは「CO2ボンベホルダー」ってやつで、CO2ボンベをダウンチューブのボトルケージ付近に取り付ける為のパーツだ。

元々ツールボトルに入れていたCO2ボンベを外に出すことで、小さいボトルへの移行が可能となる。
(・∀・)
b0270036_16484717.jpg


実際に取り付けるとこんな感じ。


左右に2本差せるし、CO2 インフレーターも一緒に差せておけるのがGOOD!

但し、このパーツは、ねじが切ってあるカードリッジしかさせないのでご注意を。
(´・ω・`)b

さて、次にダウンチューブ下へのボトルケージ取り付けの作業にうつる。

webで調べると、ケージを取り付ける為のネジ穴自体を取り付けるパーツというのを皆さん使っておられるようだ。

だが、LOOK号のダウンチューブ下、まさにケージを取り付けようとする位置に何やらそれらしい穴が空いているのを私は知っていた。
(´∀`)
b0270036_16513855.jpg


これだ。

ただ、これはDI2のバッテリーを装着させる為の穴で、ケージを取るつける為のものではないらしいということもSHOPのスタッフさんから聞いて分かっていた。
b0270036_16522864.jpg



実際にケージを当ててみるとこのとおり。



ケージの穴とフレーム側の穴が合わない。

(´Д⊂)

他のパーツを使ってゲージを装着することはできるが、何とかこの穴を利用することを諦めきれなかったので、
計画は暗礁に乗り上げた格好になっていた。

それからしばらくしてウエパーで物色してた時に、とんでもないものを発見した。
それがコチラ。
b0270036_16525621.jpg

【SHIMANO SM-BA01】
DURA-ACEを冠するこの代物は、SHIMANOが出している「ボトルケージマウントアダプター」というもので、DI2のバッテリーを外付けすると、ボトルを出し入れするクリアランスがとれない事象を解消する為、トップチューブに付けたボトルケージの位置を変えることができるという便利なツール。
だが、何をどう勘違いしたのか、DI2用の穴にボトルケージを取り付ける為のパーツと思い込んでしまい、まさに自分が探し求めていたものと狂喜乱舞して喜んで家に帰った。

箱の中はこんな感じ。
b0270036_16565513.jpg

取り付け説明書を読んでみる。


ふむふむ・・・





なるほどね・・・





・・・・






何か思てたんとちゃう!
(;゜;д;゜;)



まぁ・・そりゃそうですわ。
ちゃんと説明読まなかった私が悪い(´Д⊂)

フレーム側のボトルケージ穴と、真ん中の黒いプレートの広く開いている所を合わせるようなフレキシブルな設計になっている。
ダメ元でLOOK号のダウンチューブ下の穴に合わせてみてるが、やはりボルト穴のピッチが合わない。
(゚ノД`゚)゚。

おまけにこのDI2バッテリー用の穴は、ボトルケージのボルト径(5mm)では合わないことも判明。
ヽ(TдT)ノ

う~ん。。困った。
意気込んで取り付け作業にかかっただけに、ダメっぽいと分かった時の落胆さがハンパなかった。

また勉強代を払っただけの日になってしまった。

どうするどうなる、2ボトル化計画!?
(´・ω・`)

(後編に続く)
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-28 16:59 | 自転車(パーツ・ツール)

AVELの初心者講習会

先週末はAVELの自転車講習会に行ってきた。

集合場所に向かうべく、なにわ筋を北上していると、西新町付近で通り向こうを挟んで、向こう側からローディが向かってくるの見えた。
片側2車線+側道という広い道なので挨拶を交わすことはしないのだが、ジャージには「40」の文字が・・
SHORO'sジャージ!!!(*´∀`*)
おおおおおお!!
市内で初めてみたヨ!!

