for my Life

nanahoshy.exblog.jp

タグ:LOOK ( 4 ) タグの人気記事

年初めライドは十三峠へ

さて、ブルベまで2日と迫った1月3日。
今日こそはちゃんと走るぞと決めて準備準備。
どこいこう?よく考えてみたら、LOOKでちょこちょこ走っているのは平坦道が多く、峠や山へは行ってない。
ということで、年始走り始めは十三峠に行くことにした。

大和川のSCは結構走っている人が多くて追走しそうになったけど、最初から回すとどうなるか
わかっているので、ぐっとガマン!
大竹7丁目までの17kmまではアップということで軽めに流して走ったよ。
さて、ロードバイクで登るってのはどんなもんか・・・


登りはじめて最初のつづらでフロントをインナーに。


リアは1枚残してがんばろうと思ったのも束の間、すぐにギアチャンジ。
これが業界用語の「インナーロー」だ。
それで登ること数分。。



お、おかしい。。全然登らん!(;゚;∀;゚;)ハァハァ



昨日から食い溜めたものを全部リバースしそうになる。
酸っぱいものをのみこんでペダルを回そうとするが、限界だ!

麓から2kmほど登った地点でとうとう足をついてしまった。
ああ、やっぱり体が重い(´Д⊂)

全然坂登ってなかったんで当然のことなんだな。
大切ですね、レンシュウ。。

結局、上の駐車場まで2度も足をつき、27分23秒もかかってしまった。
b0270036_14134381.jpg


これは非常にヤバい!
十三峠は、4kmで高度400m登るんだけど
b0270036_14135594.jpg
BRM105では序盤に2つのヒルクライムが待っている。
最初が9.6kmで400m、次がアップダウンがありつつ26kmで400mほど登る。
十三峠ほど勾配はないと思うけど、とにかく長い登りが続く。
ヘタしたらタイムオーバーになりかねん!( ̄∀ ̄*)

今回まともな登りをしてみて思ったのは、リズムよくペダルをまわせている時は楽に進むんだけど、
一度疲れてしまうと回復するのに時間がかかる、または足を付いてしまう。
それから、急勾配を登る時って腰がものすごーく痛くなる。
腰は常に痛いわけじゃなく、緩斜面で休むと痛みも引いた。
いずれにしてもロードバイク乗り始めの人に起こるような事で、体が慣れていないせいだと思う。

う~ん・・大丈夫か!?
明日は体を休めるとして、とりあえず食事に気をつけよう。
(´・ω・`)
[PR]
by nanahoshy | 2014-01-03 17:00 | 自転車(ライド)

初めてロードバイクに乗った感想は

私がラーメン好きなのは周知の事実であることから、職場で「ナナホシさん、美味しいラーメン屋さん教えてください」とよく言われる。
「美味しいラーメン」って簡単だけど難しい。その人にとって美味しい一杯というのは、それこそ千差万別だから。
その中でもその人の基準になるのって、小さい頃によく食べたラーメン、最初に食べたラーメンってのが大きいと思う。

長くなったけど、今日はロードバイクの初ライド。いわゆるシェイクダウンだ。
最初の一杯、よく噛んで吟味したいと思います。
(*´∀`*)ノ


ちょうど日曜日だったので、AVELの練習会に参加。
舞洲周回コースなら、登りこそないが、色々試すのにうってつけなのだ。
※最初インプレを書こうと思ったけど、比較するのがクロスバイクなので、真っ当なインプレにならないと思うのでその辺りご了承を。
b0270036_20192983.jpg

真新しい自転車って、漕ぎ出しも軽いし、スプロケやチェーンに異物がないので、とても静かなクルージングを楽しむことができる。
ニューバイクならではのご馳走を堪能しながら、各部のチェックをしてみよう。

【漕ぎ出し】
これは先日試乗した時にも思ったのと同じだけど、「軽い」と思った。
先日のノーマルの675との違いはよく分からないなぁ・・。
日が開いてるのと、そんな数時間乗った位では分からない、ということにしておく。
( ̄∀ ̄*)

シフトチェンジ
走りだしてシフトレバーを1クリック。「シャコン!」と心地いい響きがして、チェーンが上のギアに移っていく。
よい!実によいよ!!(*´∀`*)
ディレイラーはDURA ACEを積んでもらったんだが、これが噂に名高いスムーズなシフトチェンジなのか。
今のクロスバイクはシフトの下りが調子悪いので、際立ってよく思える。
これが基準だと、この上ってどんなだろう・・
( ̄∀ ̄*)