追いかけて声をかけようと思ったけど、信号が赤だったのと、私も遅刻しそうだったので断念してしまった。
でも、あとから考えると、再度出会う確率は極少なので、やっぱり追っかければよかったなと思う。(´・ω・`)

AVELの練習会はお店で自転車を購入した人しか参加できないので、あまり詳しくは書けないけど、
元オリンピック選手の阿部店長(SHOPではとても穏やかな方なのでとてもそうは見えない(´~`*))が講師となって、
初級・中級・上級と教える内容を分けて定期的に催されるもので、今回は初級者講習だった。

阿部さんの講習会、「アベトレ」は初級コースでもすっごくタメになるもので、自転車を乗る上での基礎を教えて頂けるので、
結構キャリアがある人でも講習会に参加してたりする。
ちなみに今回のお題目は「ゆっくり走ろう」ということで、速く走ることはできるけど、逆にゆっくり走ることで、
自転車が進む仕組みとか、どうやったら自転車を制動できるのかということを学べる回だった。
これを教えて貰ったからといってすぐに上達するわけではないと思うけど、なるほど~って毎回目からウロコなお土産がいっぱいだ。

お店の回し者ではありませんが、詳しい内容が知りたい方は、AVELでの自転車購入をオススメいたします。。。
( ̄∀ ̄*)
b0270036_223142.jpg

ひじょーに暑かったこの日、職場からの緊急招集で途中退場しなければいけなかった。
その帰り道、ハンガーノックになりかけたので、たまらず避難。
b0270036_22314259.jpg

【麺と心 7】
冷やし魚介白湯らーめん(¥900) + レアチャーシュー丼(ミニ)(¥350)
久々のラーメン!(´∀`)
b0270036_22315133.jpg

丼下部にある、ちっこい魚みたいなのは鯵の南蛮漬。
ラーメンに合うかどうかは別にして、南蛮漬けは好物なので、GOODでした。
丼上部の茶色い塊は、底引きたまり醤油の氷といって、単調になりやすい冷やしラーメンに味の変化をもたらす工夫だとか。
JUNK時代からここの冷やしラーメンは毎年食べてるけど、やっぱり美味いわ~
(≧▽≦)

レアチャーシュー丼はね・・・ムフフな味♪
(*´д`*)
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-18 04:00 | 自転車(未分類)

ホイール【GOKISO 試乗】

ゲームの世界では自分のキャラにカッコイイ装備や強い装備をつけたいもので、
それにはお金や時間・経験を積まないといけなかったりする。

この「ルール」は殆どの他の趣味にも当てはまり、自転車だって例外ではない。

最初はよく分かんなくても、時間の経過と共に、もっとカッコよくしたい、いいパーツを付けたいって思うのは
物欲にまみれた私などにしてみれば自然なことなんだろうと思う。|∀・)+

RPGで「剣」に当たるのが「フレーム」だとすれば、「鎧」に相当するのが「ホイール」じゃないかと思う。

今のホイールはカンパニューロの「カムシン」っていう名前のもので、カンパのグレードとしては一番したのグレードで、
鎧のくせに「鉄下駄」なんて呼ばれている。(≧∇≦)
ちなみにお値段は前後セットで2万円弱。
b0270036_172144.jpg


一番安い鎧でも走行する上で支障があるというわけではないけど、防具屋にならんでる他の鎧がどういうものなのか、気になりだしてきた。
ウィンドーショッピングはプライスレスである。
( ̄∀ ̄*)


というわけで、ある自転車屋さん主催の試乗会に行ってきた。
b0270036_17212214.jpg

自転車といっても、私が注目したのは「GOKISOホイールを試乗できますヨ」という案内に書かれていた「GOKISO」であった。

GOKISOというのは近藤機械製作所というジェット機のエンジン用軸受などの超精密金属切削加工のプロフェッショナル達が
作った自転車部品ブランドで、ここが作った「ハブ」は既存メーカーのそれとは次元が違っているという。
そのスゴさは「回転の持続性」にあり、ひと漕ぎ1キロ行くとか行かないとか・・・( ̄∀ ̄*)

要するに私にとってはドラクエでいう「ロトの鎧」っていうレベルのものなのである。
( ̄∀ ̄*)

会場に行って受付をして、GOKISOに乗りたいってことを告げると、「ハイハイ~♪」って試乗車を持ってきてくれた。
(実は、カーボン用のブレーキシューを持って来ていたら、自分の自転車にGOKISOのホイールを付けて試乗できたみたいなんだけど、そうとはつゆ知らず・・・
(´・ω・`))

まぁ新型の105も搭載した試乗車だったのでよしとしましょう!
b0270036_17241530.jpg

GOKISO クライマーハブ アルミボディ

オットコ前な面構えですわ~
(*´д`*)ハァハァ


これだけで飯何杯でもいける。。


会場は堺浜だったので、周回5キロのコースで試乗。
b0270036_17243313.jpg

では一端にインプレッションなど・・

【こぎ出し】
さすがに0.5gの荷重で回す出すという宣伝は嘘じゃない。
GOKISOハブのデメリットにその重量を挙げることが多いけど、こぎ出しに関しては重量を感じることは全くなかった。
笑うくらいスッと出てくれる。
ほんとに「なんじゃこりゃ!」って言っちゃった。
(*´∀`*)

【巡航性】
回る」ってこういうことを言うのね。
よく他の製品のインプレで「ギア1,2枚軽くなった感じ」とか書いてあるけど、それもどういうことなのか
体感することができた。向かい風の中、1枚1枚ギアを上げていったが、遂にアウタートップで巡航!
これはカムシンでは出来ないことだ。脚力の無い人でも人でも1枚、2枚重いギヤで巡航できる=速く
走ることができるってわけですな。
そして逆風でペダリングをやめてもホイールによる制動というのは全く感じることが出来なかった。
逆に追い風の場面ではどんどん加速していくのが面白い!(´∀`)
回るってことはそれだけペダルを回す回数を少なくできるってことだから、ロングライドを主に行っている
私などにはピッタリなんだな~(*´∀`*)

【振動吸収性】
GOKISOハブの特徴のひとつとしてショックアブソーバー機構がもたらす振動吸収性があるのだが、
これは後でLOOK(カムシン)で走り比べしてみたが、よく分からなかった( ̄∀ ̄*)
フレームやポジションが違うからかなと思ったり・・・

【登坂性】
残念ながら周回コースはまったく坂がなかったので試してみることができなかった。


まったく素人色全開のインプレで、巡航性以外いいとこがなさそうに見えるけど、
巡航性がGOKISOの真骨頂なのではないかと思う。

何にせよ、私にとっては神器以外の何ものでもないなと思った。
やっぱり自分の自転車に付けて試走しないと分かんないね・・(´・ω・`)


え?


で、お前はそれをいつ買うのか?


ノンノン、むっしゅ。

これだけ性能がスゴイものなのに、GOKISOを付けた自転車なんてそうそう見かけるものではない。
そう、GOKISOには最大の弱点がある。
それは「価格」

ちなみに、私が試乗したクライマーホイールセット、これのお値段が・・・




¥386,000

ァ'`,、'`,、'`,、'`,、(´∇`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、



さすがにロトの鎧は、駆け出しの冒険者には手の届かない代物であった。。

まだまだホイール探しの旅は続く!
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-14 17:32 | 自転車(パーツ・ツール)

BRM531 金沢400 【エピローグ】

【エピローグ】
芸術村に着くと、何人かのランドヌールとAJのスタッフさんがいた。
「おかえりなさい(≧▽≦)ノ」
そういって出迎えて頂いたスタッフさんも笑顔、ブルベカードを提出する私も笑顔。
既にフィニッシュを迎えた先行の人たちは揃って魂を抜かれた様な顔になっていたが・・(笑)
b0270036_22474275.jpg

金沢400では、SHORO'sのINAさん、マコさんの出会いを始め、憲二さん&奥さんといった
この日はじめて出会った人達と一緒に走ることが出来たのが、非常に大きかったと思う。

私のブルベは昨年のBRM113高松400に始まり、その無謀な挑戦により1年間自転車に乗ることが出来なくなってしまった。
なので、ブルベでの400kmというのは、完走してはいるものの、私にとっては再挑戦って思いが非常に強かったのだ。
以前は考えもしなかった道中の計画、ロングライドを安全かつ楽に走ることを目指したトレーニング、便利なパーツの導入、天候などの運、
それから一緒に走る人がいることの強み、全てはこの日の為に。。