ブレーキ
よく止まるよ?
すごく止まるよ?
まだシューも新しいし、ホイールのブレーキダストも付いてないので当たり前。
私は左(リア)7、右(フロント)3くらいの力加減でブレーキをかけてるけど、機材が新しいことを差し引いても、クロスバイクに比べてブレーキが効き始めるのが早い気がする。
制動距離も短くなるのかな?
(´・ω・`)

ペダリング
一番軽いギアにして足をクルクル回してみる。
なるほどケイデンスが高くなるとお尻がポンポン跳ねちゃう。
ペダリングがうまくできてない証拠なんだな。
ペダルを回そうと意識すると返ってダメみたい。
クロスバイクではこんなことはなかったんだけど、やっぱり自転車に乗ってるフォームが影響してるのか。
( ̄∀ ̄*)

乗ってると、太もも裏が疲れてくる感じする。
これはロードバイクとクロスバイクで使ってる筋肉違うためなのか、
ブランク明けからくる筋肉痛なのか分からないので、しばし検証。
(2013.12.6 追記)


ハンドリング
ハンドル幅は400mm。クロスに比べてかなり狭い。
狭いってことはハンドルが切り難いってことなんだけど、ロードバイクではこれが標準。
乗り初めは窮屈だったけど、慣れてくるとなんでもなくなってきた。
ハンドルポジションも色々選べるので、手が疲れるってこともない。

カーブではハンドルの操作と、タイヤのグリップの限界が分かってないので、おっかなびっくりって感じになってしまった。それでも、思ったよりはちゃんと曲がってくれる印象だった。

ただ、下ハンでの走行は・・・
あれだ、お腹を何とかしないとダメだね、これは。
( ̄∀ ̄*)ノノ

TIMEのビンディングペダル
クロスバイクはSPDシューズだったのでそれに慣れてしまってるのもあったけど、ペダルの上下、装着する面が分かりにくいな。
噂どおり回転が渋いので、装着する時はいちいち確認しないといけない。これも慣れると見なくてもよくなるのかな?

グネグネと動くと聞いていたビンディングだが、SPDとあまり変わらないかな。SPDも結構動いてくれるので。
ただ、踏み面は大きいので力が伝わりやすい感じがする。

それから、このペダル、なんと普通の靴でも乗れちゃう。
ビンディングの面が結構フラットなので、ビンディングが付いてない靴でも乗ろうと思えば乗れる。
なんとうれしい誤算。( ̄∀ ̄*)

【675と675Lightの違い】
675と675Lightの違いは、Lightのフレームに使われているカーボンが異なっていて、要はLightの方が薄くて強いカーボンになっているってことだ。
その恩恵は車重に現れていて、Lightの方が190g軽くなっている。それに剛性が高くなっているらしいが・・・
これもよく分かんない!( ̄∀ ̄*)ノノ


と、思ったことをツラツラと書いたが、やっぱり長くなってしまった。(´・ω・`)

でも、サイコーに感激したのは、バイクの操作性でも楽に上げることのできるスピードでもない。

それは、バイクのポジションがほぼ完璧だったこと!
ちょっとだけシート高を微調整したものの、STIが無理なくイイ位置に来てたし、巡行も特に大きな負荷はかからなかった。
クロスバイクの時はあれこれ変えまくってようやく今のポジションに落ち着いたので、少なくとも半年はポジション探しの旅をしないといけないと思っていた。
自転車を購入する時に、一応バイクのポジション出しをしてもらったが、熟練したメカニックの腕って本当にすごい!
(*´∀`*)

手に入れた素材は間違いなく秀逸!
素材を活かすも殺すも、料理人次第ってことですな。

乗って乗って、乗り倒すゾ!
ヾ(*`Д´*)ノ
b0270036_2020739.jpg

[PR]
by nanahoshy | 2013-12-02 07:00 | 自転車(LOOK)

LOOK675 Light がやってきた!

今日、お昼ご飯を食べてからAVELに新しい自転車を取りに行った。

冷静な書き出しだが、楽しみにし過ぎて3時に起床。(笑)
昔、小遣いためてガンプラを買いに行った日のことを思い出した。
( ̄∀ ̄*)

b0270036_22575592.jpg

b0270036_2258390.jpg

b0270036_22581564.jpg

b0270036_2258265.jpg

b0270036_22584118.jpg

b0270036_22585253.jpg

b0270036_2259167.jpg

b0270036_2259820.jpg

今気づいたんだけど、ケーブルは赤だと思ってたけど、黒なのね・・・。
ま、いいか。カコイイし!
(´∀`)