3月の京都200は復帰後の初完走した。
この前の泉佐野300はグルメライドを満喫できた。
でも、2014年のベストブルベは、この金沢400だ。
(まだ600が残ってるけど( ̄∀ ̄*))


すっかり日が昇ってしまって、疲労と眠気が一気に押し寄せようとしていた。
憲二さん達は車で帰るので、お礼と次のブルベでの再会を約束(笑)して、お別れをした。


私のこの後の予定は以下のとおり。
ゴール後すぐ銭湯に行って汗を流す
11:00金沢港近くの食堂で金沢グルメを満喫!
12:30観光&お土産購入
12:50サンダーバードに乗って帰阪



うむ、とりあえず風呂だーーー!!(≧▽≦)ノ

金沢駅に預けてあった荷物を取りに行き、そこから10分ほどのところにある銭湯に向かった。
その銭湯は、いわゆる「スーパー」ではなく、昔からある大衆浴場で、24時間オープンだった!

銭湯の暖簾をくぐると朝6時だというのに結構な人で賑わっていた。
そんな中でっかいリュックを背負った私は注目の的だったし、狭い場所で荷物の出し入れをしなければいけないので、
急いでタオルをもって浴場に入った。

ふーっと空いてる所に陣取り体を洗いだした私。

疲れていたのと脱衣所では急いでて気付いてなかったのだが、私の横で体を洗っている兄貴の背中にそれは見事な観音様の彫り物が・・・

はっとして見渡してみると、そんな兄貴たちがいっぱいおっぱい・・・(;゚;∀;゚;)

そういえば、最近の銭湯ってTATOO禁止って所が多いので、禁止されていないところにユーザーは集まるのは当たり前で・・・(:.;゚;Д;゚;.:)


湯船に浸かり、「ふう~っ」と一息ついたら、キャ○タマもちっとも温まってないのにその場を後にした。



すっかり疲れもとれた(嘘)が、まだ予定であるランチまで4時間近くもあった。(´・ω・`)
分かってはいたことだが、この時間はどこか公園のベンチででも寝ようかと思っていた。
が、銭湯ですっかり目が覚めてしまった私は、4時間待つのが嫌になり大阪に帰りたくなっていた。

即断即決がナナホシの信条、速攻で金沢駅に向かい、指定席の時間変更をしてもらった。
金沢で楽しみにしていたブルベ後のグルメツアーだが、それはまた今度ゆっくり来た時にしよう。
今は何を食べても美味しいはず、そう思って向かったのはガッツリいけところ。

b0270036_22475647.jpg

吉野家 牛丼大盛り+卵

吉野家久々だったな~(*´∀`*)
〆を飾るには最適な一杯だった。
こちそうさまー!美味しかったです!!(≧▽≦)

その後電車に乗った私は、大阪駅に着くまで目が覚めることはなかったのである。


++++++++++++++++++++++++++

ものすご~く長くなってしまったけど、ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。
(*´∀`*)ン

思いつくまま打鍵した結果、無駄に長くなってしまいました。。

でもまとめるのが勿体ないほど、本当に楽しいブルベでした。

次はどんなブルベになるのやら。。。

おしまい (*´∀`*)ノ
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-11 04:00 | 自転車(ブルベ)

BRM531 金沢400 【仮眠所~PC5~GOAL】

【休憩所~PC5】

AM1:45 タイマーによって覚醒する。
たった15分だったけど、快眠できた!(´∀`)
やっぱり睡眠って大事だな。
冷たい水で顔を洗ってリスタート!

PC5の白端町までは南下し、そこからいよいよ金沢に向かって西行するわけなんだけど、
PC5に着くまでの20kmが長いの長くないのって・・・
回しても回しても全然進まない。疲労から来るものかと思ってたけど、後からみると微妙に上ってたのね。
これが結構足にきた。( ´ Д ` )

足が快調だった私が足にくるということは・・・
PC5にはやはり疲労困憊の憲二さん達が居た!( ̄∀ ̄*)

憲二さん達は疲れていながらもどことなく嬉しそうだった。
このブルベにかぎらず、最後のPCでのランドヌールってのは皆同じように、どことなく嬉しそうな顔をしている。
短い間だったけど、その日同じ道を走ってきた仲間に対する労いの気持ちや、ここまで走ってこれた
安心感みないなものがあるんだろう。
私もその輪に混じって最後の晩餐にしゃれこんだ。

憲二さん達は疲れていながらも最後の晩餐にパスタをかっこんでいた。
私も出走前は最後のPCではシーフードヌードルを食べようと決めていたが、ブルベではナナホシはアイドルと化するらしく、
口から入れるだけ入れたものの、出すものが全く出てなかった。
その為、お腹が気持ち悪い感じになってしまい、ラーメンを食べる気分ではなかったのだ。
でもまぁ、せっかくなのでということで、お味噌汁(なめこ)とおにぎりを一つ、それから私の押し菓子、
アンディコの「極プリン」(100円!)
を食べた。
やっぱり食べ過ぎ!?(≧▽≦)


さて、いよいよ次はゴールなんだけど、AJスタッフのご好意により、PC5~ゴールの区間に、
このブルベ1、2を争う激坂が用意されていた。
b0270036_22514939.jpg

標高は大したことないが、この画はやはり極悪だ。
( ̄∀ ̄*)

とはいえ、ここで引くわけにはいかないので、ゴール地点での再会を確認しあって、PC5を後にした。

【PC5~GOAL】

PC5を出たら、福光まできた道を戻って、そこからいよいよ西に進路を変える。
この時4時位だったかな?冷え込んできたので、フロントバッグに忍ばせていた長袖ジャージを再び着込んだ。

標識に医王ダムという文字が出てきたら、いよいよ上りだ。
もうこの辺りになると記憶があいまいになるが(笑)、勾配は10%もなかったと思うので、「極悪」ということではないが、
さすがにこの時間では殆ど足が残っていないため、必死のパッチでペダルを回した。
b0270036_22544142.jpg

いよいよ夜が明けてきたよ~
(≧▽≦)ノ


医王ダム付近のトンネルがピークだったかな?
b0270036_22545367.jpg

ここからは一気にダウンヒル!!
b0270036_22551339.jpg
うおおおおおおぅ!ぐっもーにん!!KANAZAWA!
真ん中あたりにある茶色い建物が金沢大学だ。

ここからはキューシートの指示も細かくなってくるので、慎重に進んだ。
それでも何箇所かミスコースしたけど。。(ノ∀`)ン

金沢市内に突入!
b0270036_22555524.jpg

b0270036_22561399.jpg

金沢城 百間堀

b0270036_22572238.jpg

兼六園


遂にGOALポイントのファミリーマート 長土塀店に到着~(≧▽≦)ノ
レシートを貰った途端、何かがフッと抜けてしまった感じがした。
b0270036_22573348.jpg

勝利の美酒にはメロンゼリーをチョイス。
いや~、これがまた美味いのなんのって・・(*´∀`*)


しばらくボヘーってしてると、憲二さん達がやってきた。
もうね、満面の笑みである!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
3人で完走の喜びを讃え合い、朝の5時からコーヒー(憲二さんのおごり!)で乾杯した!
(*´∀`*)b


この瞬間のことは私の記憶からしばらく消えないだろう。

それほどまでに懸けていたイベントだったし、実際、素晴らしい日であったと言える。

泣きはしないが、3人でニコニコしながら最終のブルベカードを提出する金沢芸術村を目指した。
(*´∀`*)
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-10 04:49 | 自転車(ブルベ)

BRM531 金沢400 【~仮眠所】

【~仮眠所】

快調に進んでたかに思えたナイトトレインだけど、ちょっと長めの上り区間が登場すると、「先にいってください」と憲二さん。
こういう時は自分のペースで行った方がいいと思ったので、「ゆっくりいってまーす」と先に進むことにした。