細かいスペックは以下のとおり。
カテゴリー メーカー 品番 
フレーム LOOK 675 light (S) 
ホイール CAMPAGNOLO KHAMSIN 
STI SHIMANO ST-6800 
ブレーキ SHIMANO BR-6800 
Fディレイラー SHIMANO FD-9000 
Rディレイラー SHIMANO RD-9000 
クランク SHIMANO FC-6800 
スプロケ SHIMANO CS-6800 
チェーン SHIMANO CN-9000 
BB SHIMANO SM-BB92-41B 
タイヤ CONTINENTAL  ULTRA SPORT 
チューブ BONTRAGER スタンダード 
ペダル TIME Xpresso4 
サドル SELLA ITALIA SLR 
ハンドル CHINELI Neo Morphe 400mm 

コンポは基本アルテグラで、部分的にデュラエースにしてみた。
ブレーキは調べたところ、6800と9000で体感的に違った所は見いだせないと思ったけど、
ディレイラーはクランクの次に美味しいパーツということで、ここは変えることにした。
自分なんかには勿体無い構成だが、この先何年たってもアップグレードできない気がしたので、
最初の投資を大きくしたのだ。

フレームの次に大事なホイールだけど、さすがに最初から最高グレードは予算オーバーだし、
かといって中途半端はもったいない気がするので、練習の意味も含めて一番下のグレードに
した。でも憧れのカンパなので、何にも気にしてな~い。

ペダルはやはり膝のことが気になって、膝に優しいという噂のTIMEにしてみた。
実は欲しかったものが国内では欠品ということだったので、例のルートで手配済・・・

こうやって列べると、贅沢な構成だな・・。
最初は走れれば何でもいいと思ってたけど、如何に自分が欲深いのか分かりました。(´_ゝ`)


クロスバイクはかれこれ6年ほど乗っているけど、ロードバイクは0歳児なので、
これから色々調整して、体を自転車に慣らしていこうと思う。

まずは自分のボディを何とかしないとな・・( ̄∀ ̄*)
b0270036_22571493.jpg

[PR]
by nanahoshy | 2013-11-30 23:01 | 自転車(LOOK)

ロングライドかレーシーか

前回の記事で、LOOKのバイクを2つ選んだが、その方向性は大きく異なる。

「ロングライド」 

書いて字のごとく、自転車で遠くにいうことを目的にした乗り方で、速さよりも乗り心地が優先される。
LOOKのバイクでいうと、566がそれに当る。

566
b0270036_7039.jpg

「レーシー」 
これも書いて字のごとく、レース向けに特化したもの。これはレース形態によってまた枝分かれする。
例えば、山や坂を登るのに特化したものや、平地をひたすら速く走ることに特化したものとか。
LOOKのバイクでいうと、前者が586、後者がそれ以上の上位機種ってことになる。

586
b0270036_70940.jpg

596
b0270036_702160.jpg


数年前まではこういった分類だけだったが、近年ではロングライドもしたいけど、たまにはレースなんか
も出てみたいから、そこそこ速く走れるバイク、なんて私の様に欲張りな要求に応えるバイクも出てきている。
それがPINARELLOのFP QUATTROやROKHになり、TREKだとMadoneやDomaneの5シリーズじゃ
ないだろうか。

PINARELLO FP QUATTRO
b0270036_70401.jpg

PINARELLO ROKH
b0270036_712028.jpg


TREK  Madone
b0270036_71497.jpg

TREK  Domane
b0270036_724821.jpg


何かこうやって写真だけ見ると、どれも同じように見えるが・・(ワラウ)


今の自分と10年後の自分で、同じテンションで自転車に乗ってるか?
やっぱり違うと思う。

自分が将来どうなってるかなんて分からないけど、ある自転車屋さんのオーナーが
「高い自転車を購入しても、殆どの人が乗りこなせなくて乗らなくなる」という。

今は自転車の面白さが分かってきてて、どんどん遠くにも行きたいし、山にも登りたい。
それから、出来るならレースとかにも出てみたいって思う。

自転車はバイクと違って、自分でペダルを踏まないと進まない。
つまり、やる気がないと乗らなくなるのだ。
数年後の自分がそうならないとは限らない。

そうなった時に後悔しない様に、エントリーモデルの安いものを買うってのもあるし、
逆に、すぐにやめない様、ミドルクラスの、そこそこお値段のするものを買うって考え方もある。

でも、ひとつ分かってるのは、カタログだけでは決められないってことだ。
いろんな人のインプレ見たり、ジオメトリとニラメッコしても、
やっぱり実際に乗り比べないと分かんないよね。

てなわけで、11月の幕張サイクルモードの前に10月に大阪でもサイクルフェスタがあるので、
そこで試乗して乗り比べをしてから考えよう。

まだまだ迷いの森で迷子中の私であった・・・。
[PR]
by nanahoshy | 2012-09-29 06:30 | 自転車(未分類)