海岸沿いは風と波の音しかせず、まるで深海魚になった気分。
この日は新月だったので、見上げればそれこそ星の数の瞬きを見ることができた。

金沢ブルベでは狼煙の灯台や千枚田など、ここでしか見ることの出来ないものを見たけど、一番感動したのはこのナイトライドだった。
元々夜の道を走るのは好きだったけど、音と目が楽しめるこの時間は格別なものがあった。
(*´∀`*)

極上の夜道を堪能していると、バックミラーにものすごい勢いで近づいてくるライトが。
なんと憲二さんだった!Σ( ̄ロ ̄lll)
「膝治った?」
いや、私がトロすぎたらしい。(笑)

寒ブリで有名な街、氷見に入ってすぐに休憩ポイントのコンビニ、デイリーヤマザキがあった。
ここでガッツリと休憩ターイム。
b0270036_23203673.jpg

一緒に休憩していた富山からいらっしゃってたローディとも話の花が咲いた。

この方はあまりの寒さにラーメンを食べなかったことを後悔なさってた様で、私が食べているチキンラーメンを恨めしそうに見ておいでだった。
( ̄∀ ̄*)
ラーメンを食べ終わったので、そろそろ痛みが出だした腰にバンテリンを塗り塗りしてると、その富山のお兄さんが驚いて言った。

「それ、胡椒じゃなかったんだ!?」

は?( ̄∀ ̄*)?

胡椒って・・?

何でも、テーブルの上に置いてあったバンテリンをマイ胡椒だと勘違いしていて、ブルベにマイ胡椒を持参するなんて、なんてラーメンフリークな人なんだって思ってたらしい。
一同大爆笑w

まぁ、こんなネタで盛り上がるのも深夜ならでは(´∀`)
ちゃんと胡椒を憲二さんにも使ってもらって、PC5に向けてリスタート。

走りだして30分ほど経った頃、お腹を満たした私にセオリーどおりに睡魔が襲ってきた。
まだドーピング(眠眠打破)を投入するには早いので、何とか自己解決しようと試みたが、ひどい蛇行運転になってきたので、これは危険と仮眠できる場所を探した。

幸いなことに仮眠所を備えた「道の駅 メルヘンおやべ」が近くにあったので、そこに滑り込んだ。

駐車場には何台かのトラックが停まっていたが、建物の中にはいると誰もいなかった。
棟内はかなり暖かく、大きなソファがあったので、そこで横になって仮眠を取ることにした。
b0270036_23212270.jpg


今回、ジャージ類の装備に関しては100点だったなーって思う。
ジャージとインナーのおかわりも持ってきており、途中まで要らなかったかなって思ってたけど、持ってきてて大正解だった。
このまま汗びっしょりのジャージを着て寝てたら確実に風邪を引いてただろう。(´∀`)

タイマーをセットした私は速攻で夢の国に旅だったのであった。
zzzz(-ω-*
b0270036_23215197.jpg

[PR]
by nanahoshy | 2014-06-09 04:00 | 自転車(ブルベ)

BRM531 金沢400 【晩ごはん~PC4~】

【晩ごはん~PC4】

ガソリン満タン(少し給油口から漏れてる)で走りだした私。

この時点で200kmを超えてるわけで、いつもならヘバッてる距離なんだけど、今から思うとかなり元気だったと思う。
しっかりご飯を食べたってのもあると思うけど、プチドーピングをしたせいもあるのかな?
b0270036_1594170.jpg

2RUN
梅丹本舗が出してるタブレット型のサプリ(詳しくはメーカーページを見てくだされ)で、足の攣りを軽減させるのに特化したものだ。
劇的にパワーアップしたという実感はないものの、足の張りみたいなものは全く感じなかったと思う。
足ツーラン・・・しょーもないけど、よ~効くわ!(・∀・)

さぁ、いよいよ後半戦最初でこのブルベ最大のヒルクライム!
b0270036_15115452.jpg

うっひょーーーー!って思わず叫んでしまったが、なんて見通しのよい極悪な坂道なんだ。(笑)
こんな坂はだいすきさー(棒読
でもまぁ、実際登ってみると思ってるほど斜度はないし、軽いギアでクルクル回せば難なく上ることができた。
b0270036_1512426.jpg



そろそろ日が暮れてきたよ~

この後半のアップダウンは暗くなる前にクリアしておきたかったが、なんとか達成することができた。
ヾ(>▽<)ゞ

一仕事した後は穴水のコンビニで一服し、いよいよナイトステージへ突入!
b0270036_15122336.jpg

今回もライト兄弟がいい仕事をしてくれた。
EL540はメインで近~中距離、SF-353Xはサブながらも遠方をしっかりと照らしてくれる。
安定のゴールデンコンビで、下り道も安心して進むことができたよ。(´∀`)
b0270036_15125161.jpg

一番奥が CATEYE EL540、

真ん中がGENTOS SF-353X

手前がBlackburn Mars Click (未使用)

ちなみに今回から電池にENELOOPを導入し、EL540をLOWモードで使ってみた。
心配してた光量も許容範囲だったし、何より電池を一回も交換せずに朝を迎えてしまったのがすごいと思った。
(*´∀`*)

b0270036_1513675.jpg

PC4は能登島にあるコンビニで、橋を渡ってゆるいアップダウンを超えて行かなければならなかった。
日中はすごく暑かったけど、日が落ちた途端、山の冷気も手伝って急激に冷えてきた。
昼間は汗で濡れたアンダーも風が抜けることで涼しく感じたけど、気温が下がりきっていない18時台でも体を抜ける風が冷たく感じた。
( ´ Д ` )

まだ寒いというレベルではなかったが、PC4「サークルK 七尾能登島店」に着いたらすぐにウインドブレーカーを着こみ、体が冷えるのを抑えた。
するとそこには、同じく防寒ベストを着込んだ憲二さん夫妻の姿があった。(´∀`)
b0270036_15132241.jpg

※苦情は一切受け付けませんヨ

( ̄∀ ̄*)ノノ

大体同じスピードなので、休憩する時も同じメンツになるのがブルベの常。
ただ、彼の膝は相変わらず良い状態ではないようだった。
気の毒だが、私にはバンテリンを貸すことしかできなかった。(´・ω・`)
こんな時、ドクトル・モリゾーがいらっしゃったら・・・と思い、自分で秘孔を突いて体を直してしまうモリゾー先生の話をしたら、やはり盛り上がった。
ありがとう、モリゾー先生!(´∀`)ノ

この先PC5までは100km近くあるので、中間にあるコンビニを休憩ポイントにすることを確認しあって、私は先に出発することにした。
少し迷ったが、冷えると良くないので、フロントバッグに忍ばせていた長袖ジャージを着込んで、PC4を出発した。

【PC4~】

PC4を出るとしばらくは元来た道を戻るんだけど、対向車線を近づいてくるライトを見るとお互いに「チリンチリン♪」とベルを鳴り交わす。
こういうの、いいよね!(*´∀`*)

アップダウンを超えると体が暖まってきて、逆に暑くなって為、長袖を脱ぐことにした。
その作業の間に何台かの自転車に追い抜かされたが、何とか追いついてみると憲二さん達の車列だった。

「うぃ~っす!前ひかせていただきま~す!(´∀`)ノ」

ちょうどいいので、前を牽かせてもらうことにした。
30km/hほどで巡航されていたので、同じくらいの速度で巡航した。

調子に乗って牽いてはみたものの、やはり憲二さん、それに奥さんはかなりの剛脚。
膝を痛めててこのスピードなんだから、万全ならば35km/h↑で巡航されるのだろう。
牽いたのは数キロだけど、ここは一番真面目に走った区間だと思う。
普段お一人様なので適当に走ってるけど、たまにはこういう集団走行もいいね!
(´∀`)

夜の道はまだまだ続く。
[PR]
by nanahoshy | 2014-06-08 04:00 | 自転車(ブルベ)